ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 24日

モロッコで邸宅ホテル(Dar/ダール)に泊まる

モロッコの旧市街(メディナ)でホテルを検索すると、「Riad/リヤド」もしくは「Dar/ダール」と称する宿が多いことに気付きます。調べてみると、「リヤド」とはアラビア語で「木が植えられた庭」を指す言葉であったものが転じて「中庭(パティオ)のある邸宅」を意味するようになったもの、一方「ダール」はもともと「家」という意味で、一般的にリヤドよりも小さく、中庭の代わりに吹き抜けを持つのみの場合もあるとのこと。近年、こういったリヤドやダールを所有していた裕福なモロッコ人の多くが、生活の便を求めて旧市街から新市街へ引っ越すようになったため、残された古い邸宅を外国人が買い取り、修復&改装してホテルとするケースが増えているのだそうです。その数はマラケシュ市内だけで1000軒を超えるとか!3〜4室程度のこじんまりしたものから、30室以上を備えるものまで規模も様々、設備やサービスも玉石混合が実情なので、よく調べて慎重に選ぶ必要アリとのことですが、伝統的なモロッコの雰囲気を楽しむにはぴったりだと思います。

一人で泊まるには、リヤドだと豪華すぎて持て余しそうだったので(というか、単に予算オーバー?)、今回はダールに宿泊しました。これがいずれも個性的なB&Bという感じで、とにかく素敵!
路地の奥にひっそりと居を構えており、小さくて簡素な入り口から一歩中に足を踏み入れると、外の雑踏からは想像できない、別世界が広がっているのです。

フェズで泊まった「Dar Seffarine」は、ノルウェー人グラフィックデザイナーとイラク人建築家のご夫妻がオーナーの、築600年の建物を改装したダール。古都フェズらしい、クラシックで重厚な雰囲気漂う宿でした。
f0122053_23444563.jpg

朝食は、鮮やかなフェズ・ブルーの食器でたっぷりと。
まるで蜂の巣のようにみえるのは、バグリールというモロッコ風パンケーキ。私的にはこれがすごくツボにはまり、蜂蜜をたっぷりかけていただきました。
f0122053_0343877.jpg










屋上テラスからはフェズの旧市街が一望できます。
夜明け直前の眺めはまさに絶景、世界遺産を独り占めした気分でした。
f0122053_2352316.jpg

[PR]

by igiea | 2012-03-24 00:35 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/17342846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みきたろう at 2012-03-24 18:17 x
フェズブルー美しいですねー
中庭も吹き抜けもどちらも
憧れの佇まいです
お泊りになったところは当たりだったようですね
すごく素敵です!
このパンは蒸しパンみたいなのではないんですよね穴がいっぱい
蜂蜜も美味しそう
それにしても一人旅なんてすごい行動力ですね(^ ^)尊敬ー
Commented by sicilia_trapani2 at 2012-03-25 00:27
え!?一人で行ったのですか!?
それにしてもステキですね~♪ リヤドもステキですが、こじんまりしたダールもステキそう♪
それにしてもやっぱり北アフリカってシチリアのルーツだけあって、、、惹かれます、非常に惹かれます!
壁、窓枠、お部屋の仕切り?、そして食器、、、、どの写真をみても私のツボにはまっています。
次回のモロッコ一人旅は是非私にもお声をおかけくださいませ(笑)
Commented by igiea at 2012-03-25 06:37
みきたろうさま
フェズは、ブルーの食器が名産だそうです。残念ながら買って帰る事はできませんでしたが、その分写真に収めてきました。
このパンはモロッコでは定番だそうですが、このホテルが一番穴が大きくて個性的でした。他のホテルのバージョンも、後日ご紹介しますので、お楽しみに。
Commented by igiea at 2012-03-25 06:51
sicilia-trapani2さま
そうなんですよ〜。誰も一緒に行ってくれず(笑)。
最初と最後は一人、途中で現地発ツアーに参加して周遊してきました。さすがにイスラム圏で全行程一人はちょっと寂しい(食事とか諸々)ので、いいバランスでした。
しかし!!モロッコは女子旅が楽しい国だと実感しました!!
モロッコ料理&菓子&雑貨巡りツアーを企画したら最高に楽しいと思います。
ホント、ご一緒したいですね♪


<< フェズの旧市街にて  Fez ...      One more dawn  >>