ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 29日

好評だったものシリーズ④ カレル橋 ー夜明け前ー 

ウィーンから小旅行。お隣はチェコの首都プラハへ。

プラハという街を最初に意識したのは、映画「アマデウス」のロケ地だと知ったときだった。18世紀のウィーンを再現するにあたり、本家本元より当時まだ社会主義下だったプラハの方が適していたという製作サイドの話を、とても興味深く聞いた覚えがある。実際に訪れてみれば、なるほど人口100万を超える大都市でありながら、これだけ見事に中世そのままの町並みが保存されているところは、他にちょっと浮かばない。
プラハを舞台にした映画と言えば、「存在の耐えられない軽さ」も懐かしいですが、最近では「のだめカンタービレ」もロケしてますね。

夜明け直前のカレル橋。

闇の中から徐々に浮かび上がる聖像の姿を、一つ一つ確認しながら橋上を歩けば、まさに中世にタイムスリップした気分。

ヨーロッパに現存する最古の石橋。このまま永遠に存在し続けるように思えるけれど、いつかこの橋も姿を消す時がくる。
その頃の世界は、一体どうなっているのだろう。
f0122053_2383392.jpg

[PR]

by igiea | 2011-10-29 23:13 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/16754133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 残照のヴァーツラフ広場 マジッ...      好評だったものシリーズ③ カイ... >>