ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 30日

砂漠でテントに泊まる

f0122053_2092579.jpg

メルズーガ村からラクダに揺られること1時間半、ベルベル式テントが張られたキャンプ場に到着です。
観光客用のテント村から少し離れたところに、定住している人たちのテントもありました。砂漠のど真ん中で出会った猫ちゃんは、ここの飼い猫だったと思われます。

夕食はラクダ引きのお兄さん達が用意してくれます。ハリラスープとチキンのタジン、モロッコ料理の定番メニューを満天の星の下でいただいた後は、太鼓演奏のサービス。皆でたき火を囲んでプチキャンプファイヤーの始まりです。フランス人高校生グループと一緒だったので、それはもう賑やかでしたが、アルコールが入る訳でもなく、お開きも早かった(笑)。

星空の素晴らしさについては、あえて触れません。


ちなみに、砂漠のど真ん中にトイレなんてものはなく、用を足す際は人がいない場所で適当に・・・、と聞いていたのですが、何でも数ヶ月前に簡易トイレ設備が導入されたんだそうで、ワイルドトイレ体験はなし、でした。しかも、テントの上にはソーラーパネルが設置され、小さいとはいえ電灯もあるではないですか!! ベルベル式テントも日々進化しているようです。そうそう、小高い丘の上なら、携帯も繋がるんだそうです。次に行ったときはWi-Fi対応してたりして(笑)。まあ、機械類は砂が入り込むとダメなので、持ち込みはリスク高すぎですが・・・。
f0122053_2082251.jpg

翌朝は少し早めに起き出してキャンプ場の裏山にのぼり、日の出を拝みます。
簡単な朝食を済ませたら、7時過ぎには出発です。もっと砂漠気分を味わいたい気もしますが、気温が上がる前に帰らないと、大変なことになりますからねぇ。
f0122053_2065440.jpg

朝食の時間帯になると、近くに住む親子が手作りのラクダ人形を売りに来ます。これがすごーくカワイイ♪端切れを使った素朴なものなのですが、色使いとか、布合わせにセンスが光ってます。
ここでしか出会えない貴重品、しかもすべて1点ものなので、ピピッと来たら絶対買いです!
[PR]

by igiea | 2012-03-30 20:14 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/17367299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomo at 2012-03-30 21:13 x
ラクダのお人形 どれもいいですね~
色合いが らしくて♪♪ そして 聞きたかった トイレ事情~
そうなんですね 外国へ行くときは とにかくトイレ事情ばかり 気にして調べていきます・・・それにしても 良いお天気(*^_^*) 
Commented by igiea at 2012-03-30 21:48
tomoさま
確かに、トイレ事情は気になるところですよね。
ペーパーは置いてないところが多いので、必携でした。旅慣れた方は、トイレットペーパーの芯を抜いてコンパクトにしたものを、ビニール袋に入れて持ち歩いてました。私も次回はそうしようと思います。(って、また行く気?)


<< 丸山珈琲でコーヒーブレイク      ラクダに揺られてサハラを行く >>