ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 08日

デメルの可愛い揚げ菓子

f0122053_718216.jpg

最初に住んだドイツの街、ベルリンでは「Pfannkuchen プファンクーヘン」、
昨年まで住んでいたデュッセルドルフでは「Berliner ベルリーナー」、
そして、今住んでいるウィーンでは「Krapfen クラプフェン」、
と、見事に違う名前で呼ばれているのが、これ。
カーニバルには欠かせない、冬のお菓子です。
普通は握りこぶしくらいの大きさですが、デメルには可愛らしいミニサイズが売られています。
こういうところは、さすが元宮廷御用達菓子店。気が利いてます。
普段から豪華な食事を召されていれば、この大きさで十分かと。いくらカーニバルとはいえ‥ね。
[PR]

by igiea | 2011-01-08 07:12 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/15295734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by alpenkatze at 2011-01-09 02:23
ミニサイズ、いいですね。これ、すごくカロリーが高そうだから、普通のお店のもこれくらいの大きさならいいのに~。
私が住んでる所はクラプフェンです。私はEierlikörのクリームが入ったのが好きです♪
Commented by igiea at 2011-01-09 17:40
alpenkatzeさま
ドイツでもクラプフェンと呼ぶ地域があるのですね。
文化・歴史的なつながりをみても、南ドイツはオーストリアと共通点が多いようで面白いです。
クラプフェン、ミニサイズだとついつい2個3個食べてしまいそうで、それがコワイです(笑)。
Commented by lacucinasiciliana at 2011-01-10 05:00
ここシチリアでもクラプフェン、なんですよ。
トラーパニではクラプフェンの訛りだと思うのですが、グラッファと呼びます。
が、パレルモに行ってグラッファと言っても通じません、、、。
ちなみにここでは羊のリコッタを詰めます。
お土地柄ですね~。
Commented by igiea at 2011-01-10 15:36
lacucinasicilianaさま
シチリアでもクラプフェンとは、びっくり!です。イタリアの他地方ではどうなのでしょうか?がぜん興味が出てきました。
羊のリコッタを詰めるというのも面白い。素朴なお菓子なのに、盛り上がれますね(笑)。
Commented by もこ at 2011-01-10 22:53 x
コメントありがとうございます♪
ウィーンに住んでるんですねっ 素敵☆

フケ気になりますよねぇ。。
何か情報あったらまたUPします。

ではまた遊びに来まぁ~す。
Commented by igiea at 2011-01-11 04:37
もこさま
こちらにもご訪問ありがとうございます☆。
猫は言葉で伝えられないので、日頃から注意して観察するしかないですものね、体調管理に関しては特に・・。
情報交換できて嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

Commented by katzenfutter at 2011-01-19 06:24 x
こんにちはigieaさん、
初めましてkatzenfutterと申します。

なんともあか抜けないというか田舎じみたこのお菓子わたしのお気に入りの一つです。ことしは種類の多いこの時期ドイツにいないため、ちょっと残念なのですが、類似品ボンボローニ(イタリア)で代用です。
それにしても、さすがにウィーンはデメルともなると上品にできるものですねー。繊細さも本当は気になる大和魂がうずく写真です!!
Commented by igiea at 2011-01-19 06:48
katzenfutterさま
コメントありがとうございます。
仰せのとおり、垢抜けないこのお菓子も、ミニサイズになると急に洗練された印象になりますね。
次もデメルのお菓子をご紹介する予定です。よろしくお願いします。


<< いただきます!自家製ラーメン      ウィーンカフェ文化 色々  >>