ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 30日

クラウディオ・アバド氏を悼む

インフルエンザで臥せっている時に届いた、クラウディオ・アバド氏の訃報。

ベルリン在住時、何度となく通ったフィルハーモニー。
演奏会後、楽屋にお邪魔してサインをいただいたこともありました。
アバド氏は思っていたよりもずっと気さくに応じて下さったのに、緊張してしまってあまり話せなかったのも、今となってはいい思い出です。

体力が回復するまで家に籠っていたので、ひたすらyou tubeを見て過ごし、
そんなこんなで見つけた、ベルリンフィルとのリハーサル映像。
ちょうど住んでいた時期のものなので、アバド氏の雰囲気も、オケの音も、記憶にある通りで、何だかすごく懐かしくて、胸に迫ってきました。
(それにしても、こんなのが簡単に見つけられるのは有り難いというしかありません。)



第9も素晴らしかった・・・。



一つの時代が過ぎ去ってしまったという気がします。

ベルリンフィルの常任指揮者は2002年にアバドからラトルへ引き継がれて現在に至る訳ですが、2018年の任期終了後、延長せず退任の見込みと伝えられてます。
となると、次は誰??ということで、既に色々な憶測が飛び交っていますが、私はこの人なんじゃないかな〜、と。根拠はないです。ただ、そうなったら面白いかなと。ご覧下さい、ローマ法王の御前でこのはじけっぷり。
9月にウィーンフィルと来日するのですが、演目が楽しみです。


[PR]

by igiea | 2014-01-30 23:09 | その他 | Trackback | Comments(4)
2014年 01月 30日

イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのシュトレン

f0122053_1244588.jpg

日本で10年ぶりに過ごしたクリスマス・シーズン。
何に驚いたって、それは・・・。シュトレンの浸透度!!
一昔前は、「シュトレンて何??」だったと思うのですが、今やドイツのクリスマス菓子としてしっかり認知されているようで、
あちらのパン屋さんにも、こちらのお菓子屋さんにもシュトレンが並んでいて、立派に市民権を得ていることにもうびっくり。日本てスゴイです。
いえ、正直に言いますと、少々とまどうといいますか・・・。
ヨーロッパでも、シュトレンはドイツ文化圏もしくはその影響が色濃い地域限定で、例えばパリやローマではまず見かけないと思うので。(経験からの憶測ですけれど)

と、それはさておき、自分で買ったもの、いただきものetc、2013年も色々なシュトレンを堪能しました。ひときわインパクトが強かったのが、イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのシュトレン。もちろん、以前に何度も食べているんですが、今回久しぶりに口にした瞬間「おおっ、イル・プルーの味!」と。シュトレンとしての基本は守りつつ、一方で完全にイル・プルーのお菓子となっているところ、スゴイと思いました。あらためて。
世の中においしいお菓子は数多あり、夜空に輝く星の如くそれぞれが輝きを放っているその中で、私にとっての基点となっているのが、イル・プルーのお菓子。
そう、それは基点であり、起点でもある。
15年前、お菓子作りを学ぶにあたり、こういう存在に巡り会えたことを、有り難く思います。
昨年はオーブンの手配が間に合わなかったのでパスしましたが、今年はガンガン焼いて皆に配る予定(気が早過ぎ)。最高に美味しいオレンジ&レモンピールを南仏から取り寄せる計画もアリです。
[PR]

by igiea | 2014-01-30 13:14 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
2014年 01月 29日

祝 満9(球)歳 &101匹わんちゃんの話

えー、先週不覚にもインフルエンザにやられまして・・・。
結局医者には行かず自力で治してしまったので、正式な診断は下されてないんですけど、あの症状はどう考えても典型的「ザ・インフルエンザ」。人生初です。ううぅ。
それにしても、丸々1週間を無駄にした気分ですごく悔しい。もう罹りたくないです。
f0122053_11502213.jpg

と、そんなこんなしている間に、猫が満9歳の誕生日を迎えておりました。
「9歳」というより、「球歳」という感じ。もう丸々し過ぎて、どうしたものかと。

あれは昨秋、獣医さんに挨拶もかねて相談に行った時のこと。
「長旅と環境の変化で猫ちゃんもストレスが大きいでしょうから、予防接種は数ヶ月ゆっくりして体調を整えてからにしましょう。」
などど言われてしまい、まぁ確かに人間の都合で振り回して申し訳ないという、後ろめたさ、負い目もあったりしたので、ついつい甘くなって欲しがるだけエサを与え続けた結果がこれ。
いかーん!!!
って、猫だけじゃないか、ダイエットが必要なのは・・・。
夏までには何とかしたい、何とかせねば、と思ってはいますが。

さて一気に話は変わりますが、先日オットが「メンタルヘルス講座」なるものを受講したそうで、興味のある方は続きをどうぞ。

続き・・・
[PR]

by igiea | 2014-01-29 11:50 | ねこ・猫・neko | Trackback | Comments(4)
2014年 01月 07日

この飼い主にして、この猫あり

まだウィーンにいた頃のネタなんですが、
何しろ3ヶ月以上ブログに猫が登場しておりませんので、ここらでちょいとご披露をば。
f0122053_2353317.jpg

スヤスヤと気持ちよく眠っている愛猫が、今にもソファから落ちそうだと気づいたら・・・。

①良い飼い主の行動→即座に猫ベッドごと安全な位置へ動かす。
②悪い飼い主の行動→即座にカメラを取りに行き、ブログのネタになるかなぁ、などど不埒なことを考える。

私はもちろん②だった訳で、
今にも落ちそう〜という図を、とりあえず写真に収めてカメラを片付けていたところ、

More・・・ その続き・・・
[PR]

by igiea | 2014-01-07 00:08 | ねこ・猫・neko | Trackback | Comments(6)
2014年 01月 01日

明けましておめでとうございます 

f0122053_920231.jpg


明けましておめでとうございます。

関東甲信地方、穏やかな天候に恵まれての年明けでした。
年末年始は猫も一緒に帰省し、主人はの〜んびり、私は日本の食材が自由に手に入る事が嬉しくて、婚家&実家分のお節作りに没頭して過ごしておりました。

それにしても、予想を裏切らなかったのが、猫。
主人の実家にも即馴染むし、帰路は事故渋滞で5時間以上車内に缶詰だったのに、まったくもって平気。いつものこととはいえ、スゴイです。
後部座席の後ろで寛ぐ姿は、誰がどう見ても縫いぐるみを搭載しているとしか・・・。
突然あくびをした様子を見てリアル猫だと気付いた後続車の方、「あーっ、猫が乗ってる!!」と慌てて携帯を取り出して撮影してました。その気持ち、分かります(笑)。

一方、私たちは中央道韮崎インター付近から、真正面に見える富士山を。

ところで、約10年ぶり首都高を運転していて感じるのは、「空気がキレイになってきているのでは?」ということ。交通量が減っている訳ではなさそうなので、排ガス規制やハイブリッド車の普及等が進んだ結果でしょうか。

実際、我が家から富士山がキレイに見える日も、10年前より増えているように思います。
ま、たまたま晴れの日が多かっただけかもしれませんが・・・・。

ここしばらく、すっかり放置していたこのブログですが、
心機一転、色々と綴っていきたいと思います。
何卒よろしくお願いいたします。

2014年が、皆様にとっても幸多きものとなることをお祈りしつつ。
[PR]

by igiea | 2014-01-01 10:22 | 挨拶 | Trackback | Comments(8)