ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 22日

(知る限りですが)ウィーンで一番好きなモンブラン♡

季節のフルーツを使ったお菓子、とくにタルトが美味しいコンディトライSULKA。
ここのほっくり優しい味に仕上げられたモンブランは、季節限定のお楽しみ。
毎年、クリの収穫状況によって登場する時期が微妙に違う上に、数週間で終わってしまうので、うっかりしていると逃してしまう、貴重な秋の味です。
f0122053_20111554.jpg

私は、パリの某有名店より、こっちの方が好きです(家族は異議を唱えてますが)。
何と言うか、クリの素朴な風味を大切にした、いかにもウィーン人が好みそうな、優しい味わいで、食べていてホッとします。

クリのペースト+ホイップクリーム+メレンゲと構成は全く同じですが、パリのモンブランは、もっとお酒が効かせてあって、ペースト自体の味にパンチがあって、インパクトがあるのに比べると、SULKAのモンブランは、同じお菓子でも違う表情を見せてくれるなぁ、と思います。
f0122053_20122174.jpg

と書いていて、何気にパリのモンブランも食べたくなったりして(笑)。
あの濃ゆ〜い味わいも、それはそれでクセになりますからねぇ・・・。
[PR]

by igiea | 2012-10-22 20:12 | お菓子 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/18089651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ドイツワイン at 2012-10-22 21:27 x
おいしそうですねー(^o^) 私はモンブラン大好きです。栗の自然の甘みで勝負するコンディトライの方が信用できますね。ところでドイツ語圏でもこのケーキはモンブランって言うんですか? 先日、以前に書かれたモンブランの記事にも投稿させていただいたんですが・・・。
Commented by みきたろう at 2012-10-22 23:07 x
栗のお菓子はみなさんこだわりがあるように
思いますね
この時期に京都の和菓子屋さんには栗餅がならびますが
栗の扱いが色々で お味も微妙にちがいます
モンブランはフランスのは栗の種類が違うのかなというくらい
違う味ですよね ほっくり感は日本の栗にあるように思います
このモンブラン美味しそう〜
Commented by igiea at 2012-10-24 19:01
ドイツワインさま
そうですね〜、ドイツ語圏でも、お店によって呼び方も違うみたいです。Sulkaは名前を表示していないので、今度行って聞いてみます!モンブランではないと思います・・・。
Commented by igiea at 2012-10-24 19:03
みきたろうさま
栗って、何か心惹かれるものがありますね。
日本にも、ならではの栗菓子がたくさんあるので、それらを思い浮かべると気もそぞろになってしまいます(笑)。
栗菓子と日本茶で楽しむ秋もいいなぁ〜、としみじみしてます。
Commented by ドイツワイン at 2012-10-24 22:36 x
みきたろうさま
私のブログ「一景一話」にも遊びにいらしてください。京和菓子、京創作菓子をいろいろと出しています。
Commented by marcheselli at 2012-10-30 17:53
こんにちは。寒くなりましたね。私も栗大好きです。でもこちらでは、今年は小さくって、虫食いが多いということで、良い栗が少ないそうです。オーストリアやフランスにいたら、栗の美味しいケーキが食べられるのですね。羨ましいです。日本の栗の和菓子もいいですね。
Commented by igiea at 2012-10-31 06:12
marcheselliさま
本当に、急に冷え込むようになりましたね。
栗の季節はあっという間に過ぎてしまって、街の中はクリスマスのお菓子が似合う風情になってしまいました(笑)。
ヨーロッパにも美味しいものは沢山ありますが、やはり栗の和菓子が恋しいです。


<< オーストリア建国記念日      Goldener Oktobe... >>