ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 26日

ウィーン カフェの魅力 その2 

f0122053_173285.jpg

コーヒーを注文すると、こんな風に銀トレイ&お冷つきでサービスされます。ポイントは、コーヒースプーンがお冷のグラスの上にのってくること!写真は、ザルツブルクのTomaselli ですが、しっかりウィーン風です。
メニューには、コーヒーだけで少なくとも10種類は並んでいます。ただし種類というのは豆の違いではなく淹れ方によるもので、濃さや量、ミルク入りかどうか、そのミルクが泡立てあるか等々、自分好みの淹れ方を細かく指定できる、という感じです。アレンジコーヒーも人気があり、コアントロー入りのマリアテレジアなどが定番ですが、お店オリジナルを出しているところも。ということで、Tomaselliumを試してみました。モーツアルトリキュール&アーモンドリキュール+ホイップクリーム+スライスアーモンド。ナッツの香りが程よく、美味しくいただきました。
f0122053_1761866.jpg
カフェで軽く食事をするとき、よく頼むのがGespritzer(ゲシュプリッツアー)。ワインの炭酸水割りです。初めてこれを勧められたのは、ドイツのワイン産地に友人を訪ねたとき。ワインを水で割るなんて!!と驚きましたが、さっぱり軽めでなかなか美味しい。以来、暑い季節にはよく飲むようになりました。でも、それはあくまで自宅でのこと。カフェやレストランで見かけたことはありませんでした。それがウィーンではしっかりメニューにあるのです。さすが、「首都であり、ワイン産地でもあるのはウィーンだけ」といっているだけのことはあります。ちなみにGespritzer、赤もあります!
[PR]

by igiea | 2010-08-26 17:09 | カフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/14473054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 午睡の前に      ウィーン カフェの魅力 その1 >>