ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 30日

Demelのシュトレン

日本でもだいぶ知られるようになってきたStollen(シュトレン)。
ドイツではクリスマスに欠かせないお菓子です。ウィーンでもそれは同様。
こちらの人達のシュトレンに対する感覚は、日本人のお餅に近い気がします。
一年中、いつ食べても一向に構わないのだけれど、
とりあえずこの時期には必ず食べる!みたいなところが。
1kgとか、2kgなんていう巨大なシュトレンを焼いておき、アドベントの間(特に日曜日に)少しずつ切り出して食べていきます。焼いた後、少しねかせた方が風味が増すので、味の変化も楽しみのうち。各家庭ごとにこだわりがあり、レシピも色々あるようです。
といっても皆が皆手作りする訳ではなく、お店にもズラリとシュトレンが並びます。この時期、スーパーでも山積みされていて、なかなか壮観です。
どれを買おうか迷いますが、ウィーンでの初シュトレン、とりあえず「Demel(デメル)」で。
f0122053_19103753.jpg

薄くスライスしていただきます・・・。
と、これが、美味しかったのですよ!もう、べらぼうに。
バターたっぷりで、しっとり。発酵生地のしみじみとした美味しさとスパイス(カルダモン)が決め手)のほのかな香り。
さすがはデメル。こうなってくると、他のお店のシュトレンも楽しみです。
[PR]

by igiea | 2010-11-30 19:31 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/15076364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lacucinasiciliana at 2010-12-01 05:56
デメルのシュトレン!!
シュトレンのようなフルーツ入りのお菓子に目がない私。
ツェルテンとかいうお菓子もオーストラリア??ドイツ??
トレンティーノでもそんな名前のフルーツたっぷり焼き菓子があります。
いずれにせよ、来年のクリスマス前はウィーンに長期滞在して、
マルクト&クリスマスのお菓子をじっくり見たいものです。
Commented by igiea at 2010-12-01 17:17
クリスマスは、ドライフルーツを使ったお菓子が主役ですよね。
トレンティーノ地方は、オーストリアと似てるのかも知れません。冬に一度行ってみたいものです。
来年のクリスマスはぜひウィーンで!今年しっかりリサーチしておきますので(笑)。


<< チョコレートのクリスマスツリー      アドベントクランツ 2010  >>