ウィーン散策 Lustiger Spaziergang in Wien

igiea.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 06日

南チロルの休日 その3

Meranoより、カウベルの音を聞きながら車を走らせることしばし。
南チロルの西の果て・・・の様相、Schnalstalに到着。
f0122053_3434949.jpg



正真正銘の山奥。冬は深い雪に覆われ、4ヵ月間はほとんど太陽を見ることができないという厳しい環境。はるばるここまでやって来たのは、この地方ならではのお料理があると聞いたから。



どこからどう見ても、焼きそばですが。
f0122053_351911.jpg


食感も、ちょっと酸味のあるかた焼きそば、という表現でよろしいかと・・・。噛みしめるうちに酸味が和らいで具の味となじみ、初めてなんだけれど何だか懐かしい味でした。

Schnalstaler Nudeln というこの地方の郷土料理で、ライ麦粉とトプフェン(ヨーグルトに似たフレッシュチーズ)を練って生地を作り、専用の機械を使って製麺したもの。これを茹でずにそのまま、たっぷりの溶かしバター(またはラード)で和え、温野菜を添えるのが伝統的な食べ方。現在はお客様の嗜好に合わせ、バターの代わりに牛肉を煮込んだスープを使ってやや軽めに仕上げてあるけれど、この料理の真髄は、ここで手に入る食材でいかに効率よくカロリーを摂るか、というところにある訳で、かつてこの地方に生きた人々は、それだけの厳しい肉体労働を日々こなしていたのだと思うと、ドロミテの急峻な山峰とその姿が重なって見えました。

もう一品。デザートのSchneemilch(直訳すると「雪のミルク」ですが、「白雪クリーム」という感じ?)
f0122053_4292326.jpg


写真では中身が分かりにくいので簡単に作り方を説明すると・・・。小さくカットした白パン(かたくなったもので構わない)を牛乳に浸して柔らかくし、そこにラムレーズン、砂糖、松の実、シナモン、レモンの皮のすりおろしを加えてしばらくおく。なじんだところで、泡立てた生クリーム(砂糖ナシ)を絞り出して全体を覆って、出来上がり!というもの。
口に含むとスッと溶けるクリームは、なるほど雪みたい。パンが入っているなんて、言われなければすぐには気付かないかも?素朴なんだけれど、美味しいなあって思います。
普段食べるのは黒パンで、白いパンは特別な機会にしか口にできない高級品、そんな時代に考案されたこのお菓子。結婚式には欠かせないものだったそうです。


どちらも ずっとずっと、食べ継がれていきますように・・・・。


Hotel Oberraindlhof

Raindl 49
I- 39020 Schnalstal
Tel. +39-0473-679131
Fax +39-0473-679311
[PR]

by igiea | 2010-08-06 04:57 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://igiea.exblog.jp/tb/14341734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 南チロルの休日 その4      南チロルの休日 その2 >>