ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ

タグ:フランス菓子 ( 2 ) タグの人気記事


2012年 06月 30日

今日も焼きます クラフティ・オー・スリーズ 

さくらんぼのクラフィティ。
どのくらい気に入っているかって、今日で4日連続焼いてます。
といってもタルトの類は生地をまとめて仕込んでおけるので、それほど大変ではありません。
むしろ立て続けに焼かないと、作業効率が低下して労力がもったいないという説も。
f0122053_5473010.jpg

ついでに写真も、昨日の反省をもとに、雰囲気を変えて再度挑戦してみました(ブログ効果です・以前の私ならありえない・笑)。
時間帯によって部屋に入る光が変わるので、ちゃんと調整しないといけませんね。


週末も、もちろん焼く予定。
さくらんぼの季節は短く、人生における青春時代の如く、あっという間に過ぎてしまいますから。
予報によると暑くなるみたいなので、アイスクリームを添えて食べようかな〜、と目論んでます。
[PR]

by igiea | 2012-06-30 05:03 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
2012年 06月 29日

さくらんぼの実る頃 

f0122053_13594090.jpg

杏の美味しい食べ方の代表格が前出のクヌーデルなら、さくらんぼの美味しい食べ方の筆頭は間違いなくこのタルト。
卵+砂糖+牛乳+小麦粉少々を混ぜたフィリングで、旬の果物の美味しさを閉じ込めて焼くお菓子のことを、フランスではクラフィティといいます。さくらんぼの産地であるリムーザン地方の名をとって、クラフィティ・オー・リムーザンと呼ばれることもあります。

素朴で無骨な焼き上がりですが、サックサクの生地とジュワッと口の中で広がるさくらんぼの優しい甘さが絶妙で、食べ始めたらもう止まらない(笑)。この季節には必ず作る、いえ、この季節にしか作れないお菓子です。

一年で一番光りに恵まれ、間近にバカンスを控えていることもあってか、何もかもがキラキラまぶしく感じられる最高の季節、それが「Le Temps des Cerises/さくらんぼの実る頃」。シャンソンにも唄われているこの季節は、欧州(北部は特に!)の人々にとって格別な思い入れがあり、それは青春時代のイメージともどこか重なっている、そんな印象を受けます。光が強いだけに影も濃くなり、それが郷愁も呼び起こす・・・、しっかり熟したさくらんぼの色は、そんな季節を象徴しているかのようです。
[PR]

by igiea | 2012-06-29 07:44 | お菓子 | Trackback | Comments(8)