2014年 01月 30日

クラウディオ・アバド氏を悼む

インフルエンザで臥せっている時に届いた、クラウディオ・アバド氏の訃報。

ベルリン在住時、何度となく通ったフィルハーモニー。
演奏会後、楽屋にお邪魔してサインをいただいたこともありました。
アバド氏は思っていたよりもずっと気さくに応じて下さったのに、緊張してしまってあまり話せなかったのも、今となってはいい思い出です。

体力が回復するまで家に籠っていたので、ひたすらyou tubeを見て過ごし、
そんなこんなで見つけた、ベルリンフィルとのリハーサル映像。
ちょうど住んでいた時期のものなので、アバド氏の雰囲気も、オケの音も、記憶にある通りで、何だかすごく懐かしくて、胸に迫ってきました。
(それにしても、こんなのが簡単に見つけられるのは有り難いというしかありません。)



第9も素晴らしかった・・・。



一つの時代が過ぎ去ってしまったという気がします。

ベルリンフィルの常任指揮者は2002年にアバドからラトルへ引き継がれて現在に至る訳ですが、2018年の任期終了後、延長せず退任の見込みと伝えられてます。
となると、次は誰??ということで、既に色々な憶測が飛び交っていますが、私はこの人なんじゃないかな〜、と。根拠はないです。ただ、そうなったら面白いかなと。ご覧下さい、ローマ法王の御前でこのはじけっぷり。
9月にウィーンフィルと来日するのですが、演目が楽しみです。


[PR]

by igiea | 2014-01-30 23:09 | その他 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/21350511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みきたろう at 2014-02-01 00:27 x
クラウディオアバドさんの演奏はラジオとかでしか知らなかったので
こうして映像で見たのは初めてでした 
igieaさんは身近で聞いておられたのですね

グスターボ・ドゥダメル氏!!!
面白い〜9月に来日されるんですね
こちらまで力が入って笑えてしまいました^^
天才指揮者ですね 知りませんでした〜
Commented by igiea at 2014-02-01 01:25
みきたろうさま
多分、生で一番たくさん聴いているのが、アバド氏だと思います。
ベルリンフィルも、20マルク(1500円くらい)でそこそこの席が確保できたのですよ。いい時代でした・・・。
ドゥダメル氏については、またおいおい(笑)。語ると長くなりそうですので。
Commented by M at 2014-02-01 11:59 x
思い出深い、いつも聴いていたアドバ氏の訃報は、残念でしたね。
お会いした事もあるなら、かなり、ショックでしたでしょう。
Commented by igiea at 2014-02-02 22:19
Mさま
一度、大病を患われたあとも、活躍されていらしたので、まだまだ聴く機会があると思っていたので・・・。できることなら、もう一度、聴きたかったです。


<< 私は留守番      イル・プルー・シュル・ラ・セー... >>