ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 02日

暑中お見舞い申し上げます

8月に突入。
まだまだ暑い日が続きそうですので、せめて写真だけでも涼しげに(笑)。
f0122053_1828640.jpg

先月、アイルランドを旅した時のものです。
さすが、「緑」が国のシンボルカラーというだけのことはあり、ベルファスト空港の周囲にも、それは見事な緑の草原が広がっていて、それだけで心休まるというか、長閑で優しい気持ちになれました。
真夏といっても最高気温が20℃に達しない日もあり、バスルームには夜間暖房が入っていたほど。
約1週間の滞在中、ずっと折りたたみ傘が手放せない空模様でしたが、地元の人は「これぞ、典型的アイリッシュ・サマー」と自嘲気味に笑って案内してくれました。

雨の多さも、豊かな緑に一役買っていると思えば、さほど気になりません。
優しい雨のおかげで、こんな自然のアートにも出会えました。
f0122053_18292960.jpg

緑したたる物語の国、アイルランド。
ゆっくりペースになりそうですが(何しろ現在、やらねばならぬ事てんこ盛りなのに、オリンピックが気になってついテレビを観てしまう・・・)、少しずつ紹介していきたいと思います。



昨日は内村航平選手が、体操個人総合で金メダルを獲得しましたね!
いやいや、あの跳馬の着地には痺れました。
それにしても、この種目での金メダルはロサンゼルスオリンピック以来28年ぶりと聞き、そんなに時が経っていることに、ただただ驚くばかり。
思えば、「応援する」という意識を持ってワクワクしながら観た最初のオリンピック、それがロサンゼルスでした。(本来私の年齢なら、モスクワ五輪がそうあるべきところでしょうが、ボイコットしちゃってましたからねぇ。)
ジョン・ウィリアムス作曲のファンファーレは今でもよーく覚えていますし、柔道の山下選手が足を負傷して臨んだ決勝戦、相手選手はその足をあえて攻めなかったという、あの試合。子供心にも(というか、既に立派なティーンエージャーでしたが)、スポーツマンシップとはこういうことか、と強く感銘を受けたものです。他にも、圧倒的存在感だったカール・ルイスや、夢中になって応援していたバレーボール、今でも色あせない名場面の数々。
あれから28年だなんて、感慨深すぎますわ。
[PR]

by igiea | 2012-08-02 18:30 | 挨拶


<< まずはダブリンから      五輪開幕前日のロンドン!! >>