ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 31日

Prosit! よいお年を。

f0122053_20423549.jpg


2010年、食べ納めのお菓子はデメルのミニザッハトルテ。
大晦日用として、四葉のクローバー&キノコでデコレーションしたものが売られていました。
キノコはどんどん増えるので、その繁殖力から縁起がいいとされているようです。
そういえば、ビュッシュ・ド・ノエルもマッシュルームで飾られていますよね、伝統的なものは。

何だかんだいって、今年一番足を運んだのがDemel。
場所がいいこともあり、季節ごとに商品が変わるのを見ているだけでも楽しくて、買うアテがなくてもフラッと立ち寄っていました。

ガイドブックにも必ず載っている超有名店ですが、場合によっては「商品少なっ!」という時も。
お目当ての菓子が売られていないこともままあるのですが、それは回転のいい証と前向きに受け止めています。
手作りかつベストの状態の商品を扱うことと、欠品させないことは簡単に両立しない、と店側が態度ではっきり示し、それが受け入れられる土壌があってのことだからです。

日本だったら、在庫管理をもっと徹底し、売り切れそうになったらサービス残業でも何でもして対応するのかもしれませんけれど、ここでそれを望んでも、たぶん無理。
「お客様は神様」カルチャーの日本からヨーロッパにくると、接客態度なども含めあまりの違いに面食らいますが、わき起こる憤怒をこらえてその背景を観察してみると、なかなか面白く、合点がいくこともあります。

と、こんな心境に達するまでには、随分色々ありました。
ベルリンのあの店、パリのあの駅員、ルーマニアのあのホテル、あのタクシー野郎!と思い返せば数限りなく。
年を重ねるというか、経験を積むことによって、鍛えられるものですね。
ヨーロッパでの生活も通算10年。今はただ、無事に年の瀬を迎えられることに感謝です。

どうかよいお年を!
f0122053_2229207.jpg

[PR]

by igiea | 2010-12-31 22:18 | 挨拶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/15254914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< あけましておめでとうございます      「きよしこの夜」の生まれた村で >>