ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 17日

大相撲秋場所 

f0122053_20173064.jpg


敬老の日にちなみ、義両親を大相撲に招待しました。
私はというと、相撲に関してはたいそう疎くなっており、マジで白鳳くらいしか力士を知らず・・・(大汗)。
あわてて予習しましたよ、付け焼き刃ですがもう仕方ない。

国技館に行ってみて、遠藤の人気ぶりに驚き!売られているのは彼のグッズばかり。

注目の新大関豪栄道が不戦勝で、取り組みを見られなかったのが残念でした。
オーラがすごかったのが逸の城。雰囲気からしてちょっと違う感じ。

ところで三横綱、みなモンゴル出身なんですね。
グルジア、ブルガリア、エジプト、ブラジル、中国・・・。幕内のほぼ三人に一人は外国籍で、それはそれで、なかなか良いことだと思いました。
が、やはり日本人横綱が出てきて欲しい!

f0122053_20184722.jpg


印象に残ったのが、行司の動きの美しさです。軽快な足さばきが見事でした。
装束や軍配も色々で、それを見比べる楽しさも。
それに、一人の行司が合わせる取り組みは、多くてニ番なんですね!
最高位の立行司にいたっては、合わせるのは結びの一番だけというのが通例だったとは・・・。
まさに、百聞は一見にしかず、人生初の大相撲観戦は新発見の連続。「ほぉー。」とうなることばかりでした。

大相撲については、様々な問題(それも根幹に関わる非常に深刻な)が取り沙汰されてきたことから、国技館に足を運ぶにあたり少々複雑な思いもあったのですが、
大切なのはこれからどうするか、ということ。
過去ではなく、未来を見ていきたいものだと、無邪気に応援する子供の声を聞きながら思いました。
[PR]

by igiea | 2014-09-17 20:18 | Japan・日本


<< 台風一過      行楽日和 >>