ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 05日

Ein perfektes Wochenende in London ロンドンの週末①

ロンドンにて、目一杯詰め込んだ週末を過ごしてきました。
f0122053_1953295.jpg

最初の夜は久しぶりにミュージカルを鑑賞。
選んだ演目は、映画化されて周囲でも結構話題になっている、「レ・ミゼラブル」。
日本では3ヶ月以上前に公開されてましたが、ウィーンでの封切りは2月21日(遅っ。)だったので、映画版はまだ観ていません。そもそもミュージカル版はもう15回くらい観ていて、セリフ(歌詞)も半分は諳んじることができるという、ほとんどマニアの域なのですが、いいものは何回観てもいい!
見終わった後、こんなに充実感がある舞台を私は他に知りません。
もし、生まれ変わって好きな人生を選べるならば、ミュージカル俳優になってアンジュルラス役を演りたい!とかねがね言ってるくらいです。(ちなみに原作では、登場人物中で彼が一番容姿端麗という設定になってます。これ以上カッコいい役はない。)

今回のキャストでは、子役のガブロッシュ(Jake Poolman)がよかった。
あと、ジャベール警部(Shaun Dalton)。有名なセーヌ川に身を投げるシーンで、彼の直面した葛藤と混乱(錯乱と言ったほうが妥当?)、後悔と絶望、自責の念に、初めて共感できたというか・・・。
信念の人であったジャベールが何故自殺したのか、今までずっと腑に落ちなかったことが、今回の舞台では理屈ではなくて感情としてスッと自然に伝わってきました。


ところで観劇の前、小腹が空いてたのですぐ近くのラーメン屋さんに立ち寄ったのですが、これがまた美味しかった。

ウィーンの定番コース、「国立オペラ座でオペラ鑑賞→カフェ・ザッハーで軽く一杯」とか、「楽友協会ホールでコンサート→ カフェ・インペリアルで食事」も優雅でよいのですが、ロンドンの「ミュージカル鑑賞+ラーメン」も、在欧州日本人にはたまらないコースです!

目一杯詰め込んだ週末は、まだ始まったばかり・・・。





エポニーヌの健気さは泣ける〜。
マリウスへの一途な思い、何の見返りも求めず彼のために尽くす姿、これぞ究極の愛!

・・・で、もしスザナがこういう愛し方をしていたのなら、色々許せたし納得もできたんだけどな〜、と思ってしまった姉です。
[PR]

by igiea | 2013-03-05 19:06 | | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/18721868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M at 2013-03-05 19:59 x
ロンドンへ行ってたんですねぇ。
レ・ミゼラブルをどうしても英語で聞く気になれなくて映画観てません。ミュージカルを鑑賞されたんですね。
素敵なロンドン旅だったようですね。
Commented by igiea at 2013-03-05 22:31
Mさま
映画版「レ・ミゼラブル」、それぞれに思い入れがあって、感想も色々みたいですね。私はまだ日本のキャストで観た事がないので、今年からの新しい演出バージョンを観てみたいな、と思ってます。
あ、その前にとりあえず、映画版を観に行く予定です♪
Commented by fumieve at 2013-03-06 04:55
私は映画版を見て、久々に舞台を観たくなってしまったクチです。私は舞台も1回しか観たことがありませんが、やはりとても好きなミュージカルなので思い入れが強すぎたせいか、映画は不満・・・。
あーロンドン、行きたいな〜(あっ、ウィーンもですが・・・)
そして最後の「ミュージカル鑑賞+ラーメン」にかなり惹かれてしまいました。悶絶・・・
Commented by tomo at 2013-03-06 08:24 x
igieaさま
私は小学校4年生の時担任の先生が下校時のほんの10分位に毎日読み聞かせてくれたのが レ・ミゼラブルとの出会いです。感動しましたねえ~~そして娘が 小学校5年生頃やはり  読み聞かせてあげました 思い入れのある作品です  ロンドンではキャッツで感動しましたが何にせよ 生は感動しますよね~
Commented by M at 2013-03-06 10:20 x
申し訳ないのですが、私の中では、ジャンバルジャンが英語を話しているのは、あり得ないのですよ。原作はフランス語ですからね。
フランス語そのままの台詞を聞きたいと思っちゃうんです。
Commented by igiea at 2013-03-06 18:02
fumieveさま
私は今日これから映画を観に行きます!
映画と舞台とは別、と思っていた方がいいみたいですね。あまり期待しすぎないようにします(笑)。
ロンドン、ラーメン屋さんが増えてるみたいです。劇場街のすぐ近くに何軒かあって充実してました。ミュージカル&ラーメン、黄金コースをぜひぜひ!
Commented by igiea at 2013-03-06 18:09
tomoさま
奇遇ですね。私も小学校4年生の時のクリスマスプレゼントが、「レ・ミゼラブル」(もちろん子供用に書き直したものですが)でした。中学・高校生になっても時々読み返しては、その度に号泣した思い出の一冊です。
映画やミュージカルも本当に素晴らしいですが、それも原作あってこそ。世代を超えて伝えられていく名作なんですね。
Commented by igiea at 2013-03-06 18:18
Mさま
沢山のひとが、いろんな思い入れを抱えていて・・・。
いかに「レ・ミゼラブル」という物語がすごいか、ということですね!!フランス語に疎いので、ニュアンスなどは分からないのですが、ユゴーの原作は響きも美しいのでしょうね。
考えてみれば、Les Miserables というタイトルがこれまた秀逸で、これは原語のままですね。
Commented by みきたろう at 2013-03-06 20:44 x
入ってますねー!15回も観てるのですか!
私は子供用のを呼んだとき警官が最後の方で自殺したところがショックでした、たしかこの物語だったと思うのですが、、すごく面白い考えさせられる話しだったなーと
是非ヨーロッパで(ざっくり)観たいな、と思いますね
見た目がやっぱりリアルに近いほうが、言葉が解ると
フランス語なのでしょうか
igieaさんのアンジュラス観たいな~(^-^)男前なんですね!
ロンドンでは日本食に厳しいらしいですね
日本人じゃないとみとめられないみたいな
みなさん味がわかるようになってきたから
美味しい日本食やさんも増えてきたのでしょうね
Commented by igiea at 2013-03-07 16:47
みきたろうさま
ミュージカルは色々観てますが、10回以上観ているのはこれだけです。色んな意味で私にとっては「別格」の作品です。原語はもちろん、演じる人によって雰囲気が変わるので、見比べるのは楽しいです。
ロンドンは本格的なラーメン屋さんが増えているみたいで、羨ましいす。
ウィーンでは、まだちょっと馴染みがないかな〜。
Commented by futari-to-nihiki at 2013-03-08 00:35
こんばんは!
もう20年も前ですが(^_^;)私もロンドンで見たんです、
レミゼ。
初めて海外で見たミュージカルでした。
思い立って見に行くことにしたので、
原作を知っているもの、と選んだのですが
ものすごく感動し、以来すっかりミュージカルファンに。
色んな舞台を見ましたが、いまだにロンドンで見た
エポニーヌのソロを越える感動には出会えていません。
映画見ましたよ。えっと、やっぱり、レミゼは舞台かな!
ロンドンは思い入れの深い街。
その2を楽しみにしています!
Commented by igiea at 2013-03-12 00:30
futari-to-nihikiさま
私も、20年程前にロンドンで見たのが最初です。
これだけ皆さんと思いを共有できるなんて、レミゼって、やっぱりすごい作品ですね。
まだまだ、ロングラン継続して欲しいです。


<< Ein perfektes W...      はっけよーい >>