ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 08日

文学大国、アイルランド

f0122053_21583788.jpg

バスターミナルに近い、という理由だけでホテルの予約サイトから適当に選んで決めた、ダブリンの宿。チェックイン時に、そこが小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が幼少時代を過ごした住居だったと知って、ちょっとびっくり。
その後立ち寄ったベルファストが、子供時代に夢中になって呼んだ「ナルニア国ものがたり」シリーズの作者、C.W.ルイスの出生地だというのも初耳。(失礼ながら、ルイスがアイリッシュだとは知りませんでした。国籍としてはイギリス人ということになるのでしょうし・・・。)

キリスト教文化とケルト文化が融合しているアイルランドでは、今も精霊や妖精を信仰する習慣が強く残っており、それは八百万の神を信仰している日本人の精神と、何か通じるものがあるような気がします。あるいは、ルイスの壮大なファンタジーも、アイリッシュの文化が背景にあって生まれたものなのだったのかな、と。

北海道とほぼ同じ大きさのアイルランド島。同民族、同文化であるにも関わらず、国家としてはアイルランドと北アイルランドに分かれていて、北アイルランドはイギリス(U.K)に属しているという、政治的にはかなり複雑な状況です。
ダブリンを首都とするアイルランドの通貨はユーロで、ベルファストを中心とする北アイルランドの通過はポンドなので、ダブリンから北上した際に知らないうちに国境を越えていて(国境審査なんてものはありません!ここが国境、という標識すらあったかどうか怪しい。)、バスを降りたらいきなり通過がポンドの世界に変わっていました。といっても、北アイルランドの観光スポットは、ユーロでも支払い可能なことが多く、タクシーも気持ち多めにチップ分を上乗せすれば、快くユーロでの支払いを受け入れてくれましたが。

考えてみればダブリンは海に面した港町でもあり、よって魚も美味しかったのでありました。
f0122053_2282217.jpg

[PR]

by igiea | 2012-08-08 21:58 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/17845771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-08-09 06:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by igiea at 2012-08-09 10:13
鍵コメさま
週末にあらためて連絡させていただきます♪
こちらこそ、よろしくお願いします。
Commented by みきたろう at 2012-08-10 00:34 x
この港の風景 絵になりますね
igieaさんの腕の良さだと思いますが ^^
アイルランドは聞けばきくほど 興味のあるところですね
精霊 京都ではお精霊(しょらい)さんと言ってこの時期
お迎えして 16日にはお送りします
Commented by igiea at 2012-08-10 22:03
みきたろうさま
アイルランドと日本、離れているのですが、不思議と似ているところもあって、懐かしい気持ちになりました。
京都では、精霊さんをお迎えする風習があるのですね。
アイルランドでは、精霊(妖精)の家を作る風習があるそうです。
Commented by futari-to-nihiki at 2012-08-13 02:23
アイルランド・・・何となく紛争の国(ごめんなさい)って印象だったんですが、この記事を読んでとてもセンシティブな国なんだな~と興味を持ちました。イギリスとスコットランドを旅したことがありますが、日本から見たら同じ国なのに、それぞれ趣が全然違ってそれが印象的でした。アイルランドにもいつか行ってみたいです。写真も素晴らしいですが、igieaさんいつも文章が見事で引き込まれます。お仕事がら・・かしら。
Commented by igiea at 2012-08-13 05:17
futari-to-nihikiさま
北アイルランド問題は、確かにたくさんの禍根を抱えていると思うのですが、アイルランド自体は、緑が豊かで、人々もホスピタリティに溢れた、とてもチャーミングな国でした♪
今回は北東部を訪れましたが、西部も魅力的で、再訪したいです。


<< 見落とし??      まずはダブリンから >>