ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 12日

Graz グラーツのおすすめカフェ

オーストリア第2の都市、グラーツ(Graz)。
音楽家も多数輩出しており、カール・ベームやニコラウス・アーノンクールといった名指揮者もグラーツ出身。日本に縁のところでは、元サッカー日本代表監督のイヴィツァ・オシムが長期にわたりクラブチーム監督として活躍していた街でもあります。
しかしながら、グラーツ出身の超有名人と言えば、シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガー前カリフォルニア州知事。アメフトの試合が行われたスタジアムも、もとは「アーノルド・シュワルツェネッガースタジアム」という、何だか妙に強そうな名称だったそうです。今は経営者が変わり、「UPCアリーナ」ですけれど。

さて、冒頭でオーストリア第2の都市と紹介しましたが、抱える人口は25万人ほど。いたって長閑でゆったりしています。
日本で同規模の地方都市というと、山形県山形市、静岡県富士市、長野県松本市、といったあたりになるようで、市内をブラブラ歩いた印象も、およそそれらに合致します。ただし日本の場合、人口25万の都市は、全地方自治体中90位以下ですから、国の規模がいかに違うかを物語っています。
f0122053_211830100.jpg

グラーツ市街の中心を流れるムーア川沿いに、淡いブルーを基調にしたモダンなカフェを発見。
覗いてみると、暑い日に嬉しいお冷やのセルフサービス。
f0122053_21185771.jpg

メニューを見ると、完全にイタリア式でエスプレッソがメイン。カプチーノはあっても、メランジェはなしという構成です。
f0122053_21193739.jpg

個人的には、もう少し浅めの焙煎の方が好きなのですが、本格的かつ美味しいエスプレッソでした。ベーグルサンドやキャロットケーキなんかもあるので、ここで朝食もよさそうです。

tribeka
Grieskai 2 Graz

f0122053_2120280.jpg


ウィーン市内でも、エスプレッソやカプチーノの美味しいカフェはいつくかあるのですが、美味しいドリップコーヒーが楽しめるところは皆無なんです。
何故?伝統よいずこへ?
[PR]

by igiea | 2011-07-12 16:41 | カフェ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/16263277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みきたろう at 2011-07-19 19:51 x
お冷
向こう側はミントでしょうか?
こちら側はりんごと何か野菜みたいな?
香り良いお水はミントくらいしか知りませんが他にも工夫がありそうですね
最近旦那がクラッシックにはまり
ベートーベンから始まって指揮者も色々集めて聞いています
私もクラッシックはバッハやルネサンス時代など古楽器のものが好きです
ほんとに地域によって
珈琲の飲み方が違うんですね!
新しい物好きの日本は雑多な感じですが(^^)
Commented by igiea at 2011-07-20 16:15
みきたろうさま
お冷やですが、奥はミントとレモンでした。
にんじんが入っていてびっくりでしたが、色鮮やかでいいですよね。きゅうりを入れてもさっぱりして美味しいです。我が家でも時々入れてます!



<< 暑中お見舞い申し上げます      2つのワールドカップ >>