ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 08日

「食べる」ということ

f0122053_20201657.jpg

農家直送のアグレッティ。
軽く塩茹でしたものを、スパゲッティ・ペペロンチーノに加えてみました。
シャキシャキとした歯ごたえ、驚くほど美味しくて、感激!
美味しい野菜を堪能できる幸せに浸りたいところですが・・・。
一方で、気になる状況が続いています。








先月から北ドイツを中心に感染患者が急増している「腸管出血性大腸菌(EHEC)」。
最新(6月8日午前)のニュースによれば、感染者数は減少に転じているとのことですが、感染源は未だ特定されておらず、まだまだ注意が必要です。

オーストリアとしても、決して対岸の火事ではない筈ですが、ことこれに関しては極めて冷静に受け止められている、という印象。事実、オーストリア国内でも感染者が報告されていますが、「だってそれは、ドイツ帰りの人でしょ〜。」という感じ。この冷静さを、件の原発事故報道に対しても発揮して欲しかった、と嫌味の一つも言いたくなってしまうのは、私だけでしょうか。

地域によっては、キュウリやトマト、サラダ菜やもやし類といった、感染源の可能性を指摘された野菜類がスーパーや市場の棚から消えたり、レストラン等で生野菜をメニューから外す、などの対応がされているそうですが、ウィーン市内ではそれほど目立った動きはありません。

今回猛威を降るっている大腸菌は、感染力・毒性ともに極めて強いため、特別の注意が必要な訳ですが、食中毒そのものが不可避であるのもまた事実。「食べる」という行為は危険を伴う、これは大原則であり、有害な細菌や毒物を食物と一緒に体内に取り込むリスクは、どんなに努力しても決してゼロにはなりません。

「食べる」というのは命がけ。
原始時代まで遡らずとも、そう認識されていたのではなかったか。

という訳で、食中毒対策として推奨されている注意点をもう一度確認。
まずは冷蔵庫の整理と除菌から、です、ウチの場合。
[PR]

by igiea | 2011-06-08 18:51 | その他


<< 幸運なことに      新・野菜生活 >>