ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 88 )


2013年 03月 24日

ベルリン雑感 ③

久しぶりのベルリン。
あれもしたい、ここも行きたい、と諸々頭に浮かびますが、とりあえずカフェで腹ごしらえ。
f0122053_1871376.jpg

ベルリン(というか、恐らくドイツ全般にその傾向アリ)のカフェは、とにかく朝食が充実しているのが特長。
メニューを見ても、朝食カテゴリーが全体に占める割合が非常に高く、セットメニューも沢山あって選ぶのが大変なほど。しかも16:00ごろまで注文できるお店がほとんどで、終日OKのところも少なくないのです。
ウィーンのカフェでも美味しい朝食は楽しめますが、11:00くらいでサービス終了のお店の方が多いという印象ですし、内容もベルリンと比べるとシンプルな気がします。(その代わりランチと甘いものは充実してますけれど。)

ノイケルン地区にあるCafe Rix。
これだけのボリュームに、ゼクト(ドイツ産スパークリングワイン)かフレッシュオレンジジュースがついて、9.8€!レストランやカフェの値段は総じてウィーンより安いのですが、これはお得!!
f0122053_18585110.jpg

ミモザ(ゼクトとオレンジジュースを半々で)でお願いします、という欲張りな私のリクエストにも気持ちよく応えていただき、より満足。
中心部から少し外れますが、何しろ地下鉄駅からすぐなので、今回のようにお天気が悪くて外を歩きたくない日でも、割と訪れやすい立地です。

ここは1876年にダンスホールとして誕生した歴史的な建物。二度の大戦とナチスの時代を経てすっかり荒れ果ててしまいましたが、取り壊しの危機を逃れて1980年に復元され、その後カフェとなり再び人々が集うようになりました。
f0122053_190566.jpg

19世紀末から20世紀初頭のベルリン最盛期の雰囲気が残る、数少ないカフェの一つです。
[PR]

by igiea | 2013-03-24 19:01 | | Trackback | Comments(10)
2013年 03月 23日

ベルリン雑感 ②

f0122053_18271870.jpg

ベルリン市内の移動に欠かせないSバーン。
赤&黄色の車体と、「ブゥゥーン」という唸るようなにぶい音。
駅構内に漂う油っぽい独特のニオイ。
あぁ、ベルリンにいるんだなぁと感じる瞬間。

ベルリンはとにかく広い。地形としては平坦な街なので、自転車がすごく活躍する。
こんな風にSバーンに自転車ごと乗る人も多いのだけれど、
とにかくインフラがきちんとそれに対応していて、見事。
f0122053_1829740.jpg

ほんと、これだけスペースに余裕があれば、ストレスとは無縁ですなぁ。
[PR]

by igiea | 2013-03-23 18:29 | | Trackback | Comments(2)
2013年 03月 21日

ベルリン雑感 ①

f0122053_19184215.jpg

またまた強行スケジュールでしたが、ベルリンに行ってました。
日頃TVで様子を見ているので(いまだにニュースはドイツの放送局でチェックする習慣が抜けない・笑)何となく身近に感じていましたが、訪れるのは4年ぶり!
ウィーンに越してからは「初」です。

ベルリン(ドイツ)とウィーン(オーストリア)の違い、
遡ればそれはプロイセンとハプスブルクの気風の違いに由来し、
(フリードリヒ大王とマリアレジアが犬猿の仲だったのは有名ですねぇ)
かつ、20世紀にベルリンが辿った希有な歴史によってその違いが一層際立つ結果となったのでしょうが、
それにしても随分違うなぁ、と。
両者とも、ドイツ語文化圏を代表する都市として共通する部分が多々あるために、ちょっとした違いが強調されてしまう側面もある訳ですけど。

それにしても、3月後半だというのに、一面の雪景色!!
いや、ベルリンとしては別に驚きではないです。
1年の半分近く、11月から3月の間は連日グレーの空に覆われているのが常ですし。
f0122053_19211212.jpg

ベルリンといえば「アンペルマン」。
私が住んでいた頃は旧東地区に限られていましたが、今回は旧西地区でもちょこちょこ見かけました。

名物「カリーブルスト」も忘れずに堪能してきました。
f0122053_1922376.jpg

[PR]

by igiea | 2013-03-21 19:11 | | Trackback | Comments(8)
2013年 03月 07日

Ein perfektes Wochenende in London ロンドンの週末②

ロンドンの街を歩いていて気付いたのですが、
道路に面して、大きな窓をつけた造り(全面ガラス張り含む)のお店が多い!!
(ウィーンと比べて、ですが。)
所謂ショーウィンドーではなく、店内の様子がそのまま見渡せるようになっており、
「見せる=魅せる」効果を狙ってか、ライティングも少し強めにしてあります(あくまでウィーン比)。
それらがどれもいい感じで、街歩きを一層楽しくしてくれました。
こ〜んなお菓子を見てしまったら、そりゃ素通りできませんって(笑)。

ロンドン市内に4店舗展開していて、どこも大人気という Ottolenghi 。
その中でも一番大きいというIslington店に出かけてみると、開店と同時に満席。
週末だったこともあってか、家族連れで大賑わいでした。
f0122053_22392997.jpg


ここはコーヒーも美味しくて、London Coffee Guide誌もベスト30に挙げています。
カプチーノ&ピーカンナッツのデニッシュで甘い朝食。
一口頬張ると、なかからメープルシロップがじゅわ〜と溢れてきて、それはもう罪な美味しさでした。

f0122053_22402638.jpg

f0122053_22421789.jpg

[PR]

by igiea | 2013-03-07 22:43 | | Trackback | Comments(8)
2013年 03月 05日

Ein perfektes Wochenende in London ロンドンの週末①

ロンドンにて、目一杯詰め込んだ週末を過ごしてきました。
f0122053_1953295.jpg

最初の夜は久しぶりにミュージカルを鑑賞。
選んだ演目は、映画化されて周囲でも結構話題になっている、「レ・ミゼラブル」。
日本では3ヶ月以上前に公開されてましたが、ウィーンでの封切りは2月21日(遅っ。)だったので、映画版はまだ観ていません。そもそもミュージカル版はもう15回くらい観ていて、セリフ(歌詞)も半分は諳んじることができるという、ほとんどマニアの域なのですが、いいものは何回観てもいい!
見終わった後、こんなに充実感がある舞台を私は他に知りません。
もし、生まれ変わって好きな人生を選べるならば、ミュージカル俳優になってアンジュルラス役を演りたい!とかねがね言ってるくらいです。(ちなみに原作では、登場人物中で彼が一番容姿端麗という設定になってます。これ以上カッコいい役はない。)

今回のキャストでは、子役のガブロッシュ(Jake Poolman)がよかった。
あと、ジャベール警部(Shaun Dalton)。有名なセーヌ川に身を投げるシーンで、彼の直面した葛藤と混乱(錯乱と言ったほうが妥当?)、後悔と絶望、自責の念に、初めて共感できたというか・・・。
信念の人であったジャベールが何故自殺したのか、今までずっと腑に落ちなかったことが、今回の舞台では理屈ではなくて感情としてスッと自然に伝わってきました。


ところで観劇の前、小腹が空いてたのですぐ近くのラーメン屋さんに立ち寄ったのですが、これがまた美味しかった。

ウィーンの定番コース、「国立オペラ座でオペラ鑑賞→カフェ・ザッハーで軽く一杯」とか、「楽友協会ホールでコンサート→ カフェ・インペリアルで食事」も優雅でよいのですが、ロンドンの「ミュージカル鑑賞+ラーメン」も、在欧州日本人にはたまらないコースです!

目一杯詰め込んだ週末は、まだ始まったばかり・・・。

Dear my sister、妹へ
[PR]

by igiea | 2013-03-05 19:06 | | Trackback | Comments(12)
2013年 02月 13日

究極の非日常 ヴェネツィアのカーニバル 2013

f0122053_20251935.jpg

ウィーンでは連日バル(舞踏会)が開かれているこの時期、
500kmほど南下した海の都ヴェネツィアは、カーニバル真っ盛り。
今年を逃したらしばらくチャンスはないかも?!ということで、
往復夜行列車利用の日帰りという強行軍で、無理矢理行ってきました。

ウィーン⇔ヴェネツィア間は、Vienna-Venezia Expressという夜行列車(ウィーンを20時台に発車して翌朝8時台にヴェネツィア着、逆コースもほぼ同じ)が走っており、時間を上手く活用したい場合はすごく便利。
ただしこの列車、スリ被害が多い事でも有名なので、貴重品の管理はしっかりしないと!というのがちょっと難なのですが。

さて、5年ぶりのヴェネツィア。
サンタルチア駅前から大運河をのぞめば、前日の雪がまだうっすらと残ってました。
f0122053_231433.jpg

まずはアカデミア橋方面を目指してブラブラ歩き始めましたが、カーニバル中とは思えない静けさで、人影もまばら。「平日はこんなものなのかしら?」と少々拍子抜けしながらもサンマルコ広場に辿り着くと、さすがにそこは賑わってました。
とはいえ、例年と比べ人出が少ないのは間違いないそうで、やはり景気の影響なのでしょうか?
これ以上混雑すると、恐らく写真撮影どころではなくなるので、ちょうどよかったとも言えますが。
f0122053_20271599.jpg

それにしても、こ〜んな仮装がまったく違和感なく風景に馴染むなんて、さすがヴェネツィア。
「カーニバルの女王」は間違いなくこの街ですね。
非日常にどっぷり浸った一日でした。

f0122053_2322029.jpg

f0122053_2394989.jpg


More・・・写真が続きます、よかったらどうぞ。
[PR]

by igiea | 2013-02-13 20:20 | | Trackback | Comments(10)
2012年 12月 18日

ザルツブルクという環境

滞在中はずっと曇天、時に雪が舞うというあいにくの天候だったのだが、
ホーエンザルツブルク城に登っていた数時間の間だけ、
すっと雲がひいて青空が広がリ、街が光に包まれた。
f0122053_55246.jpg

「自然科学で重要なのは、美しいものに感動する情緒力。数学的なテクニックではない。」と説く、数学者の藤原正彦氏。氏が自著の中で、「数学の天才が生まれ育った地域を訪ねてみたところ、それがどこも素晴らしく美しく、大変感銘を受けた。」と述懐していたことを、ザルツブルクに来るといつも思い出す。
モーツァルトがこの街で生まれたのは、ある意味必然であったのか、と。
[PR]

by igiea | 2012-12-18 05:07 | | Trackback | Comments(4)
2012年 12月 18日

雪景色から連想する・・・

日本からのお客様を案内しつつ、雪のザルツカンマーグートをドライブ。
f0122053_230364.jpg

f0122053_2303652.jpg

この景色にぴったりのBGМは?という話になり・・・、
やっぱりコレ?ということで落ち着きました。
すいません、発想が貧弱かつ古くて。
f0122053_230445.jpg


週間天気予報によると、今年はホワイトクリスマス間違いなし、だそうです。
[PR]

by igiea | 2012-12-18 02:32 | | Trackback | Comments(2)
2012年 11月 05日

Paris のカフェにて

パリ6区。
一番お気に入りのカルティエ。

f0122053_18365357.jpg

サンジェルマンデプレのカフェのテラス席にて、
道行く人々を眺める人を眺める。

無事にパリを楽しんでおります。
今ところ。
[PR]

by igiea | 2012-11-05 18:37 | | Trackback | Comments(2)
2012年 11月 02日

旅先は今日も雨だった

白トリュフを求め、ウィーンから南下すること500km。
クロアチアはイストラ半島が今回の目的地でした。
で、ある程度予想というか、覚悟はしていたのですが・・・・、
f0122053_4414670.jpg

♪ああああ〜〜、旅先は〜、今日も〜雨だった〜♪

オットの雨男ぶり、今回も実に見事に発揮されたのでありました。
モトブンという、丘の上の風情ある街に滞在したのですが、
集中豪雨で石畳の道は川と化し、
駐車場からホテルまでの移動ですら一苦労。

ホテルに無事着いたと思ったら、雷で停電(涙)。
外に出られないどころか、ネットはもちろんダメ、暗くて部屋で本を読む事すらままならない(涙・涙)。フロントで確認すると、「時々あるのよ〜。2〜3時間で回復すると思うわよ。大丈夫、明日までには何とかなるから。」って、何とかなってくれないと悲しすぎます(笑)。

結果、2時間程で電気は回復。
翌日の午前は少しだけですが晴れ間も覗いたので、ヨシとしてます。
[PR]

by igiea | 2012-11-02 04:42 | | Trackback | Comments(0)