ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 16日

トリエステへの旅 番外編

f0122053_7513183.jpg

旅先の印象が、季節や天候に大きく左右されるのは、あらためて言うまでもないことですが・・・。
こちらのブログを拝見し、ここまで見事に違うと軽い感動を覚えました。
トリエステのミラマーレ城。私が訪れたのは2月の雨の日。
f0122053_75258100.jpg

空が、海が・・・、違い過ぎ(苦笑)。
まあ、これはこれで雰囲気ありましたし、シーズンオフで空いていた分、ゆっくり見学できたので、よしとします。

この城は、ハプスブルク皇帝フランツ・ヨーゼフの弟、マクシミリアン大公(後のメキシコ皇帝)によって建てられた離宮。城内いたるところに、マリア・テレジア、ヨーゼフ2世、フランツ・ヨーゼフらハプスブルク家の歴代皇帝、親戚関係にあるヨーロッパ王家の肖像画が「これでもか!」という勢いで飾られていたのが印象的でした。中でも、美男子と評判だったバイエルン国王ルートヴィッヒ2世の肖像は、過去に私が見たどれよりも男前に描かれたものでした。

内装には大公妃シャルロッタの趣向も取り入れられており、この城の女主人は間違いなく彼女、シャルロッタのはずなのですが、イヤホンガイドを聞いていると、義姉エリザベート(通称シシィ)にまつわるエピソードが多く、売店に至ってはシシィ関連の書籍やグッズがズラリ。旅好きの彼女が頻繁にトリエステを訪れていたのは事実ですが、その破格の扱いぶりに驚きました。

シシィの人気は、現代でいうならさしずめダイアナ妃、でしょうか。
先月の英国ロイヤルウェディングでは、キャサリン妃も華があって素敵でしたが、故ダイアナ妃の凄さを、あらためて思い知らされたというか・・・。

ちなみにドイツ語では「マクシミリアン」、「シャルロッタ」、と呼びますが、イタリア語では「マッシミリアーノ」、「カルロッタ」になるんですね。これまた、少し印象が違って面白いです。
[PR]

by igiea | 2011-05-16 07:08 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/15977687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sicilia_trapani2 at 2011-05-16 17:41
ほ、本当ですね、、、、別の場所みたいです(汗)
なんと、撮影可能だったのですね!
私が行ったときには入り口に「写真禁止マーク」が付いていました。館内は誰もいなかったのでこっそり撮影もできたのでしょうけれど、小心者の私は1枚だけパシャリ、、、と失礼してそれでおしまい。あの真っ赤なお部屋の写真が撮りたかったのですが、、、残念!
Commented by igiea at 2011-05-16 19:42
sicilia-trapaniさま
う〜ん、撮影について入館時に確認したつもりでしたが、勘違いの可能性も捨てきれないので、公開は自粛します(笑)。
あまりに堂々と撮っていたので、逆に注意されなかったのかもしれませんね。
それにしてもトリエステ、違う季節に再訪したいものです。
Commented by みきたろう at 2011-05-16 20:36 x
不動産は天気の悪い日に見に行け!というのがよくわかりますね(⌒-⌒; )印象が本当にちがいます
ここなら発狂もあるか?と思ったり(^^)
それにしても名だたる方々の関係したお城は素晴らしいですね
ルードヴィッヒってノイシュバンシュタイン城を建てた人でしたっけ?夢の世界の地下室は一度行ってみたいです
Commented by igiea at 2011-05-16 21:35
みきたろうさま
不動産は天気の悪い日に〜、というのは正しいですね!
たまたま晴れた日に見学して好印象で、実際に住んだら毎日こんなお天気、なんてことになったら、詐欺にあった気分かもしれません。
ルートヴィッヒ2世は、ノイシュバインシュタイン城ほか、取り憑かれたようにお城を建てまくった人物としても有名です。謎の死を遂げちゃいますけど・・・。


<< 猫の手を借りて      何となく気分が晴れないときは、... >>