ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 08日

行ってきました♪ ウィーン初の○○カフェ

猫好きの皆サマに耳寄りな情報を一つ・・・。
f0122053_18584192.jpg

先週の金曜、ウィーン旧市街の真ん中、シュテファン大聖堂から歩いてすぐの所に
こんなカフェがオープンしました♪
※日本のメディアでも紹介されたようで、友人から「もしかして、アナタの企画?」なんて問い合わせメールが届きましたけれど、そうではありません(笑)。
f0122053_149518.jpg





f0122053_20253071.jpg

ウィーン初の猫カフェ。盛況ぶりにびっくり!
相席は当然で、タイミングによっては入り口で少し待つことも。
複数の新聞やテレビで紹介されたということですが、すごい反響です。
猫パワーを軽んじてはいけませんねぇ。
恐らくウィーンには「猫カフェ」という発想自体がなかったと思うので、その斬新さと、日本人がオーナーというクロスカルチャーな雰囲気が相まって、よい効果を生んでいるようです。
主役の猫は動物愛護施設から譲り受けたもの。気ままに歩き回る猫、我関せずと爆睡している猫、お客様の横でずーっと座っている猫、好奇心いっぱいに近寄ってくる猫、と様々で、メニューには写真付きプロフィールが載っています。
そんな彼らを、子供たちは撫でたり、おもちゃで遊ぼうと誘ったりしていますが、大人は少し距離を置いて静かに眺め、猫のいる空間を楽しんでいるという感じ。
f0122053_20342416.jpg

私の隣は、20歳前後の男の子3人組。玄米茶をオーダーした後、日本製のカメラを片手に何やら話している様子が、微笑ましく・・・。
メニューに、緑茶や玄米茶、おにぎり等の軽食があるというのは、やっぱり魅力のようです。

猫カフェだからといって特別な料金が必要なシステムではなく、他のカフェと同様にふらりと立ち寄って、各々自由に過ごせるようになっています。

ちなみに隣の建物はかつてのベートーベンの住居で、シューベルトもよく訪れた居酒屋「Blumenstock」があった場所。
古きよき雰囲気を楽しむにはもってこいの界隈に、抹茶オレを飲みながら猫と触れ合う、という新しい楽しみ方が加わりました。散策に疲れたら、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

ところで・・・。
お客様大好き、超超フレンドリーという、類い稀な素質を有する我が愛猫。
猫カフェで接客させたら、かなりいい線いくんじゃないかと思われます。
この才能を眠らせておくのは、少々もったいない?
人見知りはゼロだけど、猫見知りするからやっぱりダメか・・・。
[PR]

by igiea | 2012-05-08 20:15 | Wien


<< ウィーンフィルのプローベ見学      マラケシュ ダール(邸宅ホテル... >>