ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 01日

ベルリン雑感 ④

私が暮らしていた、90年代半ばのベルリンといえば・・・。

ドイツ統一から数年、ちょうど首都をボンから移す決定がなされた時期。再生に向けて動き始めたベルリンという街で暮らすこと自体がちょっとした冒険のようだった。

東西に分断されていた道路や地下鉄の復元、新しい国会議事堂や鉄道の中央駅の建設、ベルリン全体が欧州最大の工事現場と揶揄されたていたがまさにその通りで、アウトバーンなど旧東時代にメンテナンスが不十分だったインフラの再整備も含め、至る所で工事、工事、工事!

社会のソフト面でも色々な変化があり、例えば公共交通機関の料金に、旧東ドイツ市民用の割引カテゴリーがあったのだが、そういったシステムはやがて消えた。

目に見えて変化するものがある一方で、蓋を開けてみたら存外に大きかったというのが率直なところの、東と西の間に横たわる溝の問題、特に東西両市民の心理的距離が容易には縮まらないことに、人々が当惑し始めた時期でもあった。
ある日、主人(※日本人です)が東ドイツ出身の同僚と一緒に昼食をとっていると、「彼ら(旧西出身のドイツ人同僚のこと)は、我々と一緒に食事をしてくれないんだ・・・。」とさめざめと泣かれたという話を聞いたときのやるせなさは、今でもよく覚えている。

わずか2年ほどの滞在で経験できたことなど限られているのだが、あの時期に受けた影響は意外と大きかったのだな、と今になって思ったりする次第。
f0122053_1693522.jpg

f0122053_16192275.jpg

ところで、最近のガイドブックでは旧東のプレンツラウアー・ベルク地区が、若者にも人気のおしゃれスポットと紹介されているので、はてさてどんなものかと出かけてみて、シンプルに驚いた。
雰囲気抜群のカフェや雑貨・食材店が点在していて、以前は取り立てて話題に上ることもない地区だったのになぁ、とその変貌ぶりにただ隔世の感あるのみ。

f0122053_16111428.jpg

f0122053_1610211.jpg


「Goldhahn und Sampson」
ワインと世界各国の食材、料理本がこんな風に揃っていて、カフェも併設。
写真にはありませんが、奥にはキッチンスタジオがあって、料理教室も開催とは、まさに理想的な空間。
こんなお店に、ここで出逢えるなんて・・・。
繰り返しますが、隔世の感あるのみ。
[PR]

by igiea | 2013-04-01 16:25 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/18980421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-04-01 16:46 x
ほぉigieaさんの旦那様は日本の方だったのですね。
勝手にドイツの方かウィーンの方と思ってました。
パンの売り方が昔ながらと言う感じでいいなぁ〜。
素敵なお店に行かれましたねぇ。羨ましい!
こんな空間ありそうでなかなかありませんよねぇ。
Commented by 加代子 at 2013-04-01 17:22 x
ベルリンは主人のお供で短期間行ったことがありますが
色々な所があるのですね。
ベルリンは物価も安くて 見所も沢山あって
また行きたい所です。
Commented by doitsuwine at 2013-04-01 20:51
そうですか、どおりでベルリンにお詳しいと思ったら・・・。私も1990年代からドイツに行っていますが、当時は旧西ドイツ方面だけだったので、東独の方の様子はわかりません。

しかし、ドレスデンの教会に代表されるように、ドイツの復興・復元に関する技術とパワーはすごいと思いますよ。

ベルリンのソニーセンター広場なんか、この目の前に壁があったなんて信じられませんしね。

ウンターデンリンデンだって見事に復興されました。

日本が見習わなければならないことがたくさんありますね。
Commented by igiea at 2013-04-02 20:10
Mさま
ありそうでなかなかない空間、まさにそんな感じのお店でした♪
近所にあったら、どんなにいいかと思います。
時々言われるのですが、主人はコテコテの日本人です(笑)。でも海外生活が長いので、ちょっと感覚がズレてるかもしれません。私も同様ですが。
Commented by igiea at 2013-04-02 20:12
加代子さま
ベルリンは、物価が安いので観光しやすい街でもありますよね。
今回滞在したホテルも、パリやロンドンではあり得ないお手頃価格でしたし、買い物も穴場だという気がします。蚤の市なんかも、掘り出し物が多くてオススメです!
Commented by igiea at 2013-04-02 20:16
doitsuwineさま
ドレスデンの聖母教会で、再建のため瓦礫に全て番号をつけている作業を見学したことがあります。それから約10年後、見事に再建されたというニュースに、「さすがドイツ」と思ったものです。つくづく、筋を通す国だなぁ、と思います。
Commented by みきたろう at 2013-04-03 13:11 x
ちょうど変わりはじめたベルリンに住んでおられたんですね
こちらではあまり情報がなく それは大変なことだろうなとは
思っていました ベルリンの壁はあるものだと 当たり前だと
思っていたから 
中国に27年くらいまえ(高校時代)に行ったときは
皆人民服でしたから 時代は変わっておどろきます
Commented by igiea at 2013-04-03 19:26
みきたろうさま
中国も、ここ20年ほどで大きく変わった国の一つでしょうね。
ベルリンは、歴史が動いていることを実感させてくれる、とても興味深い都市だと思います。
時間が許せば、もっとじっくり見て歩きたかったです。
Commented by futari-to-nihiki at 2013-04-05 01:29
東西統一のあのシーンは繰り返し報道され
日本にいても感動的だったけど
それから数年は色んなことが現実となって
かなり厳しかったのですね。
同じ民族なのに、現実一緒になると
お互いに不利益なことも多かったとききます。
まさにその変動の時に立ち合われたんですね~!
↑こればっかりは日本に根付かなかったイースター。
欧州の方のブログには色々と紹介されてますが
休暇にまでなってるんですね~。それにしても
まだまだ春は先のようですね。日本は数日花冷えの
日が続きましたが、桜もこの週末で終わりそうですよ。
Commented by igiea at 2013-04-05 18:34
futari-to-nihikiさま
今日も小雪が舞うようなお天気ですが、気温は上がるようになってきたのでホッとしてます。
東西ドイツ統一から、もうすぐ25年。壁のあった時代を知らない世代が成人していることに、時の流れを感じます。


<< イースター休暇はカフェハウスで      凍える欧州  >>