ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 24日

来客ラッシュ!!

さすがは観光都市ウィーン。
この秋、未だかつてないペースで続々と日本からお客様が・・・。

先週はずっとアテンドに追われ、パソコンに向かう余裕がありませんでした。
時差もあるし、直行便利用といっても10時間以上の空の旅の後ですから、「お客様が大変」と思っていましたが、気を使う&頭も使うという面を加味すると、「案内する側も意外と大変」(笑)。

思いも寄らない質問やリクエストが飛び出すおかげで、新しい発見も多々あり、普段よりずっと充実した、密度の濃い日々となります。それはとても楽しいのですが、何しろ来月終わりまでスケジュールびっしり!!なので、自分が体調を崩さないようにしないと、と戒めてます。

さて、私が案内するウィーンですから、主役はもちろん「カフェハウス」。
限られた滞在時間の中、どこに立ち寄るべきかは悩ましいところですが、やっぱりここは外せません。
f0122053_17342034.jpg

「Sperl」の店内の空気には独特の透明感と雰囲気があり、時間もゆっくり流れているように感じます。
ビリヤード台の上に無造作に置かれた新聞を、静かに並べ直すオーナーの様は、まるで無声映画のワンシーンのよう。
f0122053_1736962.jpg


「Sperl」では、典型的ウィーン料理が、比較的手頃なお値段で楽しめます。
季節のメニューに、Eierschwammerl(アンズ茸)入りスクランブルエッグを見つけたので、迷わず注文。キノコの旨味が豊かで何とも美味でした!これでサラダ付き7.6ユーロは、良心的かと。
こちらのキノコ、そろそろ季節も終わり(本来ならとっくに終わっているハズですが、今年は9月半ばまで続いた異常な暑さの影響でしょうか?)なので、心していただきました。
f0122053_17481719.jpg

[PR]

by igiea | 2011-10-24 17:14 | Wien | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/16730653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 蔵R at 2011-10-24 19:11 x
う~ん、やっぱり素敵なウィーンのカフェ。Yoshieさんの写真から想像膨らませて楽しんでいますが、いつかYoshieさんアテンドのもと、フォト仲間で旅してみた~い!!な夢気分です(笑)とってもお忙しいご様子、どうぞご自愛くださいね。
Commented by igiea at 2011-10-24 19:29
蔵Rさま
Sperl、やっぱりいいカフェハウスだなあ、と改めて思った次第です♪それはさておき、フォト仲間での旅、実現したら楽しそうですね〜。円高ですし、今はチャンスかと(笑)。来年のバリスタ世界選手権あたり合わせて、どうでしょう?!
Commented by alpenkatze at 2011-10-24 20:51
私も先日、仲のよい友人の来訪がたったの三日間とはいえ、かなり疲れました。同じく、気を使うというか…^^;
ウィーンではカフェ、やはりおしゃれです!こちらではビアホールになっちゃいますから(笑)。
そして、私も今の時期はもうアンズ茸はないと思ってたのに、あったのですよ。友人が「食べたい」と言ってた時に「もうシーズン終わりだよー」と返事してたんですが、メニューでそれを発見した時は思わず注文しました。
Commented by igiea at 2011-10-24 21:23
alpenkatzeさま
よくにた状況で、奇遇ですね♪
私も、この時期にアンズ茸をメニューで見つけたときにはちょっとびっくりしましたが、それが美味しかったのでまたまたびっくり。日本からのお客様にも喜んでもらえたので、何よりでした。
Commented by tomo at 2011-10-25 22:48 x
本当に 素敵ですね~木の色 灯りの色 ソファの生地の色
全てが 好きですね~う~~ん 一日中 カフェに居られそうですね~お客様御案内に お疲れ出ませんように~そして 濃密な素敵な秋になりますように~  
Commented by igiea at 2011-10-26 21:10
tomoさま
そうですね、トータルバランスというか、全体が醸し出す雰囲気、一朝一夕には真似できないなあ、といつも思います。
おっしゃる通り、パソコン片手に丸一日過ごせそうです。贅沢なことですね〜。


<< 好評だったものシリーズ① Ph...      ジャパン・バリスタ・チャンピオ... >>