ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 02日

晩秋のピエモンテ  

f0122053_1659218.jpg

数年越しの願いが叶い、秋のピエモンテを訪ねる旅が実現しました。
白トリュフの官能的な香りに包まれるアルバの街をそぞろ歩き、ワインの王と称されるバローロのカンティーナを巡り、とにかく食べて、飲んだ晩秋の休日。
でも、何よりも心に残ったのは、なだらかな丘陵地帯に広がる美しい風景。葡萄畑が朝もやの中から浮かび上がってくる様は神秘的ですらあり・・・・。
葡萄畑の風景にこれほど心が動かされるのは、そこに人の手が加えられているからでしょうか。
丹精込めて葡萄を育ててきた人々の心と大自然の恵みの結晶が、朝の光を浴びて輝いているようでした。
f0122053_1722826.jpg

[PR]

by igiea | 2010-11-02 17:23 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/14906131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ピエモンテの美味 白トリュフ      ポディウム席で聴く ウィーン・フィル >>