ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 02日

ピエモンテの美味 白トリュフ

この時期にピエモンテまで出向く理由・・・・。
多くの人が「白トリュフ」を堪能するため、と答えることでしょう。私もその一人。
最高品質の白トリュフ産地として名高いこの地域、その魅惑的な香りが辺りを席捲しておりました!
f0122053_2125077.jpg

アスティ郊外にある、「 i Bologna」では、着席すると突然オーナーが登場。
言われるまま訳もわからずに手を差し出すと、その上に巨大白トリュフが!!
今日近くで採れたものだそうで、楽しいサプライズでした。
アルバで売られていた白トリュフは1g≒2.5€くらいが相場だったので、これだと500€くらい??
f0122053_21254720.jpg

注文すると、目の前で恭しく削られて供される白トリュフ。このパフォーマンスが気持ちを高揚させてくれます。
こちらはアルバの中心、サヴォナ広場にある「Enoclub」にて。
ご当地名物Tajarin(タヤリン、卵黄入りの極細手打ちパスタ)の上にたっぷりと。
温められることで一層香りが引き立って本当に美味!
定番と呼ばれるものは無駄がないというか、完成されてます。
もうこれだけで、ウィーンから1000kmの道のりを運転してきた甲斐があるというものです。
f0122053_21265034.jpg

[PR]

by igiea | 2010-11-02 21:27 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/14907411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ピエモンテの美味  アニョロッ...      晩秋のピエモンテ   >>