ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 08日

ウィーン観光 初めの一歩

ウィーンに住んでいるとはいえ、まだまだ未踏のエリアはたくさんあります。
プラーター公園の大観覧車、在住2年にして先日初めて乗ってきました。
春特有のかすみがかかっていましたが、雲一つない好天で気分爽快。楽しい空中散歩でした。
f0122053_1732975.jpg

旧市街から少し外れているので、何となく億劫に感じていたのですが、アクセスが抜群に良好な事に今さら気付いた、という次第です。
例えば国立オペラ座の前でトラムの1番(Praterhauptallee行き)に乗車して、美術史美術館、王宮、国会議事堂、市庁舎といった見所が続くリング通りを半周します。ウラニア天文台を過ぎたらRadetzkyplatzでトラムO番(Praterstern行き)に乗り換えれば、終点がプラーター公園です。ここで観覧車に乗ってウィーン市街を上空から一望すれば、概要も掴みやすいというもの。
f0122053_1944527.jpg

プラーター公園内の並木道。緑の季節はさぞ美しいことでしょう。
ずっと奥に見える煙突のある建物は、欧州最大規模(ということは、恐らく世界最大)のバイオマス発電所です。
帰りは地下鉄U1でPraterstern からStephansdomへ移動して、シュテファン大聖堂を見学。その後はケルントナー通りかグラーベン周辺をぶらぶら歩き、疲れたらカフェで一休みというプラン、旅の初日にいかがでしょう?
カフェ選びは迷う所ですが、「しっかり甘いものを食べたい!」気分なら、ホテル・ザッハーでザッハートルテという王道が考えられますし、「少し軽めのお菓子を」という時は、オーバーラーのカルディナールシュニッテンか、クアバードトルテがオススメです。オーバーラーのケーキは軽くて食べやすく、日本からのお客様にもとても好評です。
f0122053_17331218.jpg












ところで、間もなく本格的な観光シーズンがやってきますが、少し気になる記事を目にしました。→コチラです。

大事には至らなかったとはいえ、善意を仇で返される結果となってしまい、何とも痛ましい事です。
私も、日本からのお客様には再三注意しているのですが、路上で不用意に財布を取り出すことは、絶対に控えるべきです。わざわざ、自分がどのような財布を持っていて、どこにどうしまっているかを教えているようなものですから。スリやひったくりは、グルーブで行動している事が多く、そういった一連の動作を傍目から観察してターゲットを決めていることを、頭に置いて欲しいと思います。
昨年秋にご案内したお客様も、実はスリの被害に遭ってます。ただし、財布に入っていたのはその日分の現金のみ、カード類は別に管理し、パスポートは部屋の貴重品入れに置いていたため、最低限の被害で済みました。(それでも気分はよくないですけれど・・・)
100%スキをなくす事はできませんが、実際にこういう事件が起きていると意識することで、トラブルに遭遇するリスクが減る事を祈ります。
[PR]

by igiea | 2012-03-08 19:00 | Wien | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/17285621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-03-08 22:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みきたろう at 2012-03-08 23:52 x
ウイーンも昔の町並みと今のビルがいっしょに見えるんですね
それでもやっぱり綺麗な街です
観覧車は丁度見通せていいですね
今モーツアルトの一生をテレビで見ていますが
石造りの町並みは変わらずいいですね
昔の建物も改装したりしているのでしょうか
壁など何百年もたっていてもきれいなので驚きます
Commented by igiea at 2012-03-09 13:14
鍵コメさま
こちらこそ、その節はありがとうございました♪
お察しの通り、観覧車は第三の男に出てくるものです。
全体写真を撮り忘れておりまして・・・。
リンクもありがとうございます。これからもよろしくお願いしますね。
Commented by igiea at 2012-03-09 13:19
みきたろうさま
新しい建物についても、高さなど色々と規制があるようですし、壁は定期的にお掃除して塗り直しています。古いものにキチンと手をかけることは、なかなか大変だと思いますが、美しい町並みはこうやって保たれていると思うと、すごいなあと感心します。


<< 全くもって、どうでもいい話      美味しいのはカプチーノだけでな... >>