ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 18日

本場のクスクス!

そもそも、どうしてモロッコへ行こうと思ったのか?
その理由は至極単純、
ずばり、本場のクスクスを食べてみたかったから。

Couscous /クスクスは、スムール粉(硬質小麦を粗く砕いたもの)から作る粒状の食べ物で、世界最小のパスタ、と言われています。
もとは北アフリカの料理ですが、この地方からの移民が多いフランスでもすごくポピュラーな存在で、ごく普通にビストロのメニューにあったりしますし、スーパーではクスクスの缶詰(調理済みで温めるだけでOK)も売られています。
パリでスパイシーなラム肉のクスクスを食べて感激したのは、かれこれ15年くらい前でしょうか。
その後、アフリカの影響が強いシチリアにて、魚介のクスクスに出会ってしまい、クスクス好き度は増すばかり。いつの日か本場で食べてみたい!とずっと思っていたのです。
f0122053_2155765.jpg

という訳で、モロッコ旅行での最重要事項はこれでした。
蒸したクスクスの上に、野菜を放射状に並べて供されます。これを各自取り分け、そこにスープをたっぷりかけていただくのです〜。
この日はチキンを煮込んだスープでしたが、ラム肉の場合もあるし、野菜だけの場合もあります。

モロッコのクスクス、予想していたよりスパイス使いが控えめで、とても優しい味でした。スパイスは素材によって使い分けることが肝心で、一つの料理にいたずらに何種類も使わないのがモロッコ流のようです。
クスクスと言えば、HARISSA / ハリッサ(フランス語ではアリッサ)という唐辛子ペーストを添えるのが定番ですが、モロッコのハリッサは液体状で辛みも控えめ、これまた意外でした。

モロッコ旅行中、飽きもせず実に4回もクスクスを食べましたが、どれも素材(とくに野菜)の風味を生かした穏やかな味付けで、「クスクスはスパイシーなもの」という概念を覆されてしまいました。
こうなると、北アフリカの他の地域、例えばチュニジアあたりはどうなんだろう?と気になっております。
[PR]

by igiea | 2012-04-18 22:14 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/17441605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みきたろう at 2012-04-19 23:57 x
クスクスの旅は続きそうですね〜^^
日本ではちゃんとしたクスクスは食べられないように思って
いましたが 蒸すんですね 
素材の味を生かすというところは日本料理のよう
Commented by fiorimusicali at 2012-04-20 09:45
igieaさんこんにちは!
「クスクス」って名前がかわいくて楽しいですよね。なんか笑ってるみたいで・・・
私も以前 「暮らしの手帳」にレシピが載っていたので、アメリカの女性オルガニストがうちにいらしたとき、夕食に作ってお出ししたことがあります。
でもね、翌日その方のリサイタルがあって、ある方から、「昨晩は何をお作りになったの?」と尋ねられた時、「クスクスです」って答えるのをためらってしまいました。
コンサートの前日に「クスクス」とは、ちょっと縁起が悪い、その方が人に笑われそうじゃない?って言われそうだったので。

本場のクスクスを食べにモロッコまで、いらしたigieaさん、楽しそうですね!とってもおいしそう…私も一度食べてみたいです。
Miyuki 
Commented by igiea at 2012-04-20 15:01
みきたろうさま
モロッコ料理、日本人の口に合うんじゃないかな〜、と思います。
クスクスは、「汁かけご飯」みたいな食感ですし、味付けも穏やかなものが多くて、飽きずに楽しめました。
そう言えば、タジン鍋も以前日本でブームになってましたね。今はどうなのでしょう?
Commented by igiea at 2012-04-20 15:10
Miyukiさま
うわぁ、どんなレシピだったのでしょう?
クスクスは、本当は家庭で作るのが一番とのこと。それぞれの家の味があって、そういうものを大切にしているお国柄でした。
確かにクスクスって、日本語で聞くと、お料理の名前とは思えませんよね。カワイイ響きですけれど(笑)。


<< ドナウに咲く桜      ニーズがあるから置いている・・・? >>