ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 29日

ありがとうございました!

f0122053_16232376.jpg



先週末、デュッセルドルフで開催したチャリティーコーヒーセミナー。

連休中日、他にも行事が目白押し、当日はあいにくの大雨、という状況であったにも関わらず、本当にたくさんの方にお越しいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
あれも紹介したい、これもお伝えしたい!ということで少々詰め込み過ぎの感もありましたが、お楽しみいただけましたなら幸いです。コーヒーの香りに包まれながら、みなさまと過ごした楽しいひと時は、私自身にとっても幸せな記憶として胸に残っています。
そして、今回初めてご紹介したローズ風味のメランジェ。ご好評いただきましてホッとしてます。何ともベタですが「Winer Rose/ウィーンのバラ」と命名することにしました。
素敵な空間(写真が1枚もないのが本当に残念です!当日撮影された方がいらっしゃいましたら、是非ご一報を・・・。)を提供して下さったCafe Rika さん、企画&調整から後片付けまで精力的にご尽力下さったYamamotoさんにも、この場を借りて改めてお礼申し上げます。
また、今回の収益135ユーロを、福島県災害対策本部宛に義援金として送金しましたことも、合わせてご報告いたします。

自分が何かをしているのではなく、「させていただいている」、「機会を与えていただいている」のだと、こういうイベントを行うたびにつくづく思います。

本当にありがとうございました!
[PR]

by igiea | 2011-06-29 16:23 | その他 | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 20日

バイスルに行こう!

f0122053_2325152.jpg

無性に揚げ物が食べたくなったので、味にうるさい知人オススメ、ウィーンのご当地グルメガイドTafelspitzでも高く評価されている「Rudi's Beisl」へ。
「バイスル」とは、気さくな町食堂のこと。フランスでいうビストロに相当するカテゴリーで、普段着のウィーン料理が楽しめます。
旧市街から少し離れたところにあるのですが、見事に地元の人で満席!この賑わいも味のうち、という雰囲気がいっそう食欲を刺激します。

注文前に少し周りをみてみると、運ばれていく料理がどれもみな美味しそうで、大いに迷ったのですが、初心を貫きメインはウィーナーシュニッツェル、前菜はアスパラガスと白身魚のテリーヌ、デザートはパラチンケン(クレープに似たウィーン菓子)に。
f0122053_1642943.jpg


ウィーナーシュニッツェルは薄い方がいいと思っていましたが、必ずしもそうとは限らないようです。やや厚めの子牛肉の美味しいこと!衣もサクッと香ばしくて後をひきます。油が新鮮だからか、食後も胃が重くなりません。
おかげで、デザートまで美味しくいただきました!
気付けば、私たちが最後の客だったようです・・・。ごちそうさま。

f0122053_23442130.jpg


Rudi's Beisl
Wiedner Hauptstr.88
1050 Wein

More・・・ ひとこと
[PR]

by igiea | 2011-06-20 16:05 | ウィーンで外食 | Trackback | Comments(5)
2011年 06月 16日

パルメンハウスで朝食

今日も快晴。6月は本当にいい季節です。
しかしながら、いい季節は思いのほか短いので、今のうちに思う存分太陽を楽しんでおかないと!
そんな気分のときに出かけるカフェが、パルメンハウス。
f0122053_0285036.jpg

フランツ・ヨーゼフ時代に、アール・ヌーヴォー様式で建てられた温室を改装したカフェハウスなので、季節を問わず光と緑溢れる空間を楽しめますが、特にこの時期は清々しく、そんな中でとる朝食は最高です。
f0122053_0351198.jpg

f0122053_037469.jpg

主役はカイザーゼンメルという、星形に切り込みの入った白パン。
機械で作られたゼンメルがまん丸なのに対し、ここのはちょっといびつな形をしてますが、これは手ごねの証。皮がパリッとして、中はモチモチ!添えられる手作りジャムも、ちょうどいい甘さ。
なぜかいつも同じセット(ゼンメルにクロワッサン、フルーツたっぷりのヨーグルト、メランジェ)を頼んでしまうのですが、ハムやチーズの盛り合わせ、オムレツなんかも美味しそうです・・・。

唯一残念なのが、開店時間が10時と朝食を楽しむには少し遅いこと。
8時くらいからオープンしてくれると嬉しいのですが。


Palmenhaus
Burggarten 1
1010 Wien
Austria
[PR]

by igiea | 2011-06-16 00:38 | ウィーンで外食 | Trackback | Comments(6)
2011年 06月 14日

Pfingsten  聖霊降臨祭

f0122053_4435994.jpg

月曜がPfingsten(聖霊降臨祭)の祝日なので、3連休だったこの週末。
素晴らしくよいお天気でした。
ブラブラ街歩きもよし、テラス席のあるカフェでゆったり過ごすもよし。
冷えた白ワインを飲みながら、おしゃべりに興じて過ごす夕べは最高にいい気分!

そんな連休の中日に行われたのが、日本人会主催のソフトボール大会。
前任地、前々任地ともにこれがなかなか侮れないイベントで、かなり盛り上がっていましたが、ウィーンも同様です。周辺諸国(ハンガリー、スロバキア、ポーランド等々)から駆けつけて参加する猛者も。前任地では、甲子園出場経験者を出張扱いで呼び寄せ、助っ人にする会社があるとかないとか、そんな冗談も飛び交っていましたっけ(笑)。
それにしても、「打たせてとる」とか、「満塁策」くらいならごく普通に皆が知っているあたり、日本人だなあ、と思います。オーストリアでは、ストライク三つで三振、アウト三つでチェンジ、といった基本ルールすら知らない人が多いので・・・。

f0122053_445566.jpg

ところで、Pfingstenのころに旬を迎えるので、 Pfingstrosen(聖霊降臨祭のバラ)と呼ばれている花がシャクヤク。まさに今が盛りで目を楽しませてくれます。
[PR]

by igiea | 2011-06-14 04:46 | Wien | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 10日

幸運なことに

f0122053_19243743.jpg

家のほど近くに素敵なお花屋さんがあったら、とても幸せ。
通りすがりにウィンドーを眺めるだけでも、心が潤います。

ウィーンで暮らし始めて1年と少し。街歩きをしながらあちこちのお花屋さんを覗いてみた結果、感性に一番ストレートに響いたのが自宅近くのお店だった、とは何たる幸運!
DOLL's BLUMEN  雑貨や書籍の品揃えもすごく好みです。

住居探しは、誰もが悩むところ。
条件を全て満たす物件なんて、まずないでしょうし。
現在の住まい、諸々ニーズに合わないところもありますが、マイナス面に気を取られるより、こういうプラス面に目を向けていかないと、本当にもったいないと感じる今日この頃。

最近どこぞやで目にした、「不平を言うには、人生は短すぎる。」という一文を、ことあるごとに反芻してます。
[PR]

by igiea | 2011-06-10 19:38 | お気に入り  | Trackback | Comments(4)
2011年 06月 08日

「食べる」ということ

f0122053_20201657.jpg

農家直送のアグレッティ。
軽く塩茹でしたものを、スパゲッティ・ペペロンチーノに加えてみました。
シャキシャキとした歯ごたえ、驚くほど美味しくて、感激!
美味しい野菜を堪能できる幸せに浸りたいところですが・・・。
一方で、気になる状況が続いています。

More・・・ 続き 
[PR]

by igiea | 2011-06-08 18:51 | その他 | Trackback | Comments(4)
2011年 06月 03日

新・野菜生活

ウィーン郊外のビオ(有機農法)農家、Ochsenherz。
ズッキーニの花やシソ、紫色のじゃがいもや金時人参など、他では見かけない野菜も扱っており、それがまた素晴らしく美味しく・・・。
昨年は、毎週土曜にナッシュマルクトのスタンドで販売していたので、早起きしてはせっせと通っておりました。

そのOchsenherzが、新たに年間契約による共同購入と宅配を始めると知り、
早速申し込んで楽しみに待っていました。そして届いた第一弾。
f0122053_027274.jpg


メインとなる野菜だけでなく、マジョラムやコリアンダー、ミントの小さなブーケが一緒に入っているあたり、さすがです。新鮮なハーブをちょっと添えるだけで、味も見栄えもグンとよくなるので、これは本当に嬉しい。
左下にあるオカヒジキによく似た野菜は、Agretti(アグレッティ)という地中海沿岸原産のもの。ドイツ語ではMönchsbart(修道士の顎ヒゲ)とも呼ばれるそうです。こういう珍しい野菜についての解説やレシピが紹介された手紙も添えられているのですが、これが充実していて、びっくりしました。

びっくりといえば、もう一つ。
この野菜たち、ていねいに濡れ布巾で包まれた状態で届きました。
鮮度を保つための心配り、野菜への愛情が伝わってきます。
[PR]

by igiea | 2011-06-03 01:13 | 美味しいもの | Trackback | Comments(7)