ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 22日

ここに人はポプラを植えるのか

f0122053_166557.jpg

5月13日の記事で紹介した写真は、
アウシュビッツ=ビルケナウ ナチス・ドイツの強制・絶滅収容所のものです。

立ち並ぶレンガ造りの建物と、ポプラの木。
周りをとり囲む有刺鉄線(当時はここに高圧電流が流されていた)がなければ、
よもやここが、あの惨劇の現場だとは到底思えない、静けさ。

ここを初めて訪れた18年前、施設の中を吹き抜ける5月の風に、どこか、のどかさすら漂うように感じられてしまうことが、とにかく衝撃だった。

もとはポーランド軍の兵舎であったものを、強制・絶滅収容所として転用し、
何百万人もの命が、何の理由もなく理不尽に消されていった場所。

建物自体が整然としていて、一種の美しさすらをも備えていることは理解できる。
もともと、強制収容所として建てられたのではないのだから。
だが、収容所となった後もここにポプラの木を植え続けていたという事実が(実際の植樹は、収容されていた人々の労働力によってなされている)、私には何よりも恐ろしく思える。

時の為政者側の頭の中に、ガス室まで設けて大量殺戮を行うことと、樹木を植えて施設の美観を保つことが、矛盾なくおさまっていたということが。

f0122053_168728.jpg


※第2次世界大戦から数十年を経て、建物の高さより大きく成長していたポプラの木々は、訳あって数年前に若木に植え替えられました。結果、現在の風景は1940年〜45年当時の雰囲気に、より近いものとなっているのだそうです。
[PR]

by igiea | 2013-05-22 16:11 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/19513249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-05-22 17:02 x
最初のレンガと緑が奇麗な場所が、何と!アウシュビッツ強制収容所だったのですね。
ポプラ並木の私のイメージはどうも北海道大学のキャンパスなんですよね。
こんな理由のポプラ並木もあるのですね。
18年ぶりのアウシュビッツで考えたことでしょうね。
Commented by igiea at 2013-05-22 18:05
Mさま
同じく私も「大学のキャンパスみたい」だと感じました。
実際に行った事がないのですが、写真等で見る北海道大学のイメージと何となくダブるというか・・・。
現在の様子と、過去に起きたことのギャップに、戸惑うばかりでした。
Commented by doitsuwine at 2013-05-22 21:26
私も数年前にここを訪れました。

一度は見ておかないと、と思って。

朝、一番乗りで入って、ゆっくり見て廻りました。

でもポプラのことは今日まで知りませんでした。

いい勉強になりました。

ウィーンには8月6、7両日に行きます。

モーツアルトトルテだけをひたすら目指して。
Commented by igiea at 2013-05-22 23:14
doitsuwineさま
欧州で暮らし始めて、最初の旅で訪ねたのがここでした。
あれから18年、何か良い方向に向かっているのもがあるだろうか?と自問してしまいます。
8月の初旬、私の予定がまだはっきりしないのですが、カフェなどでご一緒できるといいですね。
Commented by okusero at 2013-05-27 19:59
強制のあとに絶滅という言葉が付いてるとは知りませんでした、確かにそれが目的でしたね 
何故かがらんと空虚で寂しいのは、人影がないからだけではない、ということでしょうか
ポプラの木にそんな意味があったのですね
Commented by igiea at 2013-05-28 22:21
okuseroさま
私も今回初めて知ったのですが、強制収容所と、絶滅収容所(もしくは強制・絶滅収容所と併記する)という区分けは、はっきりされていたようです。フランクル著「夜と霧」を読み直してますが、彼が生存できたのも、収容先が「強制収容所」であったことが大きかったようです。


<< それでも人生に然りと言う       森の中のホテルにて >>