<   2014年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 13日

ザッハートルテ!! その①

バレンタインデーを控え、がぜんチョコレート菓子が注目を浴びるこの時期、都内でもザッハートルテを見かけることしばし。
そこで、この超有名菓子について2回に分けて少し語らせていただきます!
とりあえずその①は、少し前に在オーストリア日本人会の会報に寄せた原稿を一部手直ししたものです。書いていると懐かしくなります。ウィーン!!

ザッハートルテの条件
f0122053_14423316.jpg

             カフェ・ザッハーにて これが基準!「オリジナルザッハートルテ」


数あるウィーン菓子のなかでも、別格の扱いを受けているザッハートルテ。
ガイドブックはもちろん、メディアでウィーンを紹介する際は、必ずといっていいほどザッハートルテが登場します。もはや、ウィーンのアイコンの一つといえましょう。
「世界で最も有名なチョコレートケーキ」とも称され、本場のザッハートルテを是非食べてみたい、という願いを胸に、観光客が世界中からやってきます。

1832年に、宰相メッテルニヒ公のもとで菓子職人見習いとして働いていた、当時若干16歳のフランツ・ザッハーが考案したこの菓子は、瞬く間にウィーン中の評判になったと伝えられています。この成功によって一財を築いたザッハー家は、フランツの息子のエドゥアルドの代に、ウィーンの一等地でホテル・ザッハーを創業します。ザッハートルテはホテルのスペシャリテとして人気を博し、その相乗効果もあってか、ホテル・菓子ともにウィーンを代表する存在にまで発展し、今日に至ります。世を見渡してみても、これほどの成功をおさめた菓子は、ちょっと思い浮かびません。

ザッハートルテが誕生してから180年が過ぎた今日、栄えある“オリジナル”の称号を掲げる権利を有しているのはホテル・ザッハーのみですが、デメルやゲルストナー、ハイナーといった老舗はもちろんのこと、ウィーンのほとんどの菓子店やカフェハウスで、その店のレシピによるザッハートルテが売られています。

これらは一見するとどれもよく似ていますが、正統派ザッハートルテと、そうではないもの(ザッハートルテ風チョコレートケーキ、とでも申しましょうか)に大別することができます。

本来、ザッハートルテとはチョコレート入りのビスキュイ(卵黄と卵白を別々に泡立てて作る生地のこと)に杏ジャムを塗り(店によっては中にもはさみ)、チョコレート入りの糖衣で全体をコーティングした菓子のことです。ザッハートルテの決め手は、この糖衣。砂糖、少量の水、チョコレートを合わせたものを火にかけ、110〜112℃まで煮詰めた後、テンパリング(温度調節)という作業を行い、砂糖が再結晶する性質を利用して固めます。口にした際、少しザラッとした食感があるのはこのためです。

このチョコレート入り糖衣の出来具合が、ザッハートルテの鍵であり、作り手の腕の見せ所と言えます。温度調節が不適切だと光沢が失われて美しい仕上がりになりませんし、厚さが少し違うだけで味にも大きな違いが出てしまいます。例えばホテル・ザッハーでは、直径22cmのトルテの場合、表面の糖衣の厚さは約4㎜と定められています。

一方、カフェハウスなどに多いのが、糖衣の代わりに、油脂分を加えて柔らかくしたチョコレートで表面をコーティングしたもの。正統派ザッハートルテより、甘さ控え目に仕上げることができるので、こちらの方が食べやすいと感じるかもしれませんが、厳密にはこのタイプはザッハートルテではなく、ザッハートルテ風に仕上げたお菓子、ということになります。作りやすいということもあり、家庭用に紹介されているザッハートルテのレシピは、このタイプに属するものが多いようです。
f0122053_14342158.jpg

             カフェ・シュペールの「ザッハートルテ」おばあちゃんの手作り風


次にザッハートルテ(或はザッハートルテ風の菓子)を召し上がる際は、コーティング部分に注目してみてはいかがでしょう。ちょっとした発見があるかもしれません。
f0122053_1443879.jpg

             カフェ・ハヴェルカの「ザッハートルテ」は杏ジャムたっぷり〜。
[PR]

by igiea | 2014-02-13 13:13 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
2014年 02月 10日

京都でシカを食す ビストロ「ドルチ」

時の流れは早いもので、もうかれこれ、10年来のおつきあいということになるのかな(溜息)・・・。
大の猫好き(お店のロゴを見れば一目瞭然)で、
ウチの猫も預かってもらったことがある友人のお店、御幸町ビルにあるビストロ「ドルチ」。
いつ来ても、輪郭がはっきりしていて、満足できるお料理を楽しませてくれます。

オットはコース。
前菜の盛り合わせ。シェフお得意のパテ(鹿肉入りなので赤味が強い)。
ハムにサーモン、ピクルスも美味しくて、こちらはテイクアウトもお願いしました。
f0122053_10443957.jpg

魚料理(黒鯛だったかな?)&肉料理(定番、牛ほほ肉の煮込み)。
f0122053_10451823.jpg

f0122053_1046425.jpg

料理に合わせて、ルーマニアワインをグラスでいただきましたが、懐かしい味(笑)。
他ではあまり飲めないので、興味のある方はぜひぜひ。

私はアラカルト。
f0122053_10494058.jpg

ズワイガ二とフレッシュトマトのパスタ。
f0122053_10473884.jpg

ホンシュウジカのステーキ。くさみもなく、すごく柔らかくて、リピートしたくなる美味しさ。
これなら、ジビエ初心者の方にもオススメできるんじゃないかな。
f0122053_1048787.jpg

デザートは、イチゴのカモミールジュレ&ピスタチオアイス添え。

なにせウチからは遠いので頻繁には伺えませんが、またいつの日か!
ミーちゃんにも会って欲しいなぁ。次回は猫パネルを持参しよ。
[PR]

by igiea | 2014-02-10 10:50 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
2014年 02月 07日

Unir 御幸町店

f0122053_829118.jpg

京都の町をそぞろ歩き中、通りすがりに立ち寄ったUnir 御幸町店。
カプチーノ、美味しかった!
[PR]

by igiea | 2014-02-07 08:30 | Kaffee・ 珈琲 | Trackback | Comments(6)
2014年 02月 05日

「京都早起き案内」読者ツアー 1日目その③

お座敷に足を踏み入れてこちらの花を目にした瞬間、
さわっと心の中に風が吹いたような感覚にとらわれました。
f0122053_15165470.jpg


「結界」
節分の日に、麻生さんがどのような思いを込めて花を選び、ととのえてくださったのか。
こんな風にもてなしていただいて、本当に幸せ者です。

水仙。すくっと立ち並ぶ水の仙人たち。
冬から春へ。
京都からロンドンへ。
過去から未来へ。

行きつ、戻りつしながらも、確実に流れていくものがあり、
それぞれが独立しながらも、全体として繋がっているところがあり・・・。

この花の周りを、自由に行き来するマヤちゃん&ロッタちゃん。
これがまた象徴的で!

忘れられない光景です。

花器はオットさまの手作りだとか。あー、もう、ため息。
[PR]

by igiea | 2014-02-05 15:17 | 読者ツアー | Trackback | Comments(6)
2014年 02月 05日

「京都早起き案内」読者ツアー 1日目 その②

「京都早起き案内」読者ツアー1日目。
町家を実際に拝見できることと並んで、いやある意味それ以上に楽しみだったのが、
ロッタ姫、まや姫との握手会。
といってもそこは猫、運が悪ければ姿を拝めないかも・・・、と過剰に期待しないよう自分に言い聞かせていたのですが、杞憂でした!
想像していたより一回り華奢で、まさに姫&妖精。ロッタちゃんは一人ずつにスリスリとご挨拶してくれるし、マヤちゃんはピアノを奏でてくれるというサービスまで(笑)。もう参加者全員メロメロでした。

予備を忘れたため(これを痛恨の極みと言わずして何と言おう)、残りわずかとなったカメラのバッテリーは猫の撮影を優先することに。
まやちゃんは撮影にちょうどいい距離をキープしてくれて、もう、プロのモデル並み。
f0122053_1226338.jpg

一方ロッタちゃんは、カメラを向けるとすぐ近くに来てくれ過ぎて、嬉しい反面、結局ちゃんと写真におさめる前にバッテリー終了。こんなのしか撮れず・・。
(でも、シルバーの毛色の美しいこと)
f0122053_12274283.jpg

まぁ、いいです。写真はアソさん撮影の素敵なものをブログで楽しめますものね。

これだけ大勢に囲まれでも、ちゃんと応対してくれたロッタちゃん&マヤちゃん。ありがとう
これならロンドンへのフライトもきっと大丈夫!
鴨川からテムズ川へ、華麗なる飛躍を応援してます。
[PR]

by igiea | 2014-02-05 12:28 | 読者ツアー | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 05日

「京都早起き案内」読者ツアー 1日目 その①


愛猫がもたらしてくれた幸運のおかげで参加が叶った「京都早起き案内」読者ツアー。
当日の様子を勢いに任せて更新しておりましたが、この辺りで少々落ち着いて振り返ってみたいと思います。
と言っても、バッテリー切れで肝心な部分の写真がなかったりするのですが・・・。

2月2日(日)曇 
この季節にしてはかなり暖かく、病み上がりの身体には嬉しい限り。
六波羅蜜寺に集合時間5分前に到着したところ、私が一番最後でした(汗)。
日本は10分前行動、訪問時間はきっちり守るのがマナーなのですね。ウィーンだと、お宅に訪問する場合はあえて少し(5〜10分くらい)遅れていく方がよかったりするので、そのあたりの感覚がまだちょっとズレているかも、と反省。

東北から九州まで、全国各地から集まった参加者総勢8名。既に麻生さんと面識のある方の案内で、憧れの町家・麻生邸に向かいます。

外門をくぐり、塀の脇を進みながらドキドキ・ワクワク。突き当たりを曲がると・・・。
f0122053_936627.jpg

辿り着く前からテンション、上がる上がる(笑)。
この先を折れたところが客用玄関となっておりまして、いよいよ!対面の瞬間が!!
麻生さん側の視点だと、こんな感じになるのですね。

More・・ 続く
[PR]

by igiea | 2014-02-05 09:48 | 読者ツアー | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 03日

福かっこめ〜!

f0122053_1551828.jpg

六波羅蜜寺にて、舞妓さんによる豆まき。
いやね、全く私の頭の中には全くありませんでした。こういう行事で間近に舞妓さんを見るという発想自体が。
麻生さん、ありがとうございます。

ここでは「福かっこめ〜(福をかき込め)」がかけ声。
実際に豆まきが始まると、写真を撮りたい人と、縁起物である豆を拾いたい人とが押し合いへし合いですごいのなんの。
今日の私のように、写真も撮りたいけれど、豆も欲しい、という中途半端な態度ではダメです。
どちらかに腹をくくらないと。
二兎を追うものは一兎も得ず。
最後に皆さんから、豆を分けていただきました。ありがたや、ありがたや。
[PR]

by igiea | 2014-02-03 14:21 | その他 | Trackback | Comments(4)
2014年 02月 03日

水円にて昼食

f0122053_12331014.jpg

[PR]

by igiea | 2014-02-03 12:33 | その他 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 03日

喫茶やまもと モーニング

Asoさんツアー
知恩院近くの喫茶やまもとにて、モーニング。
f0122053_121870.jpg

この厚切りトーストなるもの、実は非常に日本的なものだと言えましょう。
とにかく、ヨーロッパには存在しません。
長い事食べられなかった反動で、厚切り食パンを使った品(トーストやサンドイッチ)が妙に嬉しい今日この頃。

ちなみに、ツアーでご一緒した中に、オーストラリア事情に詳しい方がいらっしゃったので聞いてみたのですが、
オーストラリアでも厚切りのトーストは見かけないそうです。
アメリカはどうなんだろう?? 私の知る限りでは見た事ないけれど・・・。
[PR]

by igiea | 2014-02-03 09:12 | その他 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 03日

三年坂

f0122053_133871.jpg

Asoさんツアー
三年坂通過。Asoさん、足どり軽やか。
お会いする前の印象と違って(?)、
すっごく速いんですよ、歩くスピードが。
メンバー全員、着いていくのがやっとでした。

この辺り、昼間は観光客で溢れていますけれど、
早朝7時過ぎならご覧のとおり。
しだれ桜も独り占めできます。

「早朝に勝る穴場なし」という麻生さんのお言葉、見事に実証されました♪
[PR]

by igiea | 2014-02-03 07:49 | その他 | Trackback | Comments(2)