ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 12日

London school of Coffee

f0122053_2261875.jpg

この時期にロンドンまで出かけたのは、いくつかコーヒー講座を受講するためでした。
まずはLondon School of Coffeeにて、カッピング基礎編。
カッピングというのは、コーヒーのテイスティングのことです。
コーヒーを正しく理解するために、味から品質を判断する能力は必須。
スキルアップのために、違った角度から再度勉強しようと思ってのことです。
「カッピング」、といっても実は色々な手法があり、地域や目的によってもやり方が違います。
例えば生産地で「不良品か、そうでないか」の選別が目的で行う場合と、国際的な品評会で「美味しさ」を競う場合とでは、手法や判断基準が違ったものになることは、何となく想像がつくのではないでしょうか。

さて、今回参加した講座は、SCAE(ヨーロッパスペシャルティコーヒー協会)が採用している方式がベースになっています。
ここで特に重点を置いているのが、「コーヒーの酸味」。
「酸味」といっても、いろいろな種類があるので、まずはそれを整理して正しく理解することからスタートしました。
具体的には、「柑橘系の酸味」「リンゴの酸味」「ブドウの酸味」「乳製品の酸味」の4種類を比較するために、実際にそれらの食材を味わって特徴を記憶する訳ですが・・・。
f0122053_2273194.jpg

まぁ、1回やって飛躍的にスキルが伸びる、というものでもないので、日々意識して訓練するのみ。
ひとつ課題がクリアーになったことが、大きな収穫でした。
[PR]

by igiea | 2013-03-12 17:33 | Kaffee・ 珈琲 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/18747232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-03-14 08:00 x
London School of Coffeeですかぁ。コーヒー学校、興味あります。
小さいカフェ・オ・レボウルみたいなのが可愛い器ですね。
4種の酸味を比較し、記憶するとは、なかなか難しいですね。
毎日、コーヒーやエスプレッソを淹れて飲んでも私は怪しいです。
Commented by みきたろう at 2013-03-14 22:04 x
酸味も色々!すごいですね!でもおもしろそう~
このカップが可愛くてほしくなりますね(o^^o)
日々勉強ですか、素晴らしいー
Commented by igiea at 2013-03-16 16:58
Mさま
カフェなどがが不定期に開催する講座は結構ありますが、「学校」として教えることに特化している所はあまりないので、やっぱり勉強になりました。
味覚はとてもパーソナルなものなので、改めて分析・批評するのは難しいですよね。まぁ、結局は自分がどう感じるか、が大切なのですが。
Commented by igiea at 2013-03-16 17:01
みきたろうさま
このカップはカッピング専用のものなんです。他の形でも代用できるのですが、やっぱり欲しくなりますよね。
次は買ってしまうかも?です。
Commented by doitsuwine at 2013-03-20 20:49
こんにちは。

ロンドンは紅茶の国なのに、コーヒー講座なんかがあるんですね。へぇーって感じです。日本のように豆の種類のこだわりはあるんでしょうか。
Commented by igiea at 2013-03-21 18:25
doitsueineさま
ここ10年くらいのことだと思うのですが、コーヒーに対する関心はかなり高くて、特に若者の間では人気のようです。ケニア産の豆などはすごくいいものを扱っていて、。すがは元宗主国と感心しました。
Commented by doitsuwine at 2013-03-22 13:44
ケニア産のコーヒーというと、昔の人間なので『愛と哀しみの果て』という映画を思い出します。観たことありますか?私はこの映画を観てケニアに行きたくなったのですが、未だに実現しません。カレンの家がまだ残っているというので見てみたい・・・。それとウゴングヒルにも上りたい・・・ムパタ・サファリ・クラブにも泊まりたい・・・これは一度行かなくては・・・と思う今日この頃です。

でもやっぱり日本のコーヒー豆のブランドへのこだわりは少し異常ですね。
Commented by igiea at 2013-03-23 17:56
doitsuwineさま
ケニア、私もいつか行ってみたい国の一つです。
コーヒーをきっかけに、いままであまり関心のなかった地域にも興味がわいてきました。
アフリカもそんな地域の一つです。


<< おいでやす      梅と桜は素通りできぬ >>