ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 26日

ウィーン カフェの魅力 その4

f0122053_20465253.jpg

何だか手前味噌で恐縮ですが・・・。

ウィーンにて、「カフェハウス文化」なるものに触れて(かぶれて?)以来、
他国に出かけた際には、以前にも増してちょこちょことカフェを覗いて歩くようになりました。
在住者として足繁く通うのと、旅行者として一度訪ねるのとでは、視点も印象も自ずと異なってしまうのは致し方なく、したがって評価も公平性に欠くことは十分承知していますが、
それらの要素を差し引いても、ウィーンのカフェハウスは魅力あるところだなぁ、とあらためて思うのです。

もちろん旧市街のカフェハウスですと、季節や時間帯によっては観光客でいっぱいとなり、ゆっくり寛げない場合もままありますが、東京は言うに及ばす、ロンドンやパリといった大都市の混み具合と比べたら、十分許容範囲内。

・一人でふらりとやって来て、静かにゆっくり過ごす地元のお客さんが絶えないこと。
・ごく普通の、気取らない家庭料理が楽しめること。

特にこの二点を、ウィーンのカフェハウスの特長として再評価している今日この頃です。

f0122053_20495035.jpg

今が旬のベアラオホ(チャイブに似た香草)のソースをたっぷり添えた、仔牛肉のソテー

Cafe Griensteidl
Michaelerplatz 2
[PR]

by igiea | 2013-04-26 20:50 | カフェ | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/19285829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Marie at 2013-04-26 22:23 x
こんばんは。その後お加減はいかがでしょうか?

Cafe Griensteidlは私がウィーンで初めて入ったカフェで、その後もウィーンを訪れるたびに寄っています。コーヒーはもちろん、お料理もとても美味しいですね。
ウィーンのカフェの魅力は、あの独特な時間の流れにあるような気がします。観光客の私は、いつも緊張でドキドキしながらカフェの扉を開けるのですが(笑)、ゆったりと椅子やソファに身を預けていると、「なんでもない時間」を過ごす贅沢さに浸ってしまいます。
来月、またウィーンに行けるので今からカフェに行くのが楽しみで仕方ありません!
こちらのブログで知ったパルメンハウスの朝食を、今回はぜひ頂いてこようと思います。
Commented by ダージリン at 2013-04-27 00:46 x
はじめまして、
オーストリアが好きなのと写真や文章の雰囲気が好きでよく見てます。今ベルリンに滞在してるんですが、来週ウイーンに行きます。初オーストリア初ウイーンなのでとっても楽しみです。観光もしますが、素敵なカフェでのんびりとしたいなとも思ってます
Commented by M at 2013-04-27 06:49 x
こう言ったカフェの独りの雰囲気が私も好きですが、最近のパリでは余り見られなくなった光景ですね。
スターバックスがパリにでてきたりしたもんですからね。
スターバックスを見るとカフェ好きとしてはがっくりきます。
街並の景観も気になりますよね。がっくりです!
香草ソースの仔牛肉のソテー美味しいでしょうね。
仔牛肉大好きです。
Commented by doitsuwine at 2013-04-27 20:50
ウィーンのカフェ文化を余所と比較するのはウィーンに失礼かもしれませんね。
これはもう貫禄の違いです。
でも、正直にいいますと、食事の方はどうしてもドイツ文化圏の域を抜け出せない・・・・・・
ドイツ料理はイギリス料理と並んでレベルの低さでは双璧('_')
まずは視覚からダメですね。
「料理」と呼べるレベルに達していないと思われ。
それはやはり気候・地理条件が悪いためですね。
失敬、失敬、どうも私感がすぐに出てしまっていけません。
がんばれ、ウィーン!!
Commented by みきたろう at 2013-04-27 23:39 x
この雰囲気 いいですね〜
そしてこんなに美味しそうなものが…
素敵ですね
みなさん ゆっくりすごす時間は
どれくらいでしょう
Commented by 加代子 at 2013-04-28 16:19 x
ウィーンはカフェ文化?が根付いているようで良いですねェ。
ウィーンは新婚旅行で行ったきり。また行きたいです。
北欧もコーヒーが思ったより美味しい国ですが
ここオスロに関する限り カフェで手軽に料理など楽しめません。
なんせ 外食が高い!
Commented by igiea at 2013-04-29 16:49
Marieさま
ご心配ありがとうございます。すっかり元気になりました。
パルメンハウスは、ゼンメルが美味しいのでぜひ!
カフェハウスで「何でもない時間」を過ごすことが、一番ウィーンを感じられるかもしれませんね。
いつ頃お越しですか?5月なら、カフェ・セントラルのホワイトアスパラもオススメです。
Commented by igiea at 2013-04-29 16:55
ダージリンさま
こちらこそ、コメントありがとうございます。
ウィーンにいらっしゃるのですね。街路樹が一斉に芽吹き、マロニエの花も咲き始めて、とても奇麗ですよ。
よい滞在となりますように。
Commented by igiea at 2013-04-29 17:02
Mさま
スターバックスはウィーンでも確実に店舗が増えてます。今後は状況が変わっていくのかもしれませんが、今のところ、老舗カフェハウスののんびりした雰囲気は何とか守られているのが救いです。
仔牛肉の香草ソース、シンプルですが美味しかったです。家でも早速真似しちゃいました。
Commented by igiea at 2013-04-29 17:14
doitswineさま
なるほど、「貫禄の違い」、とは的を得た表現ですね。
確かにあの落ち着いた雰囲気は、一朝一夕で出せるものではないと思います。
料理については厳しいご意見ですが(笑)、素材の良さがある程度カバーしてくれてるので、結構この状況でも満足してます。
保守的すぎる面はあるかもしれませんが・・・。

Commented by igiea at 2013-04-29 17:22
みきたろうさま
この雰囲気にどっぷり浸って、思う存分長居できるのは、とても贅沢なことですよね。
のんびり過ごす方は、ごく普通に2〜3時間はいると思います。本当に、好きなだけ過ごして大丈夫という懐の深さは素晴らしいです。混み具合もほどほどで、心置きなくのんびりできる環境に感謝です。

Commented by igiea at 2013-04-29 17:28
加代子さま
北欧は、コーヒー好きにとって今憧れのエリアなのですが、物価の高さを忘れていました。気軽に料理を楽しめる、という感覚ではないのですね。
一度オスロを訪ねて、カフェの雰囲気の違いを体験してみたいです。
Commented at 2013-04-30 01:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by igiea at 2013-04-30 21:02
鍵コメさま

ありがとうございます♪
そちらのブログの方へコメントさせていただきますね。
猫共々、引き続きよろしくお願いします。
Commented at 2013-05-01 21:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by igiea at 2013-05-03 17:01
鍵コメさま
楽しみにしてます♪


<< Bärlauch 春の訪れを告げる味      猫頼み >>