ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 17日

リズミカルなウィーン菓子

f0122053_2237084.jpg

ウィーン菓子を観察していると、薄い生地+クリーム+薄い生地・・・・という組立てが多いことに気付きます。

このLandtmann Feine Torte(ラントマントルテ)は全部で12層ですが、これより層の多いお菓子もあるほどです。
見た目の可憐さもさることながら、食べてみると、少し弾力のある薄い生地とクリームを何層も重ねることによって、ちょっとしたリズムが生まれていて、とても心地いいのです。ウィンナー・ワルツの独特のリズムを思わせるというか、そんな印象を与えています。

例えばこのお菓子も、それぞれのパーツを2~3倍の厚さにして、ビスキュイ+プラリネクリーム+オレンジ風味のクリームの3層で組立て、最後に薄く赤い実のグラッサージュ(上がけ)で仕上げたとしたら、また違った味わいになるはず。
同じ生地・クリームを使ったとしても、組立てが違えば味も印象も違ってくるあたり、やっぱり面白いです。

とにもかくにも、そう簡単には譲れない「ウィーン人好み」というものがしっかり存在しているようで。
その味の世界をもっともっと深く覗いていきたいです。
[PR]

by igiea | 2010-10-17 22:35 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/14809284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by プチハナ at 2010-10-21 01:32 x
すごい!12層ですか???!!オペラで悪戦苦闘している私には考えられません。このケーキもとても美味しそうですね。
でも本当にさすがです。層の組み合わせを変えてイメージできるところがやっぱりプロですね。
そしてその組み合わせ、うちのプチコロがとても好きな組み合わせだそうで、「プラリネにその甘酸っぱさかぁ、SUPER!!」と言っていました(笑)
Commented by igiea at 2010-10-21 15:33
あー、ぜひぜひプチコロさんにも召し上がっていただきたい!ヨーロッパの方は絶対好きだと思います!!日本人だと評価が分かれるかも?という気もするので、皆で集まって試食会をやりたいくらいです。


<< 夕暮れ時 客を待つホイリゲ      CAFE KORB >>