ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 10日

ドロミテ再訪 オルガン工房見学

f0122053_23185979.jpg

コンサートの翌々日、愛さん&アレックスさんのご厚意でオルガン工房を見学できることに♪
私よりも主人の方が興味津々でいろいろ質問しておりました。
工房では4メートルを優に超えるオルガンを製作中。その様子を直に見ると、ドイツ語では通常オルガンを「建てる・(bauen)」という言葉を使うのも納得できます。
ヒトの指ほどの小さなものから、4メートル近くのものまで、何千本ものパイプが並んでいて壮観。恥ずかしながら、パイプは全て金属製だとばかり思っていたのですが、木製も多く使われていたのですね・・・・。木製パイプの方が軽く、音質も柔らかいので、適材適所、両方をうまく組み合わせているそうです。なるほど〜。
f0122053_23193429.jpg

教会やコンサートホールなどが主な発注先ですが、個人で購入される方もいらっしゃるとか。こちらの工房では、完全オーダーメイドで顧客の要望をしっかり取り入れ、社長自らが設計・図案を引くところから作り始めるのだそうです。小さなオルガンなら高級車1台分くらいのお値段ということなので、今からせっせと貯金に励めばマイオルガンも夢じゃない?!(って、一体誰が弾くのか・・。)

それにしても、何千種類もの音を正確に鳴らす楽器を、ほとんど手作業で一から作り上げる技術のすごさ。これはもう、単なるモノを作りの域を超えた、文化の伝承といえましょう。
谷あいの、小さな村の小さな工房で、こういう光景を目の当たりにすると、「ヨーロッパの底力」を感じます。

f0122053_23201146.jpg

工房見学の後は、眺めのいい山小屋にてこの地方名産のシュペックに舌鼓。
パルマの生ハムやスペインのハモンセラーノにも負けない美味しさで、赤ワイン片手に食べ続けてしまう自分が怖しい・・・。


工房見学の前に案内していただいた湖。お天気がイマイチであったにもかかわらず、この美しさ。東山魁夷画伯の絵のようです。
夏のドロミテの魅力は、何に例えたらいいのでしょうか。
f0122053_23215155.jpg

[PR]

by igiea | 2011-08-10 22:19 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/16400183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomo at 2011-08-11 16:19 x
ヨーロッパの底力・・ほんとにそうでしょうね
そこが 魅力です
日本にも どこかどこかに そんな力が 埋まっていると思うのですが~~でも ヨーロッパに憧れてしまいます。本当に湖の麓に 馬がいそうですね~~ そして 美味しそう~~お傍に居たかった~~
Commented by igiea at 2011-08-11 18:07
tomoさま
日本にも、埋もれている魅力がたくさんあると思います!
異文化に触れることで感性を磨き、身近にある「宝物」を再発見できるのが、旅することのよさかな、と思う今日この頃です。
Commented by みきたろう at 2011-08-12 20:31 x
シュペックってなんでしょ?
ワインに合いそうなチーズと生ハム素晴らしい~
本当パイプオルガンは建てるですね!これを初めて作った人凄いなーと思います建物自体が楽器のように響きますね
私は小さな吹いごのオルガンが欲しいです(^^)今は作られてないのかな
楽器好きなので私も興味しんしんです
Commented by igiea at 2011-08-13 15:47
みきたろうさま
ドイツ語でベーコンのことをシュペックというのですが、南チロルでは独特の製法で作った生ハムのことを指します。軽く薫製していて美味しかったです!
我が家も、実は半分本気でオルガン欲しいなあー、って話してます(笑)。その前に練習しないとダメですね。


<< ドロミテ再訪 南チロル料理のフ...      ドロミテ再訪 チャリティーコン... >>