ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 31 )


2011年 09月 19日

くしゃみ、鼻水・・・

ここしばらく、どうも様子がおかしい。
ものすごいくしゃみに鼻水・・・・。風邪?思ったけれど、それに続く目のかゆみで確信。
アレルギーです。

今まで花粉症はもちろん、食べ物、ペット、化粧品etc、一切のアレルギーとは無縁の生活を送ってきた身としては、「とうとう来たか、この日が・・。」と感慨深く。

で、問題は一体何に対してのアレルギー反応なのか?ということ。
季節的に、特別疑わしいものは思い浮かばす、
「もしかして、猫アレルギー発症!?」との不安がよぎりましたが、どうやら違うようです。
医師の診断を受けていないので断定はできませんが、状況からいって、アレルゲンとなったのは、たぶんコーヒー生豆(笑)。イベントに備えて、連日コレに触れていたのが原因のようです。しまいには頭痛までしてきて、辛いのなんの(涙)。
とりあえず作業する時はマスク装着、豆を触った手で目をこすったりしないように気をつける、などして何とか凌いでおります。

焙煎してしまえば大丈夫なのが救いではありますが・・・。
でも、猫アレルギーよりはよかったかな。
f0122053_13371798.jpg

とんだ濡れ衣だったわねえ・・・。
[PR]

by igiea | 2011-09-19 13:26 | その他 | Trackback | Comments(6)
2011年 08月 29日

明日の朝には

2011年、夏の休暇。
ドロミテだけのつもりでしたが、出発前からずっと続く憂鬱なお天気&寒さのため予定を一部変更し、ちょっと暑そうな地域(トスカーナ)まで足をのばしてきました。
久しぶりのフィレンツェ、日没後のお散歩。
f0122053_3192086.jpg

夜が訪れる瞬間の、何という空の色。
f0122053_3224576.jpg

宿泊したホテルの屋上には小さなテラスがあり、こんな夜景を堪能できました。
f0122053_3244269.jpg

・・・、それはさておき、明日(8月29日)目が覚める頃には、新しい総理大臣が決まっている訳ですが・・。
何だかなあー。
[PR]

by igiea | 2011-08-29 03:27 | その他 | Trackback | Comments(4)
2011年 08月 13日

日本の8月

f0122053_18194154.jpg

迎え盆ですね。
振り返ってみれば、お盆に合わせて帰省できたのはこの8年でわずか1回という不義理ぶりで、ご先祖様には申し訳なく。
ある程度定期的に、見通しをもって一時帰国できるのが理想ですが、なかなかそうもいきません。
どの時期を優先して帰国計画を立てるか?は諸事情あって悩ましいところですが、強いて挙げるなら年末年始、できれば日本でお正月を祝いたい、と以前は考えていました。

それが少し改まったのは、一昨年の8月に帰省した経験から。

日本の8月、確かに暑いです。単純に過ごしやすさだけで比べるなら、間違いなくヨーロッパにいた方が快適です。でも、蝉の鳴き声や、どこぞやのテレビから流れてくる甲子園球場のサイレンの音を耳にしながら、8月6日、9日、迎え盆に続いて15日、そして送り盆・・・といった日を過ごしていると、「ああ、これでこそ“本当の夏“」、という実感がわいてきました。その感覚は、これまた久しぶりに食した宇治金時かき氷の美味しい感動とともに、鮮烈に残っています。

というわけで、来年の夏は日本かな・・・。
鬼に笑われそうですが。
[PR]

by igiea | 2011-08-13 18:12 | その他 | Trackback | Comments(4)
2011年 07月 12日

2つのワールドカップ

f0122053_0405569.jpg

第4回アメリカンフットボールのワールドカップ、オーストリア大会が開幕。
アメリカ、カナダ、メキシコ、フランス、ドイツ、オーストリア、オーストラリア、そして日本の8カ国による、頂点を目指した熱い戦いが続きます。
先週末、予選リーグ会場のグラーツまで、日本チームの応援に出かけました。
初戦は、開催国オーストリアと。絶対に負けられない相手でしたが・・・。
f0122053_0413744.jpg

第1クォーターではなかなか流れをつかめず先取点を許してしまったものの、その後順調にタッチダウンを重ね、手堅く勝利をおさめました。
続くフランス戦、カナダ戦を勝ち抜いて、週末にウィーンで行われる決勝戦まで駒を進めて欲しいところ!

アメフト観戦はこれが初めてでしたが、随所にアメリカ的要素が垣間見えて面白かったです。(チアガールとか、やたら目立つポップコーン売り場とか 笑)
遠目に見た審判団の入場シーンからメジャーリーグが想起されたのが不思議で、よ〜く観察してみると、彼らのユニフォームはいわゆる野球帽にソックス姿だったので、そういうことかと納得してみたり。

ここで素朴な疑問 アメリカンフットボールって、ドイツ語では何て言うの??
答え American Football (アメリカンフットボール) そのままです。
f0122053_0501413.jpg


スタジアムに足を運んだのは久しぶりでしたが、スポーツ観戦は楽しい♪


ワールドカップと言えば、お隣ドイツで行われている女子サッカー、
なでしこジャパンの躍進からも目が離せません!
強豪ドイツを倒してベスト4入りとは!快哉!!
決勝ゴールを決めた丸山選手の「日本のために頑張りました」というまっすぐなコメントに、グッときました。

震災直後、スポーツ選手たちの「自分は一体何をしているのだろう?」「スポーツなんてやっている場合なのか?」といった類の発言が報道されたことがありました。この言葉を自分自身に置き換え、同じ疑問を抱いていた人も多かったと思います。
震災から今日でちょうど4ヶ月。状況が好転したとはなかなか言えない中、彼・彼女らの戦う姿をみて、明るく強い気持ちになれた人がどれだけいることでしょう。

「頑張れ、ニッポン!!」と叫んだら、少し元気になった。
そんな週末でした。
[PR]

by igiea | 2011-07-12 00:35 | その他 | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 29日

ありがとうございました!

f0122053_16232376.jpg



先週末、デュッセルドルフで開催したチャリティーコーヒーセミナー。

連休中日、他にも行事が目白押し、当日はあいにくの大雨、という状況であったにも関わらず、本当にたくさんの方にお越しいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
あれも紹介したい、これもお伝えしたい!ということで少々詰め込み過ぎの感もありましたが、お楽しみいただけましたなら幸いです。コーヒーの香りに包まれながら、みなさまと過ごした楽しいひと時は、私自身にとっても幸せな記憶として胸に残っています。
そして、今回初めてご紹介したローズ風味のメランジェ。ご好評いただきましてホッとしてます。何ともベタですが「Winer Rose/ウィーンのバラ」と命名することにしました。
素敵な空間(写真が1枚もないのが本当に残念です!当日撮影された方がいらっしゃいましたら、是非ご一報を・・・。)を提供して下さったCafe Rika さん、企画&調整から後片付けまで精力的にご尽力下さったYamamotoさんにも、この場を借りて改めてお礼申し上げます。
また、今回の収益135ユーロを、福島県災害対策本部宛に義援金として送金しましたことも、合わせてご報告いたします。

自分が何かをしているのではなく、「させていただいている」、「機会を与えていただいている」のだと、こういうイベントを行うたびにつくづく思います。

本当にありがとうございました!
[PR]

by igiea | 2011-06-29 16:23 | その他 | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 08日

「食べる」ということ

f0122053_20201657.jpg

農家直送のアグレッティ。
軽く塩茹でしたものを、スパゲッティ・ペペロンチーノに加えてみました。
シャキシャキとした歯ごたえ、驚くほど美味しくて、感激!
美味しい野菜を堪能できる幸せに浸りたいところですが・・・。
一方で、気になる状況が続いています。

More・・・ 続き 
[PR]

by igiea | 2011-06-08 18:51 | その他 | Trackback | Comments(4)
2011年 03月 19日

みなとみらいホールでチャリティーコンサート

f0122053_22221389.jpg

「自称世界一有名なパイプオルガン(毎年ニューイヤーコンサートで世界中に中継されるから。ただし外観のみ。はたしてその音色は?)」とウィーンが誇る、楽友協会大ホールのオルガンは、現在大々的なメンテナンス作業中で、この春生まれ変わる予定。4月にお披露目コンサートが開かれます。

パイプオルガンの圧倒的な音の響きに包まれると、とても敬虔な気持ちになるのは何故でしょうか。

北イタリアにお住まいのオルガニスト、吉田愛さんのブログで、
みなとみらいホールで開かれるオルガンのチャリティーコンサートが紹介されていたので、コチラにリンクしておきます。
[PR]

by igiea | 2011-03-19 22:25 | その他 | Trackback | Comments(3)
2011年 03月 18日

今、できること

f0122053_17131498.jpg

予定していたイベントを急遽チャリティーに変更し、参加して下さったみなさまと義援金を送金しました。
動くこと。人と集い、語ること。
そうする中で力が生まれることを実感しました。

一見、関係ないように見えても、本当は深いところで繋がっているのが、世界。
今、できることをするのみ。

海外から募金する方法は色々ありますが、各国の日本大使館・総領事館でも義援金用口座を設けています。まとめて日本赤十字社宛に送金されるとのことなので、昨日はそちらに手続きをお願いしました。
[PR]

by igiea | 2011-03-18 17:15 | その他 | Trackback | Comments(2)
2011年 03月 17日

海外でNHKを視聴する場合に 追記あり

とにかく今、できるだけ正確な情報が欲しいと思います。
こちらのリンクから地震関連のNHKニュースを見ることができます。シンプルで見やすいです。
災害時の緊急処置として、ネットで日本のニュースを視聴できるというのは心強いです。
そうでなかったら、この何倍も不安なことでしょう。

福島第一原発に関して、
緊迫した状況であることは明確で、「万が一」に備える必要があるのではないか。
強い危機感を抱いています。
本当に難しいことですが、悲観も楽観もせず、正当に備えておくこと。
モノではなく、心の準備が重要であることを、忘れないようにしなければ。

コチラで引用されている、ジム・スミス博士(Dr Jim Smith、英国・ポートスミス大学、地球環境科学研究科、環境物理准教授)のコメント(3月15日現在のもの)、読み返しました。

「現時点で一番のリスクは、市民が原発事故に対してパニック状態に陥ることだと思います。放射線のリスクに集中することは重要ですが、事故によるストレスやパニックが、被ばくと同程度、もしくはそれ以上に人々に悪影響を与えるということが過去の経験から明らかになっています。チェルノブイリ事故の後でさえ、発電所のすぐ近辺に住んでいた人たちをのぞくと、集団レベルでは健康に深刻な悪影響はありましたが、個人へのリスクは極めて低いものでした。ですから、たとえチェルノブイリ事故と同規模の炉心溶融が起こっても、発電所のごく近辺を除く地域に住む人々への影響は小さいだろうと考えられます。」
[PR]

by igiea | 2011-03-17 15:30 | その他 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 14日

祈るだけでなく

f0122053_618852.jpg

「頑張る」。
これほどドイツ語(おそらく英語をはじめ、他の言語でも同様と思う)に訳しにくい言葉はない。
そのときの状況、文脈により色々な表現をあてるのだけれど、この言葉が本来持っているニュアンス全てをきちんと伝えることは、なかなかできない。
「頑張れ!」「頑張ろう!」
ありふれているけれど、日本人にとって、特別な意味を持つ不思議な言葉。
つぶやくと、少し元気になれる言葉。
祈るだけでなく、行動していきたい。

友人のサイトで紹介されていたコチラを読んで、前向きに泣けました。

「頑張って」と言う時の気持ち、それは限りなく祈りに近く、世界は空でつながっている。

追記 東京大学理学系研究科・早野教授らが、原発についてツイッター上で寄せられた質問に対し回答した内容をまとめ、コチラで情報提供しています。
[PR]

by igiea | 2011-03-14 05:50 | その他 | Trackback | Comments(2)