ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 23日

お菓子の家 Knüsperhäuschen

もう15年程前のこと。ドイツで迎えた初めてのクリスマスで、ホンモノのお菓子の家/Knüsperhäuschenを目にした時の感激は、今でもよく覚えています。マルクト(クリスマスマーケット)はもちろん、お菓子屋さんのショーウィンドーなどにお目見えする、お菓子の家たち。童話の中だけの存在だと思っていたのに、まるで絵本から抜け出してきたかのよう。しかも美味しそうな香りを漂わせていて・・・。空腹を抱えたヘンゼルとグレーテルが、夢中でかじりついてしまったのも、無理ないことです。

見ているだけでもワクワクする「お菓子の家」ですが、作るのがまた最高に楽しい♪
デュッセルドルフにいた頃は、「作りたい人、我が家に集合〜」とばかりに、毎年それこそ数えきれないくらいお菓子の家を作っていました。これは一人より、皆でワイワイおしゃべりしながらの方が数倍盛り上がります。でき上がったお菓子の家を並べると、これがまた可愛さ倍増で、できればそのまま置いていって欲しかったものです。(猫がいるから絶対ダメですけど、笑)
f0122053_2119522.jpg



お菓子の家の土台となるのは、レープクーヘン。蜂蜜と粉をベースに、シナモン、ナツメグ、ジンジャー、クローブ等のスパイスをたっぷり入れて焼き上げたものです。このミックススパイスが、いわゆる「クリスマスの香り」。寒い外から帰って来てドアを開けた時に、家の中からこの香りが漂ってくると、いかにもクリスマスという感じがすると、ドイツの友人が言っていました。

f0122053_21173085.jpg


今回のデュッセルドルフ滞在中に、お世話になった友人への置き土産として作ったお菓子の家。
もう少しシックに仕上げるつもりが、思いのほか可愛らしい感じになりました。

昨年はパスしてしまったので、今年はちょっと気合いを入れて自宅用を作ろうかと。
これから材料を買いに走ります。
[PR]

by igiea | 2011-11-23 21:17 | Weihnachten クリスマス | Trackback | Comments(8)
2011年 11月 22日

猫は元気です!

先週末、デュッセルドルフ日本クラブ文化部よりお招きいただき、ウィーン菓子&コーヒーについての講演を行いました。
ドイツでは殆ど知られていない、カールスバーダー式コーヒーの紹介が中心でしたが、他にも話は尽きず、あっという間の2時間半でした。

実のところ、前日までオーストリアコーヒーインスティテュートで集中講義を受講していたので、講演当日4時起きでデュッセルドルフに飛び、空港から直接会場入りという、かなりタイトなスケジュール。万が一のロストバゲージに備え、用意したコーヒー豆など最重要アイテムは機内持ち込みにして臨みました(笑)。
おかげさまで、定刻より早く到着し、預け荷物も5番目に出てくるなど今回は万事順調。文化部の皆様には、ボランティアとして準備から後片付けまでご協力いただき、本当に感謝しております。
今回の利益は全額、日本クラブから福島県の方へ義援金として送金していただくことになっておりまます。ご参加下さったみなさま、本当にありがとうございました!

ところで、昨年まで住んでいたデュッセルドルフ。懐かしい皆様と再会を喜ぶ折に、頻繁に尋ねられたのが愛猫の近況。「みーちゃんはお元気?」「みーちゃん、今日はお留守番?」etc・・・。
ここ2ヶ月程は、来客か、飼い主が終日不在か、のどちらかだったので、猫にもちょっとストレスフルな日が続いていましたが、ご覧の通り元気です!

f0122053_23114572.jpg

[PR]

by igiea | 2011-11-22 23:12 | その他 | Trackback | Comments(9)
2011年 11月 18日

共通するもの

①シェーンブルン宮殿(ウィーン)
②クレムリン(モスクワ)
③聖モスク(メッカ)
④メトロポリタンオペラハウス(ニューヨーク)

この4カ所に共通する、あるものとは??

More・・
[PR]

by igiea | 2011-11-18 04:29 | Wien | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 16日

プラハの月

f0122053_5482582.jpg

中世の雰囲気に浸りつつ、プラハをそぞろ歩き。

More
[PR]

by igiea | 2011-11-16 05:52 | | Trackback | Comments(2)
2011年 11月 10日

私の特効薬

何となく余裕がないときは、猫をじっと見つめてみる。
f0122053_3193361.jpg

それにしても、窓辺がよく似合うこと。
[PR]

by igiea | 2011-11-10 03:19 | ねこ・猫・neko | Trackback | Comments(2)
2011年 11月 09日

好評だったものシリーズ⑥ ドナウ川クルーズ

f0122053_8311546.jpg

ウィーン旧市街はドナウ川から離れているので、こういう眺めはのぞめないのが、すごく残念。
川のある風景、憧れます。

ドナウの真珠、ブダペストのナイトクルーズ。
イヤホンガイドによる名所の解説サービス付きで、ドナウ河畔の夜景を存分に楽しめます。
間近に眺める国会議事堂の迫力!!
BGMはリストのピアノ協奏曲で、これが最高に旅情をかき立ててくれました。

この秋のアテンドも、ここ数日がピーク。
今日は「おいおいおい」的なハプニングに見舞われましたが、とりあえず無事に済みました。
当事者は大変でしたが、人が聞いたら爆笑間違いなし・・・。
詳しくここに書けないのが、非常にもどかしいです。
[PR]

by igiea | 2011-11-09 08:48 | | Trackback | Comments(2)
2011年 11月 06日

好評だったものシリーズ⑤ ムハ作ステンドグラス

f0122053_20491295.jpg

プラハ城内、聖ヴィート大聖堂にある、Alfons Mucha/アルフォンス・ミュシャ作のステンドガラス。
アールヌーヴォーを代表する画家であったミュシャ。
ガラスを通した光の効果によって彼独特の色使いが一層魅力を増しており、あまりの美しさににうっとり・・・。
ミュシャはMuchaをフランス式に発音した場合で、日本語ではこちらの方が通名として定着していますが、チェコ式の発音ではムハ(またはムッハ)。フランスで活躍した期間の方が長いとはいえ、どこにいても常に祖国を思い、晩年は祖国のために絵画を描き続けた彼の意思を尊重するなら、ムハと呼んだ方がいいのかもしれません。
市内にあるムハ美術館では、彼のデザインによるチェコスロバキア最初の紙幣が展示されており、そちらも興味深かったのですが、本来なら3年前にチェコの通貨はユーロに切り替えられる見通しだったことを思うと、何となく複雑な気分でした。リーマンショック後の経済危機の影響によって見送られたチェコのユーロ導入、足止めは一時的なものかと思っていましたが、そう簡単にはいかないようです。
[PR]

by igiea | 2011-11-06 20:25 | | Trackback | Comments(0)