ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 10日

Weihnachts Bäckerei クリスマス・クッキー

ウィーンで迎えた最初の冬のこと。
「クリスマスにはどんなお菓子を食べるの?」と周囲に尋ねると
「Weihnachts Bäckerrei! もちろん、クリスマス・クッキーよ♪」と笑顔で答えてくれるのですが、正直、パッとしないというか、何かもっとそれらしいお菓子を食べる習慣はないの?的な思いが交錯したものです。それが3年目にしてようやく、クリスマス・クッキーの持つニュアンスというか、意義が分かって来たような気がします。
この季節、お店でも沢山のクリスマス・クッキーが売られていますが、基本は手作り。
「家中にクッキーを焼く香りが漂う=クリスマスが近い」という確たる図式がある訳です。
f0122053_22504082.jpg

各家庭に伝わるレシピがあって、それを大切に守る一方、訪問先で出されたクッキーが美味しければ、作り方を教えてもらい、自分の十八番のレパートリーを増やしていくのが大きな楽しみなのだとか。お菓子作りが得意な人にとっては、腕の見せ所。何十種類ものクッキーを焼く強者も少なくないと聞いてはいましたが、先日クリスマス・クッキー作りのレッスンに参加して納得。
お菓子好きなオーストリア人と、粉とチョコレートにまみれての作業。多くの種類を作るのは大変でしたが、やはり「楽しい」のです。
出来上がったクッキーをこんな風に詰めていると、達成感もひとしお(笑)。
おせち料理を頑張る感覚に、通じるところがある?

次は一人で挑戦だ!と今は思ってます。
[PR]

by igiea | 2012-12-10 22:49 | お菓子 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/18247337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fumieve at 2012-12-10 23:04
へえ〜、ほんと、クリスマスの習慣て、お国それぞれなんですね。焼き菓子の焼ける甘い香りはなんともあたたかい、幸せな気持ちが、クリスマスの近づく楽しい気分が一緒なんですね。すてき。
Commented by M at 2012-12-11 08:31 x
うわぁ〜素敵なクッキー!どこぞのショコラティエのボンボンショコラの詰め合わせかと思いましたよ。igieaさんが作られたんですね!
美しい!目にも美味しいです。
ウイーンのクリマスクッキーなんか特別なんですね。
Commented by igiea at 2012-12-11 17:36
fumieveさま
ヨーロッパといってもそれぞれ。同じドイツ語圏でも色々違いがあって、やはり何年か過ごしてみないと実感できないこともありますね。
ウィーンのクリスマス、今年は雪が多いので大変ですが、美しいです!
Commented by igiea at 2012-12-11 17:38
Mさま
自分でアレコレ作ってみて、どうしてウィーンの人があんなにクッキーにこだわるのか、ちょっと分かったような気がしてます。
詰め合わせる作業はとても楽しく、次はもっと上手く作るぞ!と思うものなのですね、人間の心理として(笑)。
Commented by futari-to-nihiki at 2012-12-12 00:33
わー、すっごい!美しくて食べるのもったいないみたい(笑)
igieaさんのところをはじめ、海外在住の方のブログは
どこもクリスマスの話題でいっぱいで、
欧米では本当に大切な行事なんだなあと
感銘を受けています。
日本のクリスマスは何だかこどもとカップルの
ための行事で、やっぱりどこか輸入文化の
ような気がするの。クリスマスにはこれをするって
いう、お国独特の習慣、いいですね!
日本もお正月の文化くらいは守っていきたいものです☆
Commented by みきたろう at 2012-12-12 08:15 x
チョコみたいで美しいですね!
私は焼き菓子大好きで、京都でウィーンで習ったお菓子を売っておられるところのクッキーが好物です!クリスマスにはクリスマスクッキー、素朴で柔らかくて香辛料の香りがいいです
でもこのクッキーは最先端な感じがしますね
追求して技が磨かれた感じ(^.^)
美味しそう~
Commented by Marie at 2012-12-12 13:27 x
先日、無事にウィーン旅行から帰って参りました。
何か所もマルクトを巡り、カフェに行き、街歩きをして…と、一人旅ならではのウィーンを堪能できました!
ビアープンシュは残念ながら見つけられませんでした。お店の人に聞いてみたら、私の発音が悪くてベリープンシュが出てきました。これも美味しかったですが(笑)
でも農家風クラプフェンはしっかり食べました。とっても美味しくて、来年もリピート確実ですね。

まだまだウィーンはクリスマス一色なのですね。素敵なお写真やクリスマスの話題を拝見すると、今すぐウィーンに行きたい!と羨ましくなってしまいます。
Commented by Kazi at 2012-12-15 00:04 x
こんにちは。
ReiさんからIgieaさんのこちらを教えていただきました。
ウィーン大好きで、Igieaさんのブログ読みまくりです。
これからもちょこちょこ覗かせていただきますね。
今年の冬はウィーンにいけないので、自宅でGluhwein作って過ごします。
Commented by igiea at 2012-12-16 18:48
futari-to-nihikiさま
こちらだと、幼稚園の行事でもまず最初に宗教的な背景が語られていたりするので、日本とは全然違うなあ、と思います。
クリスマスはともかく、日本もお正月の伝統は大切にしていきたいですね。
Commented by igiea at 2012-12-16 18:50
みきたろうさま
香辛料が使われるのが、クリスマスクッキーの特徴なのですが、伝統的な焼き菓子やマジパンだけでなく、こんな風にチョコレートやマシュマロも一緒に作ると、味にも変化があって楽しいな、と思いました。次は自力で・・・、作れたら最高なのですが。
Commented by igiea at 2012-12-16 18:55
Marieさま
今年は例年より寒かったので、マルクト巡りは少し大変だったかと思いますが、いかがでしたか?
先日、カールスプラッツのマルクトにでかけたのですが、グリュービアー、今年はメニューから外されてしまったようで・・・。私もすごく残念です。来年は復活してほしい〜。
農家風クラプフェンは、他にももう1カ所、屋台があるのですが、カールスプラッツの方が美味しいです!
Commented by igiea at 2012-12-16 19:00
Kaziさま
はじめまして。
Reiさん、寒さに負けずウィーンを堪能していらっしゃいましたよ。その時の様子など、またご紹介しますね。
よろしくお願いします♪


<< シェーンブルン宮殿前のマルクト       マルクトに初登場! ソースたっ... >>