ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:読者ツアー( 3 )


2014年 02月 05日

「京都早起き案内」読者ツアー 1日目その③

お座敷に足を踏み入れてこちらの花を目にした瞬間、
さわっと心の中に風が吹いたような感覚にとらわれました。
f0122053_15165470.jpg


「結界」
節分の日に、麻生さんがどのような思いを込めて花を選び、ととのえてくださったのか。
こんな風にもてなしていただいて、本当に幸せ者です。

水仙。すくっと立ち並ぶ水の仙人たち。
冬から春へ。
京都からロンドンへ。
過去から未来へ。

行きつ、戻りつしながらも、確実に流れていくものがあり、
それぞれが独立しながらも、全体として繋がっているところがあり・・・。

この花の周りを、自由に行き来するマヤちゃん&ロッタちゃん。
これがまた象徴的で!

忘れられない光景です。

花器はオットさまの手作りだとか。あー、もう、ため息。
[PR]

by igiea | 2014-02-05 15:17 | 読者ツアー | Trackback | Comments(6)
2014年 02月 05日

「京都早起き案内」読者ツアー 1日目 その②

「京都早起き案内」読者ツアー1日目。
町家を実際に拝見できることと並んで、いやある意味それ以上に楽しみだったのが、
ロッタ姫、まや姫との握手会。
といってもそこは猫、運が悪ければ姿を拝めないかも・・・、と過剰に期待しないよう自分に言い聞かせていたのですが、杞憂でした!
想像していたより一回り華奢で、まさに姫&妖精。ロッタちゃんは一人ずつにスリスリとご挨拶してくれるし、マヤちゃんはピアノを奏でてくれるというサービスまで(笑)。もう参加者全員メロメロでした。

予備を忘れたため(これを痛恨の極みと言わずして何と言おう)、残りわずかとなったカメラのバッテリーは猫の撮影を優先することに。
まやちゃんは撮影にちょうどいい距離をキープしてくれて、もう、プロのモデル並み。
f0122053_1226338.jpg

一方ロッタちゃんは、カメラを向けるとすぐ近くに来てくれ過ぎて、嬉しい反面、結局ちゃんと写真におさめる前にバッテリー終了。こんなのしか撮れず・・。
(でも、シルバーの毛色の美しいこと)
f0122053_12274283.jpg

まぁ、いいです。写真はアソさん撮影の素敵なものをブログで楽しめますものね。

これだけ大勢に囲まれでも、ちゃんと応対してくれたロッタちゃん&マヤちゃん。ありがとう
これならロンドンへのフライトもきっと大丈夫!
鴨川からテムズ川へ、華麗なる飛躍を応援してます。
[PR]

by igiea | 2014-02-05 12:28 | 読者ツアー | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 05日

「京都早起き案内」読者ツアー 1日目 その①


愛猫がもたらしてくれた幸運のおかげで参加が叶った「京都早起き案内」読者ツアー。
当日の様子を勢いに任せて更新しておりましたが、この辺りで少々落ち着いて振り返ってみたいと思います。
と言っても、バッテリー切れで肝心な部分の写真がなかったりするのですが・・・。

2月2日(日)曇 
この季節にしてはかなり暖かく、病み上がりの身体には嬉しい限り。
六波羅蜜寺に集合時間5分前に到着したところ、私が一番最後でした(汗)。
日本は10分前行動、訪問時間はきっちり守るのがマナーなのですね。ウィーンだと、お宅に訪問する場合はあえて少し(5〜10分くらい)遅れていく方がよかったりするので、そのあたりの感覚がまだちょっとズレているかも、と反省。

東北から九州まで、全国各地から集まった参加者総勢8名。既に麻生さんと面識のある方の案内で、憧れの町家・麻生邸に向かいます。

外門をくぐり、塀の脇を進みながらドキドキ・ワクワク。突き当たりを曲がると・・・。
f0122053_936627.jpg

辿り着く前からテンション、上がる上がる(笑)。
この先を折れたところが客用玄関となっておりまして、いよいよ!対面の瞬間が!!
麻生さん側の視点だと、こんな感じになるのですね。

More・・ 続く
[PR]

by igiea | 2014-02-05 09:48 | 読者ツアー | Trackback | Comments(2)