ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 29日

それでも人生に然りと言う 

f0122053_16413730.jpg

ウィーン生まれの精神科医ヴィクトール・エミール・フランクルは、「ユダヤ人である」というだけの理由で強制収容所送りとなり、過酷な生活を強いられる。辛くも生き延びた彼は、極限状態に置かれた人間の精神はどのように変化し、どのような行動をとるようになるのか、何に絶望し、何に希望を見出したか、を綴った「強制収容所におけるある心理学者の体験(原題)」を世に出す。日本では「夜と霧」の邦題で知られているが、ドイツ語では次のような副題が添えられている。

...trotzdem Ja zum Leben sagen
 (・・・それでも人生に然りといわん)

「Ja」というのは英語の「Yes」に当たる言葉だが、これを訳すのが存外に難しく、ならばいっそ、
(・・・ それでも人生に「イエス」と言おう)
としてしまった方が分かりやすいかもしれない。

私が「夜と霧」を初めて手にしたのは、18歳くらいだったか・・・。
そこに描写されている世界は、目の前の自分の生活とはあまりにかけ離れていて、
どこか遠いところ、遠い遠い過去の出来事であるかのように感じていた。
何の事はない、フランクル氏はそのときまだご存命だったのだ、このウィーンの街で。

f0122053_16435317.jpg

今回、博物館の職員であり、唯一の外国人ガイド(アウシュビッツ強制・絶滅収容所博物館では、その性質上、外国語が堪能なポーランド人がガイドを務めるのを原則としているため)である中谷剛さんの案内により見学できたことはとても幸運であった。近年、イスラエルから訪れる若いユダヤ人も増えているという。
「イスラエルからの方は、ああやって、国旗を背負っていらっしゃいます。一体どんな思いでここに立っているのか・・・。」
[PR]

by igiea | 2013-05-29 16:35 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/19628030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-05-29 17:58 x
アウシュビッツで色々考えた事でしょうね。
ユダヤの事は一言で語り尽くせないですね。
ほんと、国旗を背負ってここに立つ意味とは…と考えてしまいました。
Commented by igiea at 2013-05-29 18:11
Mさま
イスラエルの現状を思うと、本当に複雑な思いです。
ここを訪れた人々には、絶望するのではなく希望を見出して欲しい、そんなメッセージをガイドの中谷さんより感じました。
国旗を背負う若者達にも、どうか希望を!と願います。
Commented by futari-to-nihiki at 2013-05-29 20:53
↓の記事も、今回の記事も、
ガツンと心に響いて、何度も読み返しながら
なかなかコメントを入れられずにいました。
igieaさんの知識と、深い洞察力、表現力に
圧倒されるばかりで・・・
ヨーロッパに住んでいると、ナチスドイツのあの狂った時代が
日本で”知識”として触れることしかできない私たちとは
今なおまた違った生々しさを持っているのでしょうね。
国旗を背負うイスラエルの若者たち・・・
感銘を受けました。
(引っ張った割に、やっぱり薄っぺらなコメントですみません~)
Commented by igiea at 2013-05-30 23:09
futari-to-nihikiさま
私もアウシュビッツに関しては、何をどんな風にここに書こうか(スルーする、という選択もありますしね)、普段より少しだけ慎重に考えました。
コメントありがとうございます。日本からだと、訪ねるのもかなり大変なところですし、こうして感想を共有できて嬉しいです。




<< 猫は絶望しない      ここに人はポプラを植えるのか >>