ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 09日

シェーンブルン宮殿のマルクト風景 その3

f0122053_1883366.jpg

ハプスブルグ家の夏の離宮として建てられたシェーンブルン宮殿。
本来はマリア・テレジアイエローの鮮やかな建物と、庭園の緑とが織りなすコントラストが美しいのですが、今日のように、雪で覆われた薄暮の宮殿もなかなか。
午後も4時を過ぎると、夕闇が音を立てて迫ってくるようです。

マルクトが美しいのもこの時間。
仕事帰りに、お気に入りの屋台で仲間と待ち合わせ、グリューワインで乾杯!
くったくのない笑いと、スパイスの香り。
ヨーロッパの人たちの、ゆったりした生活ぶりが少し羨ましく感じられます。
f0122053_1894038.jpg

ここしばらく、ずっと雪の白さに圧倒されていたためか、赤色が目に染みる!
スロバキアに本店をおく、プリザーブドフラワーアレンジのスタンドです。
マルクトは、ちょっとしたクラフト市も兼ねているので、珍しい工芸品に出会えるのも大きな楽しみ。
いつもなら、問答無用に白を基調としたアレンジを選ぶところですが、この冬に限っては目に留まるのは赤。心に響くのも赤。クリスマスはやっぱり赤です。
[PR]

by igiea | 2010-12-09 18:09 | Weihnachten クリスマス | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/15129226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ypsilon930 at 2010-12-10 17:59
久しぶりに遊びに来たら雪模様で思わずぶるぶるしちゃいました(笑)
でもこのシーズンのヨーロッパには雪景色が合いますね♪

そして↓なんとキュートなトナカイくん♡
このお目目で見つめられると食べられない気がしなくもないですが
繊細なパーツを一つ一つ外しては観察してモグモグしちゃいそうです(笑)
Commented by igiea at 2010-12-10 21:00
いくらウィーンとはいえ、この時期にこの積雪は珍しいみたいです。せっかくなら、雪景色を楽しもうと思います!
トナカイくん、見た目によらず大人の美味しさでした。
お鼻が赤ければ、もっとよかったかな?なんて。
Commented by marcheselli at 2010-12-13 03:54
ハプスブルグ家出身のマリア・ルイザがパルマを統治していて、彼女の宮廷がパルマ郊外コロルノにあるのですが、そっくり、、、。パルマの街もマリア・ルイザの色、黄色に塗られた家が多いのです。ヨーロッパってある意味狭いですよね。
Commented by igiea at 2010-12-13 08:10
ウィーンとパルマも歴史的に接点があるんですね。
黄色に塗られた家が多いのは、ウィーンの特徴だと思っていましたが、コロルノにあるという宮廷、行ってみたいです。


<< 「ドナウの真珠」へのショートトリップ      キュートなトナカイ! >>