ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 20日

トリエステ 日曜日がスペシャル!なお菓子屋さん 

創業1900年。トリエステに住んでいた文豪ジェイムズ・ジョイスもよく来ていたというお菓子屋さん、「PIRONA」。
その佇まいからして、往時の雰囲気をよく伝えていると思われます。
f0122053_23204675.jpg

とてもこじんまりした店内。お菓子の並ぶガラス製ショーケースがカウンターも兼ねていて、エスプレッソを立ち飲みするついでに、お菓子もちょっとつまみ食い、という感じです。
そんなスタイルに合わせてか、一口サイズのお菓子がたくさん並んでいました。
f0122053_23223711.jpg

この店の名物は、ジョイスが好きだったプレスニッツというお菓子。ナッツとドライフルーツのペーストを甘さ控えめの生地でくるみ、香ばしく焼き上げてあります。
ウィーン菓子に、ヌスボイゲルというよく似たお菓子があり、創業当時ここがオーストリア領だった影響がうかがえます。
f0122053_23234726.jpg

カプチーノ(お店のメニューではカフェ・ラテとなっていました)を、こういう小さなグラスで飲むのがトリエステ流なのだそうです。
平たいスプーンが、なんともいい表情でした。





土曜日に行って感激したので、次の日も覗いてみてびっくり!
鮮やか&華やかなこと!
聞けば、日曜日ならではのお菓子がたくさん登場するそうなのです。
f0122053_7435016.jpg

野いちごのタルトレット、プチシュークリーム、ミルフィーユ、ドボシュトルテ(薄いビスキュイとチョコレートのバタークリームを重ね、一番上の生地をキャラメリゼした、ウィーンを代表する菓子)まであります。
右上のお菓子は、クラプフェン・コン・パンナ。これが運ばれて来たときは既に色々食した後だったのでさすがに手が伸びず・・。今思い出して、すごく悔やんでます。どうして買ってこなかったのかと。帰りの道中で食べるチャンスはいくらでもあったのに〜。
f0122053_7545299.jpg

その後も、続々と。
お馴染みのクラプフェンも登場。ウィーンと同じ、杏のマーマレード入りでした。
日曜日はハレの日、というのを実感させてくれた「PIRONA」。
こんなお菓子をつまみつつ、朝から軽くスプマンテで乾杯、何ていう贅沢もいいですね。
もう一度行きたいお店です。

PIRONA
Largo Barriera Vecchia 12
Trieste
tel 040 636 046
[PR]

by igiea | 2011-02-20 23:24 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/15542191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みきたろう at 2011-02-21 15:54 x
お菓子のパッケージの仕事をしていて 店舗やお菓子などとても興味があります ステキなお店ですね!
お菓子やコーヒー日本円でだいたいおいくらくらいでしょう
みなさんどんな頻度でお店にはいるのでしょう?
興味津々です 
Commented by igiea at 2011-02-21 16:18
みきたろうさま
こちらのお店だと、エスプレッソ(立ち飲み)1.1€、カフェラテ1.6€、お菓子が1.5〜2€くらいでした。前出のカフェ・サンマルコのエスプレッソ(着席で)は2.5€です。
為替の変動が大きいため、物価を日本と比較するのは難しいのですが、ご参考までに。
現在1€=115円前後ですが、数年前は1€=170円超えてましたので、全く印象が違ってきますよね。生活している上では、1€=100円の感覚です。それで計算しても、今のユーロ圏の物価は決して安くない、と思います。

Commented by sicilia_trapani2 at 2011-02-21 21:16
1枚目の写真の左下、茶色い松の実が刺さったお菓子の生地はアーモンド生地でしょうか、、、。
シチリアにも「Patate=ジャガイモ」という同じようなお菓子があります。
ただし、大きさは10倍くらい!(爆)
プレスニッツはモディカで働いていたときに似たようなものがありました。
港がある土地にはやはり同じような食材が流れてくるからでしょうかね~。
Commented by igiea at 2011-02-22 15:05
sicilia-trapaniさま
ジャガイモ形のお菓子、10倍とはすごいです(笑)。残念ながら、食べてないので分かりませんが、見た感じはマジパンぽかったのでそう思い込んでました。でも、ケーキクラムを再利用したお菓子(ウィーン菓子に多い)の可能性もありますね。
モディカに似たお菓子があるというのも、意外というか、面白いというか。追求し始めると深みにはまる世界ですね〜。
Commented by fumieve at 2011-02-22 21:01
いや~もうっ、今すぐにでもトリエステに飛んで行きたい気分になっております。
トリエステって、ウィーンの香りがあるはず、と思っていくのですが、なんとなく思っている以上にさびれているというか、イタリアのほかの町に比べると新しい、というか・・・(矛盾してますが)。次回は、こちらのブログをよーーーく参照した上で、カフェめぐりをしたいと思います。



あ、遅ればせながら、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
Commented by igiea at 2011-02-23 03:27
fumieveさま
トリエステ、カフェ巡りという面では興味の尽きない街でした。特にこのお店にはもう1回、違う季節に行ってみたいです。
私はウィーンと比べての感想なので、イタリア在住の方のご意見も是非聞いてみたいです!
リンクもありがとうございます。これからもよろしくお願いしますね。


<< トリエステ illyカフェ 1号店       トリエステ 老舗お菓子屋さんと... >>