人気ブログランキング |

ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 06日

解説! ウィーン伝統のコーヒーポット

f0122053_4173543.jpg

19世紀末、当時オーストリア領であったボヘミア地方の街、Karlsbad(ドイツ名カールスバード、現在はチェコのカルロヴィ・ヴァリ)で発明されたのが、こちらのコーヒーポット。
生まれ故郷の名をとって、Karlsbaderkanne (カールスバーダーカネ、通称カールスバーダー)と呼ばれるこのポット、当時「最高のコーヒー抽出法」として、多くのカフェハウスで用いられていました。
一体どんな仕組みになっているのか、じっくり解説してみたいと思います!
もしかして、日本初公開!?









まず、蓋をとってみると、こんな感じ。ちょっと意外でしょ?この中蓋が、結構ポイントではないかと個人的には思っています。
f0122053_4191423.jpg

周りに小さな穴があり、ここを通して少しずつ、均等にお湯が注がれていく、という仕組み。
なかなか優れモノです。
f0122053_4233549.jpg

蓋、中蓋、フィルター、ポット本体と4つのパーツに分かれています。
フィルターの部分を拡大してみます!
写真では分かりにくいのですが、薄い陶板による二重構造、とても繊細な作りです。
f0122053_4302780.jpg

この陶器製フィルターに、やや粗めに挽いたコーヒー豆を入れます。
中蓋をして、その上からお湯を注ぎます。
この時、一気に入れず、何度かに分けて豆を蒸らしながら丁寧に・・、ゆっくりと。
f0122053_444122.jpg

豆の挽き具合、量、お湯の温度をかえることによって、色々な味を引き出すことができます。
今日は気持ち深めに焙煎したタンザニアの豆で、濃いめに淹れてみました。
カールスバーダーの利点の一つは、適度にコーヒーオイルを含んだ仕上がりになること。
コクがあり、ふくよかな味わいが楽しめます。
豆は原則として、アラビカ種100%がよいとされています。
f0122053_436163.jpg

以上、ウィーン伝統的ポットを用いてのコーヒーの淹れ方でした!

by igiea | 2011-02-06 04:36 | Kaffee・ 珈琲


<< ドリップコーヒーにひかれる理由      ウィーン 伝統のコーヒーとは? >>