ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 17日

Bad Ischl  皇帝の避暑地にて sanpo

オーストリア、ハプスブルク帝国実質最後の皇帝、フランツ・ヨーゼフが毎夏過ごしたという保養地、バード・イシュル(Bad Ischl)。往時は皇帝にならって貴族らもつめかけ、シュトラウスやブラームスもこの街にちなんだ曲を書いているというだけあって、こじんまりしているけれど瀟洒なVillaが立ち並び、どことなく華やいだ雰囲気です。
f0122053_18363552.jpg

f0122053_18394452.jpg

f0122053_1846418.jpg

お散歩したり、読書をしたり・・・・・。のんびり過ごすのにぴったりです。
f0122053_1914715.jpg
川沿いの遊歩道で、ハプスブルク家御用達の名店「Zauner」が夏の間だけレストラン・カフェを営業してます。
f0122053_19221338.jpg

ここのレアチーズケーキ(Topfenoberstorte)が最高に美味しかった!これぞチーズケーキという、理想の味です。上に飾ってあるビスキュイの薄さといい、洋ナシのコンポートを仕込んであるあたりといい、うなってしまう完成度。さすが皇帝御用達。他のお菓子もレベルが高く、今まで訪れたウィーン菓子店のなかではここがベスト!まあ、この素敵なロケーションが、印象UPに一役買ってはいるのでしょうけれど・・・。




f0122053_21593979.jpg

街を抜けて10分ほど歩き、Ishl川を渡ったところに、皇帝が滞在していた「kaiservilla」があり、ガイドツアーで内部を見学できます。
f0122053_2205464.jpg

向かいには森が広がり、狩猟が趣味だった皇帝には願ってもない環境。毎朝3:30に起床し、山歩きをして体を鍛えていたそうです。
f0122053_2215210.jpg

「シシィ」の愛称で親しまれている皇后エリザベートが同行したのは最初のうちだけだったということですが、彼女にまつわる展示品やエピソードも多く紹介されています。彼女が美容体操に励んだ部屋には大きな合わせ鏡が残されており、ひざ下まであった豊かな髪を洗うのは丸1日がかりで、卵黄とコニャックとローズウォーターを混ぜ合わせた特製シャンプーを使っていたこと等々・・・。スイスを旅行中、暗殺者の刃に倒れたシシィの枕元にあり、訃報とともに皇帝に届けられたというクッションも、このヴィラの礼拝堂に展示されています。
[PR]

by igiea | 2010-08-17 18:56 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/14414993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Salzburg で朝食      ちょっと待った! >>