ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 29日

ウィーン 伝統のコーヒー復活

f0122053_1185335.jpg

1月27日のNHK「おはよう日本」にて、ワールドリポート「オーストリア ウィーン伝統のコーヒー復活」が放送されたとのこと。
私の師事するエーデルバウアー教授が、ウィーンカフェの伝統についてお話していたそうで、Cafe Sperl (カフェ シュペール)も取り上げられていたようです。
ご覧になった方、いらっしゃいますか?
実は‥、まだ私、見ておりません。
さっき電話で教授に頼んだので、来月のクラスで見せてもらえるとは思うのですが、やはりちょっと気になります。
f0122053_1194122.jpg

ちなみに、これが伝統的手法として紹介されたいた陶器製フィルター付きのコーヒーポット。
Karlsbaderkanne(カースルバーダーカネ)と呼ばれています。
オーストリアでも知っている人は年々減っており、
これでコーヒーをサービスしてくれるのは、Cafe Sperlと、1区にあるCafe Julius Meinlなど、ほんのわずか。何とも寂しい限りです。
エスプレッソに押されっぱなしのフィルターコーヒーですが、
こうして日本のメディアでも紹介された事ですし、復活して欲しい!
昨年このポットに出会って以来、家ではいつもこれでコーヒーを淹れてます。手間はかかりますが、素晴らしく美味しいのは確か。
この続きは、近いうちにじーっくりお伝えしますね。
[PR]

by igiea | 2011-01-29 01:20 | Kaffee・ 珈琲 | Trackback | Comments(8)
2011年 01月 27日

Kaffeeküche (コーヒーキッチンか珈琲厨房か?)

f0122053_217531.jpg

地下鉄2路線、トラム8路線が乗り入れていることもあり、
よく利用するSchottentor駅。
ホイリゲ街のある18区・19区行きのトラムの始発駅でもあります。
足早に人々が行き交う駅構内に、「Kaffeeküche」という小さなカフェスタンドがあり、ここがなかなか美味しいのです。
f0122053_219246.jpg

SCAE(ヨーロッパスペシャリティコーヒー協会)認定講師も、「いい豆を使っている!」と推薦するこちらのカフェ。場所柄、立ち飲みもしくはテイクアウトのお客さまが中心ですが、さらりと生花が飾られていたりして‥。粋な心配りを感じます。
モノトーンの風景に、鮮やかなラナンキュラス。少しずつ、春が近づいていることを伝えてくれますね!
立て看板に目を移すと「ご注文いただいてから、その都度ミルクを泡立てています」の文字が。
一見当たり前のようですが、あえてアピールしているということは、作り置き(というか、使い回し?)しているカフェも少なくない、ということなのでしょう。
f0122053_2195197.jpg

そんな事を考えつつ、店員さんの様子を眺めていると、なるほどきちんとしてます。ミルクを泡立てる際に使うピッチャーに温度計がセッティングされていて、確認しながら泡立ていました。
一般的に、ミルクの適温は60〜65℃。70℃を超えると一気にタンパク質の変質がすすみ、風味を損なうとされています。確実に美味しい一杯を提供するためには、ポイントを丁寧に確認しながら作業するしかありません。それをいかにシステム化し、効率よくこなしていくか、がプロの腕の見せどころ。街角の何気ないカフェスタンドにも、要注目です。
今日は前の人につられて、Schokokaffee(ココア入りコーヒー)に初挑戦。寒い日にぴったりでした。
f0122053_211379.jpg

[PR]

by igiea | 2011-01-27 21:15 | カフェ | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 25日

不惑の背中

f0122053_23535261.jpg

本日、満6歳の誕生日を迎えました。
人間でいうと、ちょうど40歳くらいでしょうか??
もう若くはないので(苦笑)、暴飲暴食を避け、適度に運動し、十分睡眠をとり、健康管理に気をつけて・・・って、飼い主にもそのまま当てはまります。
ま、お互いボチボチいきましょう。

しかしながら、何だかんだと惑わされまくりの人間に比べ、猫のブレない姿勢の潔いこと!
かくありたいものよ、と常々思ってます。
[PR]

by igiea | 2011-01-25 23:54 | ねこ・猫・neko | Trackback | Comments(6)
2011年 01月 24日

新丸ビル 四川豆花飯荘にて

f0122053_6544291.jpg

今回の日本行きは、成田空港から直接葬儀場へ向かい、3日滞在してすぐ帰路に着くという日程。予報では全国的に荒れ模様の天候とのことで少し心配でしたが、大きな混乱に巻き込まれることもなく、無事にウィーンへ戻ることができました。
慌ただしい滞在ではありましたが、久しぶりに叔母&従姉妹と食事をすることができたりと、嬉しいこともありました。最後に中華が食べたいという私の希望を汲んで、従姉妹が予約してくれた「四川豆花飯荘」。こういう本格的かつオシャレなお店、ウィーンには(多分)ないので、感激。
このお店では八宝茶(ジャスミン茶、紅なつめ、クコ、菊花、百合根、龍眼、クルミ、氷砂糖)のサービスにあたり、茶芸師が見事なパフォーマンスを披露してくれます。注ぎ口が1m近くあるポットを駆使し、様々なポーズをとりながら茶器にお湯を注いでくれるのです。見て楽しく、味わって美味しい八宝茶。このお茶を飲むためだけに、もう1回行きたいくらいです。
f0122053_6561967.jpg

もちろん、お料理も大満足。おススメという「重慶よだれ鶏」はさすがの美味しさ。シンガポールスタイルの新しい中華ということですが、四川麻婆豆腐も担々麺も、しっかり花椒が効いていてすごく好みの味でした。料理教室も開いているそうなので、いつの日か参加してみたいものです。
招待してくれた、叔母と従姉妹に感謝を込めて。
[PR]

by igiea | 2011-01-24 07:10 | 美味しいもの | Trackback | Comments(6)
2011年 01月 23日

ニョキニョキと。

f0122053_20424517.jpg

こんな写真を撮ってる時点で、もう完全に乗り遅れてます。
日本、特に東京の物量には、ただただ圧倒されます。
そして変化のスピードにも。
ウィーンの、何とのどかなことか。
f0122053_20495163.jpg

スカイツリーも年内に竣工見込みだそうで、ため息です。
[PR]

by igiea | 2011-01-23 20:44 | Japan・日本 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 20日

demeltorte  デメルトルテに釘付け

以前ご紹介した、カフェ・ラントマンのラントマントルテのように、ウィーンのカフェやホテルの多くは、お店の名前を冠したオリジナルケーキを置いています。
デメルもその例にもれず、Demeltorte(デメルトルテ)が見目麗しい箱入りで売られています。
ずっと気になっていたのですが、直径17㎝のホール売りのみなので、なかなか試す機会がなく‥。
今回、実家へのお土産(実験台?)として、ようやく購入と相成りました。
f0122053_1305193.jpg

テーブル上にケーキが運ばれてくると「わあっ」と歓声をあげ、食い入るように見つめる甥っ子。
周りも自然と笑顔に。
お菓子って、幸せを運んでくれますね。
f0122053_1314733.jpg

クルミとビターチョコレート入りの生地を、ミルクチョコレートでコーティング。すみれの砂糖漬けが飾られていますが、これが美味しい!チョコレートとすみれの風味が引き立て合って、すごく上品な後味です。
いかにもウィーン、という感じのデメルトルテ。
かさばることと、切り分ける手間が少々難ではありますが、お土産にいかがでしょう?
ちなみにお日持ちは10日です。
[PR]

by igiea | 2011-01-20 01:32 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
2011年 01月 18日

トラです!

f0122053_89151.jpg

ここ数日、慌ただしく過ごしております。
こちら実家の猫。
癒されます。
シャッターを切っていると、少し時間がゆっくり流れるように感じます。
いいものですね。
[PR]

by igiea | 2011-01-18 08:09 | ねこ・猫・neko | Trackback | Comments(4)
2011年 01月 13日

最良の友へ

f0122053_19563560.jpg

祖母の訃報が届きました。
戦中・戦後の混乱期を強く生き抜いた祖母。
99年と358日の生涯。
私が知っているのは、そのごく一部に過ぎませんが、
今こうして在りし日のその姿を思うと、
悲しみや喪失感より、ずっと多くの、感謝の思いが静かにこみ上げてきます。
「おばあちゃん、ありがとう」

死というものを、こんなにも自然に受けとめられたことはありませんでした。

「死は最良の友です」
このモーツァルトの言葉には、こういう意味も込められていたのでしょうか。

本当に、ありがとう。
[PR]

by igiea | 2011-01-13 20:00 | 挨拶 | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 12日

Beauty Sleep 美しさの秘密

矢継ぎ早に物事が襲って来たときは、
くよくよ考えず・・・
f0122053_19423096.jpg

「さっさと寝る!ひたすら寝る!」
に限ります。

手元のOxford 英英辞典に「Beauty Sleep(美容のため、早めに就寝すること)」なる言葉が紹介されてますが、実際使われているのでしょうか?古っぽい表現?
"Anyway, I must get my beauty sleep. "とか?
辞書に裏切られることって、結構ありますからねえ。
[PR]

by igiea | 2011-01-12 19:43 | ねこ・猫・neko | Trackback | Comments(4)
2011年 01月 11日

いただきます!自家製ラーメン

f0122053_765268.jpg

時々、無性に食べたくなるのがラーメン。
近所に美味しいお店がある、という状況ではないので、最近は自分で作ってます。
手打ちの麺に鶏ガラ&牛骨のダブルスープ。
具はシンプルに、茹でた鶏モモ肉とネギをごま油と黒こしょうで和えただけ。
ラーメンというより、鶏そばという感じでしょうか。
目指すは、毎日でも食べられそうなあっさり醤油味。

とりあえず麺もスープも、少し多めに作ってストックしておけば、
あとは気軽に、インスタント感覚で楽しめちゃうのが嬉しいところ。
ただし、セモリナ粉と卵で作った今日の麺は、ちょっとコシが強すぎました。
色はよかったんですけど‥。
普通の小麦粉(中力粉)のほうがよかったかも。
f0122053_6593097.jpg

という訳で、まだまだ続くであろうラーメン道。
粉と格闘している間、無心になれるおまけつきです。
[PR]

by igiea | 2011-01-11 06:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)