ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 19日

イタリアで給油してみれば

f0122053_176471.jpg

イタリアに入国し、ガソリンスタンドに立ち寄ると・・・、おお、給油エリアに従業員がいる!
ヨーロッパのスタンドはセルフ式で、オーストリア(ドイツやフランス、ベネルクスも同様だったと記憶)の場合、店舗の中に会計担当の従業員がいるだけで外は無人のところがほとんどなので、この光景はちょっと新鮮です。
何だか日本みたいだな〜、と一瞬思いましたが、「いらっしゃいませ!」の一言もなければ(そもそも店側から客に挨拶する習慣がない)、フロントガラスを拭いてくれる訳でもありません。間違っても「こちらお使いになりますか?」と車内掃除用のクロスが差し出されるなんてことはなく、ただそこにいるだけ(笑)。一度だけ、給油を手伝ってくれたことがありましたが、残りは何もナシでした。

となると、彼らは一体何の為にいるのか???

ガソリンの「入れ逃げ」防止以外の理由が思い浮かばないのですが、イタリア事情に詳しい皆様、いかがなのもでしょう。
イタリアのガソリンが高いのは、単にこの人件費分が上乗せされているから???

ちなみに8月初め時点でのレギュラーガソリン価格/1l当たり、こんな感じでした。
オーストリア(ウィーン市内) 1.35ユーロ
ドイツ(ミュンヘン郊外) 1.55ユーロ
イタリア(南チロル) 1.66ユーロ

結構違いますよね。

もともとオーストリアはガソリンが安い事で定評があるんですが、それは一般スタンドの場合で、高速道路パーキングエリア内での価格は、全て20セントくらい高く設定されてます。
ドイツでは絶対成り立ちそうにないシステムがさらりと存在するあたり、オーストリアも侮れません。




ガソリン価格が低く抑えられているのは、それにかかる税率が低いのが主な理由ですが、全体を見るとクルマを優遇する社会構造ではないように思います。
一例ですが、オーストリアでは新車を購入する際、通常の消費税19%に加え、NOVAという一種の新車購入税がかかってきます。その税率何と16%!!車体価格200万円のクルマに、税金分として70万円が加算されるんですから、なかなかすごいことです。
クルマを自国生産していないからこそ導入できる、この大胆な税。ドイツや日本では絶対無理かと・・・。
[PR]

by igiea | 2011-08-19 17:06 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/16437676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sicilia_trapani2 at 2011-08-20 06:02
こんにちは!お久しぶりです♪
シチリアでは1.45~1.55ユーロの間でしょうか。
何故かセルフでも人がいても大して価格がかわらなかったりするので、やっぱり税金が高いのでしょうね~。
ただ単にいるだけのガソリンスタンドの店員も、知り合いが来るとガソリン入れるんですよね。
でも知らない人だと、ずっと知り合いとおしゃべりを続けるのみ。
ほんとなんの為にいるんでしょうね~(汗)
私は、人がいてきちんとガソリンを入れてくれるスタンドを選んで給油してもらいます。
時折、窓を掃除してくれるスタンドもあるんですよ。
Commented by igiea at 2011-08-21 15:41
sicilia-trapani2さま
シチリアガソリンスタンド事情についてのご紹介、ありがとうござまいす!
やっぱり地域によって随分違うのですね〜。アルト・アディジェのボルツァーノは「イタリアで一番物価が高い街」として名高いと聞きましたが、そういう影響も大きいかもしれませんね。
それにしても、窓を掃除してくれるスタンドもあるなんて、まるで日本みたいではありませんか!
まあ、基本的にサービスは店員さん次第ということで(笑)、納得いたしました。
Commented by organvita at 2011-08-23 00:58
ドロミテ記事が続いていてまたまた楽しく読ませていただいています~。
ガソリンスタンド、siciliaさんも書いていらっしゃるように、ほんと、イタリアは店員さん(の気分)次第・・・。大抵、スタンドが二つ並んでいて、片方はセルフ(少し安め)、もう一つはサービス付き(入れてくれる)と分かれているところが多いんですが、サービスのほうには人がいるという保障もなく・・・、かといって、いきなり窓を拭いてもらえたり。そんな「今日上機嫌」な人に当たればラッキーって感じでしょうか(笑)。
ホテル、素敵なところだったのですねー!いつかディナーに行ってみたいです~!
Commented by igiea at 2011-08-23 01:35
organvitaさま
店員さん(の気分)次第、というところ、それがイタリアの魅力でしょうか。
なるほど、セルフとサービス付きが二つ並んでいることが多いとは、気がつきませんでした。黙って給油してくれたのは、サービス付きのスタンドだったからなのでしょうね・・・。選べるというのはいいシステムです。
sicilia-trapaniさんも、 organvitaさんも、うまく使い分けてらっしゃる様子で、さすがです!


<< ドロミテ再訪 山小屋ホテルの朝      心にもビタミン エディブルフラワー  >>