ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Trieste 2011 ( 8 ) タグの人気記事


2011年 05月 16日

トリエステへの旅 番外編

f0122053_7513183.jpg

旅先の印象が、季節や天候に大きく左右されるのは、あらためて言うまでもないことですが・・・。
こちらのブログを拝見し、ここまで見事に違うと軽い感動を覚えました。
トリエステのミラマーレ城。私が訪れたのは2月の雨の日。
f0122053_75258100.jpg

空が、海が・・・、違い過ぎ(苦笑)。
まあ、これはこれで雰囲気ありましたし、シーズンオフで空いていた分、ゆっくり見学できたので、よしとします。

この城は、ハプスブルク皇帝フランツ・ヨーゼフの弟、マクシミリアン大公(後のメキシコ皇帝)によって建てられた離宮。城内いたるところに、マリア・テレジア、ヨーゼフ2世、フランツ・ヨーゼフらハプスブルク家の歴代皇帝、親戚関係にあるヨーロッパ王家の肖像画が「これでもか!」という勢いで飾られていたのが印象的でした。中でも、美男子と評判だったバイエルン国王ルートヴィッヒ2世の肖像は、過去に私が見たどれよりも男前に描かれたものでした。

内装には大公妃シャルロッタの趣向も取り入れられており、この城の女主人は間違いなく彼女、シャルロッタのはずなのですが、イヤホンガイドを聞いていると、義姉エリザベート(通称シシィ)にまつわるエピソードが多く、売店に至ってはシシィ関連の書籍やグッズがズラリ。旅好きの彼女が頻繁にトリエステを訪れていたのは事実ですが、その破格の扱いぶりに驚きました。

シシィの人気は、現代でいうならさしずめダイアナ妃、でしょうか。
先月の英国ロイヤルウェディングでは、キャサリン妃も華があって素敵でしたが、故ダイアナ妃の凄さを、あらためて思い知らされたというか・・・。

ちなみにドイツ語では「マクシミリアン」、「シャルロッタ」、と呼びますが、イタリア語では「マッシミリアーノ」、「カルロッタ」になるんですね。これまた、少し印象が違って面白いです。
[PR]

by igiea | 2011-05-16 07:08 | | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 23日

トリエステ illyカフェ 1号店 

f0122053_20561281.jpg

イタリアはもちろんかと思いますが、オーストリアでも人気の高いilly。
オペラ座近くなど数カ所にillyのエスプレッソ・バーがあるほか、イタリア系のお店ではillyを置いているところをよく見かけます。illy=イタリア本格エスプレッソ、高品質というブランドイメージ。
その本拠地であるトリエステに、エスプレッソバーの1号店があるというので、早速足を運んでみました。
予想に反してモダンですっきりした内装。こういうインテリアもいいですよね!
カップのコレクションや、コーヒー産地の様子を紹介するパネルが展示されていました。
入れ替わりたちかわり、人々が訪れてカウンターでエスプレッソをクイっと立ち飲みしていく様子は、まさにひっかけていくという言葉がぴったりです。
カフェ(イタリアの場合はバールと呼ぶのがふさわしいようですが)の存在理由というか、利用の仕方にもお国柄があって、これもなかなか興味深いです。
同じエスプレッソでも、ウィーンで出されるものより少し濃厚という印象。
雰囲気もあるかもしれませんが‥。
イタリアでも、地方によってエスプレッソの味わいが違うという噂なので、興味は増すばかりです。
f0122053_20572436.jpg

[PR]

by igiea | 2011-02-23 20:58 | | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 20日

トリエステ 日曜日がスペシャル!なお菓子屋さん 

創業1900年。トリエステに住んでいた文豪ジェイムズ・ジョイスもよく来ていたというお菓子屋さん、「PIRONA」。
その佇まいからして、往時の雰囲気をよく伝えていると思われます。
f0122053_23204675.jpg

とてもこじんまりした店内。お菓子の並ぶガラス製ショーケースがカウンターも兼ねていて、エスプレッソを立ち飲みするついでに、お菓子もちょっとつまみ食い、という感じです。
そんなスタイルに合わせてか、一口サイズのお菓子がたくさん並んでいました。
f0122053_23223711.jpg

この店の名物は、ジョイスが好きだったプレスニッツというお菓子。ナッツとドライフルーツのペーストを甘さ控えめの生地でくるみ、香ばしく焼き上げてあります。
ウィーン菓子に、ヌスボイゲルというよく似たお菓子があり、創業当時ここがオーストリア領だった影響がうかがえます。
f0122053_23234726.jpg

カプチーノ(お店のメニューではカフェ・ラテとなっていました)を、こういう小さなグラスで飲むのがトリエステ流なのだそうです。
平たいスプーンが、なんともいい表情でした。

More・・ そして日曜日
[PR]

by igiea | 2011-02-20 23:24 | | Trackback | Comments(6)
2011年 02月 19日

トリエステ 老舗お菓子屋さんとの出会い

f0122053_18261662.jpg

旅先の街角で、こんな佇まいのお菓子屋さんの前を通りかかったら、
これはもう、入らずにはいられません。
ひっそりとしているようで、しっかり「名店オーラ」が出ています。
これがいわゆる「風格」というものでしょうか。

1900年創業の老舗だとか、ジェイムズ・ジョイスが贔屓にしていとか、それは全て後で知ったこと。こういう思いがけない発見があると、下調べ不十分の旅もまたよし!という気がしてきます。
f0122053_18272315.jpg

このお店はホント、私のツボにはまり、滞在中3回も行きました。何しろホテルから徒歩10秒。さすがに3回目は、お店の人も笑ってました。
ペット可で駐車場付き、というのが選んだ理由ですが、あそこに滞在していなかったら、このお店には気づかなかったかもしれないと思うと、偶然に感謝です。
f0122053_18283862.jpg

この扉の向こう、肝心のお菓子については、また後日。
[PR]

by igiea | 2011-02-19 18:19 | | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 17日

Bellissimo !最上級で迎えられ

f0122053_23152541.jpg

週末だけの小旅行。
留守番してもらうことも考えたのだが、基本的にドライブ&お泊まりは嫌いじゃなさそうなので〈この辺り、一度じっくり本音を聞いてみたものだ、言葉が通じさえすれば〉、連れて行くことに。
イタリアのホテルにチェックインする際、かなりの高確率で「Bellissimo !ベリッシモ!」と絶賛かつ歓迎されるキミ。トリエステでもその例にもれず。光栄だと思っているのか、何なのか。
ちなみに今回のホテル、お気に召しました〜?
f0122053_23185036.jpg


滞在した Victoria は、アイルランドの文豪ジェイムズ・ジョイスが住んでいた建物を改装したホテル。
そのため、周辺にジョイス縁のスポットがたくさんあり、興味をそそられました。
「ユリシーズ」って、タイトルしか知りませんが。
[PR]

by igiea | 2011-02-17 23:11 | ねこ・猫・neko | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 16日

トリエステ 最古のカフェでエスプレッソ

f0122053_2153836.jpg

イタリアにあってオーストリアにないもの、その最たるは海、即ち港。
だからこそ、オーストリアがトリエステにこだわったのもよく分かるし、帝国最大の港湾都市として、どれほど栄えていたかは想像に難くない。
ウィーンはもちろん、オーストリア・ハンガリー帝国内で消費されるコーヒー豆は、全てここで水揚げされていたのだろう。
少し調べてみたところ、贔屓にしているALT WIEN KAFFEEはじめ、ウィーンのコーヒー店のいくつは、今でもトリエステ経由で生豆を入手しているようだ。

f0122053_2142918.jpg

空も海もくすんだ色だけれど、それでも埠頭には開放感がある。
ウィーンにこういう風は、ないなあ。

f0122053_2174816.jpg


埠頭からすぐのところにある、トリエステ最古のカフェ「Tommaseo 」で飲んだエスプレッソは、ここに本社をおくilly製、カップもロゴ入り。
銀のトレイ&お冷やつきにはもう驚かないけれど、敷かれている本物のレース編みにはびっくり!紙製はたまに見るけれど、布製を使っているカフェは、ちょっと記憶にありません。1杯のエスプレッソにこのサービスとは、優雅な気分です。
ホイップクリームが別に添えられてきたのも、ここだけでした(私が行った限りで、ですが)。濃厚なエスプレッソと軽やかなクリームを交互に楽しみましたが、この飲み方、結構いいかも・・。
[PR]

by igiea | 2011-02-16 21:08 | | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 13日

トリエステの歴史カフェ 

週末を利用して訪ねたのは、ウィーンから一番近いイタリアの街トリエステ。
地中海有数の港湾都市として発展し、ヨーロッパ最大のコーヒー豆集積港でもあったため、カフェが充実していると聞いたのが、興味を持ったきっかけです。
ハプスブルク帝国の支配下にあった時代が長く、オーストリアとの関係も深いとなれば、一体どんなカフェに出会えるのか楽しみでした。
f0122053_21315513.jpg

街歩きを始めての第一印象「ここはイタリアだ!(当たり前ですが・・)」。
3年ほど前に訪れたアドリア海沿いの街で、トリエステと同様にハプスブルク帝国の一部だったリエカやオパティア(どちらも現クロアチア)の街並みには、今でもオーストリア色が濃く残っていたのに比べると、随分様相が違うので驚きました。
f0122053_6532462.jpg

そして歴史的カフェの一つ、「 San Marco」のドアをくぐってみてまたびっくり。「ここはウィーン?!」高い天井にシャンデリア、鏡を取り入れた内装、大理石のテーブルにソファ席、まったくもってウィーンカフェハウスの王道です。
f0122053_655452.jpg

コーヒーを注文してみると、銀トレイにのせられお冷やもついてくる!トレイはともかく、お冷やはウィーンカフェの専売特許だと思っていたのですが・・・。
カフェサンマルコが創業した1914年当時、トリエステはオーストリア領だったとはいえ、ここまで雰囲気が似ているとは思いませんでした。もっともウィーンのカフェも、ベネチアはじめ色々な街の影響を受けているのですから、驚くには値しないのかもしれませんね。
f0122053_6561510.jpg

一見したときの雰囲気はよく似ていますが、メニューなど細部には色々と違いがあります。コーヒーの種類はウィーンの半分ほどでしたが、ベリー二、ミモザ、ロッシーニ、といったスプマンテベースのカクテルが一通り揃っているあたり、さすがトリエステ。フレッシュオレンジジュースで作られたミモザは香りも豊かで食前酒にぴったり、美味しくいただきました。

Caffe San Marco
Via Battisti 18
Trieste
[PR]

by igiea | 2011-02-13 06:57 | | Trackback | Comments(8)
2011年 02月 12日

カフェ巡りは続く

f0122053_19244922.jpg

ウィーンでカフェ文化の一端に触れたことをきっかけに、19世紀末から20世紀初めにかけての時期、いわゆる世紀末と呼ばれる時代について、もっと知りたいと思うようになりました。
そんなこともあって、現在とある街を散策中。まだ到着して半日ほどしか経っていませんが、とても趣のあるカフェに出会えて感激しています。時間帯のせいか人も少なく、豪華な空間をほぼ独り占め。ものすごく贅沢な気分です。
1914年創業、ジェームス・ジョイスやリルケも訪れたという歴史的なカフェですが、何に驚いたかって、それはこのエスプレッソマシーン!!なんて優美な・・・。
1920年ごろのものだそうで、現在は使われていませんが、これで淹れたエスプレッソは一体どんな味がするのでしょうか?

滞在中のこの街については、後ほど改めてお伝えするとして、
これからカフェ巡りに行ってきます!
[PR]

by igiea | 2011-02-12 19:25 | カフェ | Trackback | Comments(2)